スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健環境部 > 環境生活課 >  「優駿・とんがり・沙流 日高三街道沿いの 歴史文化資源 巡覧!」

日高の分類: 教育・文化 > 文化・芸術・スポーツ

最終更新日:2021年4月30日(金)

『 優駿・とんがり・沙流 日高三街道沿いの歴史文化資源 巡覧!』

 

北海道・日高管内は、道内の中ではかなり古い歴史を持つ地域です。

日高管内で何気なく通り過ぎる道路沿いにも、“ 隠された歴史秘話 ” が多数存在しております。



このたび、日高管内の次の3つの国道沿いにある「★歴史文化資源」西から東へ順に掲載しました!

日高町(門別地区)新冠町新ひだか町浦河町 【国道235号線:通称「優駿浪漫街道

浦河町様似町えりも町 【国道336号線等:通称「とんがりロード

日高町(門別地区)平取町日高町(日高地区)【国道237号線等:通称「沙流ユーカラ街道


↑  上記1~3をクリックすると各街道の掲載箇所にジャンプします



 (本ページの 「★歴史文化資源」 は、平成13年(2001年)に、日高支庁環境生活課が、多数の文献から作成した「日高の歴史的文化活用資源リスト」をもとに、一部加筆修正して掲載しています。

 当該リストは、本ページ最下段の「★日高の歴史的文化活用資源リスト等」からリンク可です。)



 また、参考までに、今回掲載した「★歴史文化資源」「◎最寄りのバス停」を付記しています。
  (JR日高線廃止に伴う、令和3年(2021年)4月1日からの◎新バスダイヤ)


 「写真」「◎バス停名「□自動車専用道IC名」「各町名」をクリックすると、各所に係る 「Google マップ」 に外部リンクします!

 なお、青い矢印( ↓ )の隣に記載している時間(〇分)は、路線バスの所要時間です。



 以下、長時間の乗車になりますが、興味のある所だけでもご覧いただき、新たな北海道・日高を発見、より当地に親しみを持っていただければ幸いです。  



 【参考】関係バス会社ホームページへの外部リンク

     
◎道南バス(株)/郊外路線バス   ◎ジェイ・アール北海道バス(株)/様似方面
   ◎日高町営バス    










『1.優駿浪漫街道(日高町(門別地区)~新冠町~新ひだか町~浦河町)』




【 胆振管内から   日 高 町 (門別地区)   1~8番 へ 】 - - - -     



         ↓


◎バス停 : 門別競馬場前  /道南バス  ( 日高町(門別地区)1番 ) 
門別競馬場
★門別競馬場 
 平成9(1997)に開場した日本で最も新しい競馬場

 ホッカイドウ競馬が開催される競馬場であり、地方競馬場の中でも、最大規模の大井競馬場に並ぶ大きさを誇る。
  


        ↓              □ 日高自動車道 : 日高富川インターチェンジ

        ↓ (4分)                    ↓

◎バス停 : 富川大町  /道南バス  ( 日高町(門別地区)2番 )  
JR富川駅
★苫小牧軽便鉄道
 (旧JR富川駅)

 三井物産株式会社が、苫小牧から鵡川間27.5kmに、専用の馬車鉄道を敷設し、木材を輸送したのが始まり。

 明治43(1910)に、三井物産と王子製紙が、合同で蒸気機関車を走らせ、明治44(1911)には、鵡川から門別村佐瑠太(現在の富川)までの12.9kmを延長して、鵡川や沙流川上流から刈りだされる原木を運搬する森林軌道とした

 大正2(1913)から、王子製紙を主体とした苫小牧軽便鉄道株式会社として、従来の木材輸送に加えて、一般運輸営業を開始した。 

 その後、昭和12(1937)に様似まで延び、日高本線が全線開通。

 しかしながら、平成27(2015)1月に高波で線路が被災して列車が運休し、多額の復旧費や赤字運行が見込まれるため、令和3(2021)4月1日に鵡川~様似間が廃止された

★佐留太駅逓所   佐瑠太駅逓所は、門別にあったものを明治10(1877)に移転して設立され、建物は波惠村にあった官舎を移築した

 駅馬は明治11(1878)に新冠牧場から11頭、白老から60頭を導入した。 


        ↓ (1分)

◎バス停 : 富川市街  /道南バス  ( 日高町(門別地区)3番 ) 
佐留太橋(現沙流川橋)
★佐留太橋(現沙流川橋) 
 門別町(現日高町(門別地区))最初の大橋

 苫小牧からの国道が高江(新冠)に延長された際、明治26(1893)に架橋

 後に門別町(現日高町(門別地区))最大の橋である沙流川橋となる。 


~~~   ↓ (2分)  ~~~   沙流(さる)川   


◎バス停 : 門別警察署前  /道南バス  ( 日高町(門別地区)4番 ) 
門別図書館郷土資料館
★門別図書館郷土資料館 
 沙流場所の模型、大正時代の民家など、門別町(現日高町(門別地区))の礎を築いた先人の業績の展示のほか、現在の沙流川流域のパノラマ模型などを設置

 特に、北海道で初めて確認されたメカジキの送り場の遺構を復元した模型があり、メカジキ漁法とアイヌ文化にとっての意義について展示している。

 平成5(1993)に図書館と併設して開設。 

        ↓ (1分)

◎バス停 : 富川元町  /道南バス  ( 日高町(門別地区)5番 ) 
大神神社
★大神神社(富川神社) 
 東蝦夷地の防衛を固めるため、幕府から警備を命ぜられた仙台藩士の三好監物。

 その監物が、白老に置いた元陣屋の守護神として、塩竈神社の祭神を勧請して奉ったものを、監物の次男の三好清篤が門別に移住した際、明治8(1875)に白老から遷した神社。 
日高寺
★日高寺 
八十八カ所霊場
★日高寺八十八カ所霊場
 日高寺は、明治43(1910)に真言宗、琢磨宥文が開基した佐留太説教所が始まりで、大正9(1920)に公称が認可される

 八十八カ所霊場は、大正15(1926)に檀家等が冥加金を集めて、94体の仏像を安置したもの


        ↓ (2分)

◎バス停 : 門別町民センター前  /道南バス     



        ↓              □ 日高自動車道 : 日高門別インターチェンジ

        ↓ (7分)                     ↓        

◎バス停 : 門別本町  /道南バス  ( 日高町(門別地区)6番 ) 
門別稲荷神社
★門別稲荷神社 
 安政4(1857)、長岡藩士が沙流会所を訪れた記録に記載され、享和3(1803)にシノダイにあった義経祠を移したともいわれるが、創建の年代は不明で、寛政初期ではないかとも言われている

 残されている扁額「稲荷神社」が、文久4(1863)に奉納されている。

 慶応4(1867)、沙流場所請負人の山田文衛門が社殿を改築。 
山田碑
★山田文右衛門翁顕彰之碑 
 昆布の投石事業や、門別稲荷神社社殿の造営など、門別町(現日高町(門別地区))の開発に尽力した沙流場所請負人の山田文右衛門をたたえるために、門別町(現日高町(門別地区))の百年記念として、昭和47(1972)に門別稲荷神社内に建立されたもの。 
★沙流会所  天明6(1786)頃、沙流場所の場所請負人であった阿部屋伝吉が、富川に運上屋を開設したが、寛政11(1799)に沙流場所が幕府の直捌きとなった際に、運上屋を会所と改められた。

 直轄当時で比企市郎右衛門が詰合の時に建てられた会所の建物はその焼失し、文化2(1805)に富川から門別本町に新築、移転された

 通行屋を兼ねた旅館が並び、文化5(1808)には下宿所、大工などの作事小屋、鍛冶小屋などが建てられた。
 
★門別駅逓所   門別駅逓所は、明治3(1870)にそれまで経営していた稲田富右衛門から、当時日高地方を治めていた仙台藩に引き継がれ、開拓使直轄となった

 明治5(1872)に豊郷に移されたが、明治7(1874)には門別に戻される。   

 明治8(1875)には飯田信三が、明治9(1876)には疋田長次郎が駅逓取扱を命ぜられたが、明治10(1877)に廃止され、新たに佐瑠太村(富川)に駅を設置した。 



~~~   ↓ (5分)  ~~~   波恵(はえ)


◎バス停 : 豊郷  /道南バス  ( 日高町(門別地区)7番 ) 
                                
★彦根藩移住の地の碑                       
 明治2(1869)に政府の命のより佐瑠太を分領支配することになった彦根藩から、明治4(1871)に斎藤正寿を隊長とする141名が移住した

 その後、支配地返上により帰国あるいは離散した地に、昭和47(1972)に門別町(日高町(門別地区))百年を記念して立てたもの。 非現存?



~~~   ↓ (6分)  ~~~   慶能舞(けのまい)川


◎バス停 : 清畠  /道南バス  


~~~   ↓  ~~~~~    賀張(かばり)川


         ↓             □ 日高自動車道 : 日高厚賀インターチェンジ

         ↓ (6分)                   ↓        

◎バス停 : 厚賀  /道南バス  ( 日高町(門別地区)8番 ) 
JR厚賀駅                 
★日高拓殖鉄道
 (旧JR厚賀駅)
 日高拓殖鉄道株式会社が設立され、佐瑠太(富川)から日高沿岸を東に向かって鉄道を延長。

 大正13(1924)には門別村内横断し、佐瑠太・厚賀間が開通した

 その後、昭和12(1937)に様似まで延び、日高本線が全線開通。

 しかしながら、平成27(2015)1月に高波で線路が被災して列車が運休し、多額の復旧費や赤字運行が見込まれるため、令和3(2021)4月1日に鵡川~様似間が廃止された。  



~~~    ↓  ~~~~~   厚別(あつべつ)川



【 これより   新 冠 町   1~6番 へ 】 - - - -    



        ↓ (6分)


◎バス停 : 大狩部第二  /道南バス  ( 新冠町1番 ) 
                                               
★大狩部遺跡

 
 厚別川左岸標高約35mの舌状台地上に位置し、現在は牧草地となっている

 昭和34~35(1959から1960)に発掘調査、15基の墓壙群が発見される。

 出土した土器は、続縄文時代初頭の土器編年を考える上で重要であり、「大狩部式土器」と呼ばれる。 


        ↓ (9分)

◎バス停 : 節婦  /道南バス  


        ↓ (4分)

◎バス停 : 新冠森林公園前  /道南バス  ( 新冠町2番 ) 
判官館
★判官館(はんがんだて)
★ピボクチャシ跡
 
 文治5(1189)、兄頼朝に追われ北海道に渡った義経が、雪が少なく暖かいこの場所の要害堅固な巨岩に館を作ったといわれる。

 しかし、判官館という地名は、近年、伝えられるようになったとのことであり、古くは地元のアイヌの人々が、ポロヌプリ(大山又は親山)とよんで、酒を捧げるなどして大事にしていたところであり、アイヌの人々の伝承の地に義経を結び付けたものの一つとなっている。 
新冠会所
★新冠会所 
 寛政11(1799)に、北方警備を強化するなどのため新冠場所が幕府の直捌きとなって、請負制が廃止された際、運上屋を会所として、ニイカップ河口から判官館西側へ移設された

 座敷3間、帳場、支配人番屋などがあり、その他に渡船や井戸、旅宿などが建てられた。

 明治2(1869)には本陣に改称され、明治5(1872)には駅逓と呼ばれ宿泊や郵便の業務を行った。
 エドウィン・ダンも巡視の際にたびたび宿泊したといわれる。 
  
新冠川
★新冠川にサケが遡上
しなくなった理由
(民話・伝説等)
 
 昔は、ヤナギの木で作ったイサパキクニを使ってサケを獲っていたが、草刈鎌(魔物を追い払うのに使うといわれる。)が使われるようになって、新冠川にサケがあまり上らなくなったといわれる。 


        ↓ (2分) 

◎バス停 : 高江  /道南バス  ( 新冠町3番 ) 
新冠泥火山
★新冠泥火山 
 泥火山は火山作用と無関係の油田地帯にみられるもので、節婦断層でできた割れ目から、液状化した地下の泥土や地下水、ガスが噴出してできたもの。

 昭和27(1952)の十勝沖地震の際に、泥水やガスの噴出活動が見られ、「日高新山」として注目を浴びた
 昭和43(1968)に道の天然記念物に指定

 現在、この付近に日高自動車道の新冠ICの建設が進められている。  
新冠牧場
★新冠牧馬場・旧牧場跡 
 現在の農林水産省家畜改良センタ-の発祥となるもの。

 明治5(1872)の開設から、ウルキ山を中心に3,888,000坪と広大な牧場であったが、エドウィン・ダンの指導により、静内に新冠牧馬場の中心を置いたので、「旧牧場」の名称で呼ばれた

 ほぼ南端にあたるところに「新冠牧馬場跡」の案内板が立っている。 
馬頭観世音碑
★馬頭観世音碑 
 農村環境改善センタ-横のお堂に安置されており、天保6(1835)に海岸に打ち上げられたものを拾ってきたものといわれる



~~~   ↓ (2分)  ~~~   新冠(にいかっぷ)川


◎バス停 : 新冠診療所前  /道南バス  ( 新冠町4番 ) 
新冠町郷土資料館
★新冠町郷土資料館 
 新冠町開町百年記念事業として昭和56(1981)に建設

 郷土に古くからある遺物・生活用品を始め、産業用品、世界及び日本の馬の民芸品と玩具等が展示され、新冠町の歴史と産業を一目で分かるようにマルチビジョンが整備されている。

 ビデオカメラによる町史映像記録、アイヌ民族調査、古老談の聞取り調査などを行っている。 


        ↓ (3分)

◎バス停 : 新冠  /道南バス  ( 新冠町5番 ) 
レ・コード館
★レ・コード館 
 平成9(1997)に開館した町立施設であり、20世紀の文化遺産の「レコード」を世界的規模で収集しようというのが発想の原点

 全国から寄せられた100万枚のレコードが収蔵されている

 館内のミュージアムでは、歴史的価値のある蓄音機や希少なレコード盤等が展示され、個室のリスニングブースでは、レコードの試聴が可能となっている。
 


        ↓ (1分)

◎バス停 : 氷川神社前  /道南バス  ( 新冠町6番 ) 
氷川神社
★氷川神社 
 須佐之男命を祭神とし、本社は埼玉県大宮市(現さいたま市)の氷川神社であるが、創建の年代は不明

 同じ名を持つものは東京や埼玉などに多いが、北海道ではここが唯一。

 昭和16(1941)に社殿を改築したが、昭和49(1974)に老朽化により解体。
 昭和53(1978)に社殿、社務所を新築した。 


        



【 これより    新 ひ だ か 町   1~15番 へ 】 - - - -    



        ↓ (3分)


◎バス停 : 末広町  /道南バス  ( 新ひだか町1番 ) 
新ひだか町博物館
★新ひだか町博物館 
 平成27(2015)に開館した博物館であり、日高管内随一の商業地に隣接した好立地にあり、図書館を併設する

 館内の構成は、1自然の営み、2歴史年表、3先史、4アイヌ文化、5移住の歴史、6三石昆布、7自然との調和、8自然との共生。

 なお、当地の静内には、明治4(1871)に淡路の士族達が開拓のため移住してきたが、その物語が映画化され、平成17(2005)に吉永小百合主演の「北の零年」が公開された。 


        ↓ (2分)

◎バス停 : 御幸町  /道南バス  ( 新ひだか町2番 ) 
静内神社
★静内神社 
 旧称神武天皇社といい、記録によると天保(1830)の初めには存立していたといわれる

 大正8(1919)に蛭子神社を合併し、昭和5(1930)に静内神社に改称した。

 昭和19(1944)に池内ベニヤ工場付近から現在地に移設。
 
 昭和40(1965)に本殿を木造流れ造りなどに建替えられた。 
うま倶楽部
★町民ギャラリーうま倶楽部  
 平成19(2007)に開設された町民ギャラリーであり、「新ひだか町地域交流センター」の一角にある

 ギャラリーの構成は、競馬とサラブレット、馬頭観音、馬と人の歴史、場産地ひだか、新冠御料牧場、暮らしのなかの馬、神馬、祈りのかたち、馬の工芸品、がんばれ地方競馬、及び町が生んだ名馬等

 当施設周辺は、ホテル宿泊施設や個人商店が集積し、飲み屋街もある。 


        ↓ (2分)

◎バス停 : 静内  /道南バス  ( 新ひだか町3番 )
◎バス停 : 静内  /JRバス   ( 新ひだか町3番 ) 
JR静内駅
★日高拓殖鉄道
 (旧JR静内駅)
 
 日高拓殖鉄道株式会社が設立され、佐瑠太(富川)から日高沿岸を東に向かって鉄道を延長し、大正13(1924)には門別村内横断し、佐瑠太・厚賀間が開通した。

 大正15(1926)には、厚賀から静内までが開通し、続いて浦河までの延長が計画されていた

 その後、昭和12(1937)に様似まで延び、日高本線が全線開通。

 しかしながら、平成27(2015)1月に高波で線路が被災して列車が運休し、多額の復旧費や赤字運行が見込まれるため、令和3(2021)4月1日に鵡川~様似間が廃止された

★静内町の駅逓   静内の駅逓所は、会所元である東静内で佐野専左衛門が取り扱っていた
 明治3(1870)からは静内支配を命じられた稲田邦植が駅逓事務を管掌した。
 明治5には稲田家の静内郡支配が罷免され、本庁の管轄となって改めて漁場持山田栄六の取扱いとなった。

 明治15(1882)に東静内の静内駅逓所が廃止され、下下方(現静内)に下下方駅として新設された

 その後、鉄道開通や自動車の出現によって廃止、廃業となっている。 


~~~   ↓ (3分)  ~~~   静内(しずない)川

◎バス停 : 入船町  /道南バス  ( 新ひだか町4番 )
◎バス停 : 入船町  /JRバス   ( 新ひだか町4番 ) 
133
★静内橋 
 明治32(1899)に苫小牧から静内に至る国道が開設されたが、染退川に橋梁がなく、当時の西浦河支庁長を始めとした運動により、明治39(1906)に当時として最新技術による鉄筋コンクリ-ト製橋桁の木橋が架設された

 それまでは、丸木舟などを使っての船渡しを行っていた

 その後、昭和10(1935)に日高支庁管内初のワ-トントラス式鋼橋として架橋されたが、現在の橋は昭和44(1969)に架け替えられたものである。 
シベチャリのチャシ
★シベチャリのチャシ
シャクシャイン城跡
★シャクシャイン城跡の碑
 丘先式チャシであるが、標高80mの崖に面しており、面崖式とも見れる

 以前は、三重の溝があり、耕作のために外側と中の溝は埋められた。

 陶器、漆器、鍋斧、布などが出土、柱穴などもある。

 「寛文9年蝦夷の乱」と関係するチャシで、町民は「シャクシャインのチャシ」と呼ぶ
 
 シャクシャイン城跡の碑は、昭和34(1959)にシャクシャインの居城の跡に建立された碑
シベチャリ川流域チャシ群
★シベチャリ川流域チャシ郡 
 寛文9(1669)のシャクシャインの戦いに深く関わるチャシとして、門別町(現日高町(門別地区))のアッペツチャシ跡とともに、真歌のシベチャリチャシ跡、入船のホイナシリチャシ跡、目名のメナチャシ跡、農屋のオチリチャシ跡、豊畑のリオピラチャシ跡の5ヶ所が、平成9(1997)に国の史跡に指定された。 
シャクシャインの像
★シャクシャインの像 
 寛文9(1669)に和人と戦ったシベチャリアイヌの長シャクシャインの像で、昭和45(1970)に建立される

 しかしながら、老朽化のために、平成30(2018)に取り壊され、地元のアイヌ民族団体により、令和2(2020)に復刻された。 
アイヌ民族資料館
★アイヌ民族資料館 
 アイヌの人々の生活、風俗、習慣などを歴史的、文化的に正しく理解してもらうことを目的として、昭和57(1882)に開設

 静内地方のアイヌの人々が日常生活に用いた民具や儀式に使われた道具類、100種類以上500点余りを収蔵している。

 「送り」儀式に用いられたと思われるエゾオオカミの頭蓋骨は国内で唯一残された資料となっている。


        ↓ (11分)

◎バス停 : 静内温泉  /道南バス  ( 新ひだか町5番 )
◎バス停 : 静内温泉  /JRバス   ( 新ひだか町5番 ) 
静内温泉
★静内温泉 
 金子忠蔵が発見したのもので、明治36(1903)に温泉旅館を開業するが、冷泉のため経費がかかり建物も老朽化したため昭和32(1957)頃廃業した

 昭和51(1976)、含重曹硫黄泉で各種病気に効果があることが分かり、町民休養ホ-ム(静内温泉)として整備される。

 平成23(2011)に建物の耐震性の問題で取り壊されたが、平成25(2013)に再オープンしている。 



~~~   ↓ (8分)  ~~~   捫別(もんべつ)川


◎バス停 : 東静内市街  /道南バス  ( 新ひだか町6番 )
◎バス停 : 東静内市街  /JRバス   ( 新ひだか町6番 ) 
静内会所跡の碑
★静内会所跡の碑 
 寛政11(1799)に幕府が静内場所を直轄支配した際、運上屋を静内会所と改め、行政機能を持たせた。

 当時の会所は今の元静内にあったが、その後、安政5(1858)に東静内に移され、明治までその姿を留めたといわれている

 その会所の跡地に平成2(1990)に建立された碑。 
139
★金刀比羅神社 
 明治以前から存立し、元静内から会所移転の際、現在地に移転され、昭和63(1988)に改築された

 木製欅渡辺綱羅生門の図、木製桐韓信潜股の図などの宝物がある。 
益習館跡の碑
★益習館(頓成寺)跡の碑 
 兵庫県淡路島から静内に移住した旧稲田家家臣が、この地にあった増上寺末寺の頓成寺を仮校舎として、明治4(1871)に子弟の教育を始めた学問所である

 翌年、目名に移転し、目名教育所と改称され、高静小学校の前身となる。

 当碑は、平成2(1990)に益習館の跡地に建立されたもの。 
漁場跡の碑
★東静内漁場跡の碑 
 往時、この地には場所請負人の漁場があり、一帯には倉庫や番屋が立ち並んでおり、明治4(1871)、静内に移住した旧稲田家臣の人々はこれらの建物を仮の宿としていたが、火災のため衣類、夜具、その他諸道具を分蔵していた倉庫を焼失した

 当碑は、平成3(1991)にその跡地に建立されたもの。


        ↓ (6分)

◎バス停 : 元静内  /道南バス  ( 新ひだか町7番 )
◎バス停 : 元静内  /JRバス   ( 新ひだか町7番 ) 
上陸地記念碑
★開拓者集団上陸地記念碑 
 静内町(現新ひだか町)百年記念事業による史跡標示地の一つとして、明治4(1871)、稲田家主従546名がこの地に上陸したことを記念して、昭和55(1880)に建立された碑。 


        ↓ (5分)
 

◎バス停 : 春立  /道南バス  ( 新ひだか町8番 )
◎バス停 : 春立  /JRバス   ( 新ひだか町8番 )
布辻の伝説
★布辻の伝説
 (民話・伝説等)
 
 静内と三石の境にある布辻川はプシュナイといい他の川より早く凍結して、ものすごい音をたてて氷が裂けるので、プシュ(破裂)するナイ(川)といわれるが、河童がすんでいて、出てくるときプシュという妙な音を出すので、プシュナイになったという説もある。 


~~~   ↓ (16分)  ~~~   布辻(ぶし)川

◎バス停 : 三石築港  /道南バス  ( 新ひだか町9番 )
◎バス停 : 三石築港  /JRバス   ( 新ひだか町9番 ) 
三石神社
★三石神社 
 三石町開拓者小林家の祖、三石場所請負人の楢原屋半次郎(小林屋半次郎)が、文化6?(1806?)に姨布に弁天社を建て、市杵島比売神を祀ったのが始まりといわれる

 文政9(1826)に二代目小林重吉らが再建造営し、天保4(1833)の三石支配人仁木長兵衛とともに社殿を建立。
 明治8(1875)に神社制度の改革により稲荷神社と改称した。
 明治33(1900)、現在地に移転改築。

 昭和36(1961)、現在名に改称。
 昭和56(1981)の集中豪雨よる裏山崩壊や、昭和57(1983)の浦河沖地震による被災のため、昭和60(1985)に再建された。
   
★三石会所


★姨布(うばふ)駅逓所 
 三石場所が寛政11(1799)に幕府の直領となった際、それ以前の運上屋を三石会所としたもの
 文化6(1809)の文献では、運上屋時代からある棟行11間、梁間4軒の建物に、享和3(1803)に座敷を増築した会所と、旅宿、厩舎、板蔵、渡船、漁船などがあったと記録されている。

 三石会所の施設であった旅宿が、明治2(1869)に幕府の請負制が廃止された際、脇本陣と改称され、明治5(1872)に駅逓所とされ、小林重吉が取扱人となっていた

 三石会所が、明治9(1876)に、山手へ移転された際、駅逓所もその中に移されたが、その後、姨布橋の西方に移され、明治14(1881)には池田熊蔵が、明治16(1883)には小林悦太郎が取扱人となっていた。 


        ↓ (1分)

◎バス停 : 三石第三  /道南バス  ( 新ひだか町10番 
◎バス停 : 三石第三  /JRバス   ( 新ひだか町10番  
三石羊羹
★三石羊かん 
 大正元(1912)に八木豊吉が、地元小豆で銘菓三石羊かんの製造を始める。 


        ↓ (1分)

◎バス停 : 三石総合町民センター  /道南バス  ( 新ひだか町11番 )
◎バス停 : 三石総合町民センター  /JRバス   ( 新ひだか町11番 ) 
郷土館図書館
★郷土館図書館 
 三石町(現新ひだか町)開基100年記念事業の一環として、開拓の歴史を永く保存するとともに、資料をとおして郷土の理解を深める場として、昭和50(1975)に図書館と同時に建設された

 現在は、「新ひだか町総合町民センターはまなす」として改築されている。 
★ショップ遺跡   古くから調査された形跡があるが、本格的発掘は、昭和36(1961)、昭和62(1987)に行われ、その結果、縄文前期の遺構として住居跡、落とし穴、柱穴状ピットなど、遺物として土器、石器などが出土した

 標高30m、丘陵端部約5万平方メートルが遺物包含地となっており、このような大規模な遺跡は全道木に非常にまれで、石錘の出土量も非常に多く、さらに出土した土器には網状の撚糸が混入するなど興味深いものとなっている。 


        ↓ (1分)

◎バス停 : 日高三石  /道南バス  ( 新ひだか町12番 )
◎バス停 : 日高三石  /JRバス   ( 新ひだか町12番 ) 
JR日高三石駅
★日高線
 (旧JR日高三石駅)
 
 明治から大正にかかけて、政府では新規鉄道の敷設と既設鉄道の買収による国有鉄道の整備を急いでおり、昭和2(1927)に苫小牧軽便鉄道と日高拓殖鉄道が政府に買収され国有鉄道となった

 昭和4(1929)に苫小牧から富川間、昭和6(1931)に富川から静内間の軌幅拡張工事が竣工し、木材を除くほとんどの生産物の輸送は鉄道によることとなり海上輸送が衰える原因となった。

 昭和8(1933)に様似までの延長が決定し、同年に三石まで延びた。 

 その後、昭和12(1937)に様似まで延び、日高本線が全線開通。

 しかしながら、平成27(2015)1月に高波で線路が被災して列車が運休し、多額の復旧費や赤字運行が見込まれるため、令和3(2021)4月1日に鵡川~様似間が廃止された



~~~   ↓ (1分)  ~~~   三石(みついし)川     


◎バス停 : 東蓬莱町  /道南バス  ( 新ひだか町13番 )
◎バス停 : 東蓬莱町  /JRバス   ( 新ひだか町13番 ) 
蓬莱山
★蓬莱山
 (民話・伝説等) 
 
 三石町(現新ひだか町)を流れる三石川の上流約3kmに位置する奇岩怪石の山で、「三石川を遡った怪物がアイヌの人々に殺されたあとに化石となったものといわれる」など、アイヌ民族に関する数々の伝説が残っている

 アイヌ民族は、三石川をはさんで対置する2つの山を男蓬莱山、女蓬莱山と呼び、男女2つの山を鯨の頭と尾になぞらえて信仰してきたが、その後和人が入り、様々な神を祀るようになった。
  


        ↓ (6分)

◎バス停 : ケリ舞  /道南バス  ( 新ひだか町14番 )
◎バス停 : 蓬栄   /JRバス   ( 新ひだか町14番 ) 
鳧舞神社
★鳧舞(けりまい)神社 
 二代目小林重吉が漁場所の守護神として、天保7(1836)に東蓬莱に建立した稲荷大明神が前身で、明治8(1875)に改称し、昭和3(1928)に現在地へ移転した

 昭和57(1982)に社殿を増築する。 


        ↓ (3分)

◎バス停 : 三石温泉  /道南バス  ( 新ひだか町15番 )
◎バス停 : 三石温泉  /JRバス   ( 新ひだか町15番 ) 
高田碑
★高田屋嘉兵衛翁碑 
 もともとは、昭和2(1927)に三石小学校前に建立されていた。

 高田屋嘉兵衛は北方交易の先駆者で、海運や漁業を成功させた人物で、三石町(現新ひだか町)の開拓にゆかりが深く、かつて活躍した太平洋と誕生の地『淡路島』を望む場所に立てられている 。



~~~   ↓  ~~~~~    鳧舞(けりまい)川        



【 これより   浦 河 町   1~6番 へ 】 - - - -    



        ↓ (8分)


◎バス停 : 荻伏市街  /道南バス  ( 浦河町1番 )
◎バス停 : 荻伏市街  /JRバス   ( 浦河町1番 )  
赤心社記念館
★赤心社記念館 
 赤心社は、自作農の創出を目的とした民間事業家による開拓団で、明治15(1882)に第1次移民団が西舎に入植するが、到着の遅れなどにより開墾が進まず、同年、第2次移民団が荻伏に入植した

 当該館は、赤心社の事務所として現在の荻伏駅前に建設されたもの

 大正7(1918)、旧荻伏村に寄付されて、公会堂として荻伏支所庁舎の位置に移転された。
 大正14(1925)から荻伏村役場として使われていたが、昭和29(1954)、役場庁舎新築に伴い現在地に移設され、荻伏郷土館となる。

 現在、浦河町立博物館荻伏分館として赤心社の資料を収蔵。
  
元浦河教会
★元浦河教会 
 明治17(1884)に私立赤心社学校が設立され、校舎兼教会として荻伏駅前に建設された

 明治27(1894)、元浦河赤川橋南詰に新会堂を改築する。
 大正7(1918)、教会堂を赤川橋より1.2Km海岸より(荻伏町15)へ原型のまま移転し、増築した。

 昭和57(1982)の「浦河沖地震」により会堂が危険建築物となり、昭和58(1983)に解体して、「北海道開拓の村」に移設し、昭和60(1985)に新会堂が竣工された
   
銅像
★鈴木、沢、西の銅像 
 明治34(1901)に浦河支庁長として赴任し、日高の発展につくした西忠義、明治13(1880)赤心社を創立し、初代社長となった鈴木清、明治15(1882)に移民83名を率いて荻伏に移住し、開拓に尽くした澤茂吉
 
 3人の開拓功労者として称えるため、昭和10(1935)に作られた銅像で、故本郷新の若い頃の作品。 
元浦河
★浦河牧場 
 幕府が、様似に牧場を開くこととなり、翌年に実地調査をしたが適地がないので、浦河場所の元浦河40万坪を選定し、様似等澍院で加療した傷病馬と各場所から集めた50余頭で、安政4(1857)に開設した

 明治元(1868)に廃止されるときは、500余頭におよび、有珠、虻田に次ぐ大牧場であった。 



~~~   ↓ (7分)  ~~~   元浦川(もとうらかわ)


◎バス停 : 井寒台  /道南バス・JRバス  ( 浦河町2番 )  
井寒台神社
★井寒台神社 
 東蝦夷地鎮衛のために派遣された南部藩家臣一戸五左衛門ほかが、井寒台に現存する神威岩に信仰を捧げ、享和元(1801)に小祠を建てて稲荷大神を奉祀したのが始まり

 その後、破損が進み、明治3(1870)に住民木村義孝が祠を立て直した。 



~~~   ↓ (5分)  ~~~   向別(むこうべつ)川

   

◎バス停 : 日高振興局前  /道南バス  ( 浦河町3番 )
◎バス停 : 日高振興局前  /JRバス   ( 浦河町3番 )  
日高振興局
★旧浦河支庁庁舎 
 明治30(1897)に、北海道庁が郡区役所制度を廃止して支庁制度を設けて、浦河支庁など19の支庁が全道に置かれた。

 現在の浦河町大通に、大正8(1919)に建てられたものは、木造一部2階建てとなっており、昭和7(1932)には日高支庁と改称された
 
 昭和31(1956)に浦河町に払い下げられ、堺町会館や郷土博物館に利用されていた。
 昭和53(1978)に北海道開拓の村に移設された。 


        ↓ (0分)

◎バス停 : 浦河町役場  /道南バス  ( 浦河町3番 )
◎バス停 : 浦河町役場  /JRバス   ( 浦河町3番 )   
 
JR浦河駅
★日高線
 (旧JR浦河駅) 
 明治から大正にかかけて、政府では新規鉄道の敷設と既設鉄道の買収による国有鉄道の整備を急いでおり、昭和2(1927)に苫小牧軽便鉄道と日高拓殖鉄道が政府に買収され国有鉄道となった

 昭和4(1929)に苫小牧から富川間、昭和6(1931)に富川から静内間の軌幅拡張工事が竣工し、木材を除くほとんどの生産物の輸送は鉄道によることとなり海上輸送が衰える原因となった。

 昭和8(1933)に様似までの延長が決定し、同年に三石まで、昭和10(1935)に浦河まで延びた。 

 その後、昭和12(1937)に様似まで延び、日高本線が全線開通。

 しかしながら、平成27(2015)1月に高波で線路が被災して列車が運休し、多額の復旧費や赤字運行が見込まれるため、令和3(2021)4月1日に鵡川~様似間が廃止された


        ↓ (3分)

◎バス停 : 大通3丁目  /道南バス  ( 浦河町5番 )
◎バス停 : 大通3丁目  /JRバス   ( 浦河町5番 ) 
浦河神社
★浦河神社 
 浦河郡の総鎮守

 寛文9?(1669?)の頃、松前の将、佐藤権左エ門が東蝦夷地鎮撫の守護神として大物主命を祀るため建立した祠と、享和元(1801)当時、浦河、様似、静内の三場所の請負人、渡島の佐野嘉衛門が稲荷大明神を祀るために建立した祠、そして、享和2(1802)に南部藩藩主南部大膳太夫が市杵島姫命を天女宮殿浦河大明神として祀るために建立した祠を、天保13(1842)に浦河漁場支配人近江屋周助が、豊漁、航海安全等を祈願して、石屋根の社殿を建立して合祀し、稲荷社としたのが始まり

 明治8(1875)に郷社稲荷神社と公称し、明治43(1910)に社殿を改築した。
 昭和8(1933)、郷社浦河神社に改称したが、昭和27(1952)の十勝沖大地震等によって被害を受け、社殿を修理し、その後増築などをして現在にいたる。 
  
★浦河(浦川)会所    寛政11(1799)に浦河場所が幕府の直捌きとなった際、運上屋が会所となり、元浦川(現荻伏)の会所がムコチ(浦河)に移され、南部藩300人が浦河に駐屯していた
    
大黒座
★大黒座 
 大正7(1918)に大黒館として開館
 
 大正14(1925)の浜町大火によって焼失したが、直ちに再建し大黒座と改称した。
 
 戦時中一時休館したが、昭和24(1949)より開館、昭和28(1953)に改築し、その後、平成4(1992)に改築して現在にいたる。 
浦河測候所
★浦河測候所 
 大正15(1926)に木造平屋一部二階建ての庁舎を新築して観測を開始する

 昭和29(1954)に鉄筋コンクリ-ト造り2階建ての新庁舎を竣工した。

 なお、現在は無人の観測所となっている。
西忠義碑
★西忠義碑 
 明治34(1901)に浦河支庁長となり、日高の開発に努力した西忠義の業績を称えるため昭和28(1953)に設けられたもの。 


        ↓ (1分) 

◎バス停 : 大通4丁目  /道南バス・JRバス  ( 浦河町6番 )   
正信寺
★正信寺 
 真宗大谷派の寺で浦河で一番開基が古いといわれる

 安政5(1858)、函館に役寺正信坊施設として創立されたのが始まりで、明治11(1878)に第1世住職となる越中国礪波郡の人、清水綱道が、日高国浦河郡への移転を願い、明治12(1879)に堂宇を建てて、本尊阿弥陀如来像を持って浦河村鱗別に移転し、本願寺末寺とした

 明治21(1888)に本堂が落成し、明治26(1893)に清水綱道が鱗別川の貸座敷業跡の建物を利用して庫裏と座敷にあて、本堂を新築移転した。

 昭和27(1952)の十勝沖地震により破損し、昭和34(1959)に移転新築された。
   
浦河簡易裁判所
★浦河簡易裁判所 
 明治15(1882)に浦河治安裁判所として設置されたが、明治18(1885)、幌泉に幌泉治安裁判所として移転され、明治23(1890)の裁判所構成法の施行により幌泉区裁判所と改称される

 明治28(1895)、浦河に移転し、浦河裁判所と改称し、明治30(1897)、現在地に新庁舎を建築し、太平洋戦争終了後に浦河簡易裁判所と改称した。
日高山光照寺
★日高山光照寺 
 曹洞宗。釈迦牟尼如来が本尊

 明治15(1882)に開融禅が地方巡教に際して、当地の信徒と協議し、道宇を建立したのが始まり

 明治18(1885)に竜王堂を建立し、本尊八大竜王を奉る。
 昭和4(1929)に西国三十三番観音石像を境内の樹林内に安置し、本堂を大修理した。
 昭和8(1933)には庫裏を大改造築し、昭和27(1952)には十勝沖地震により破損したため、堂宇を大修理し、また、三十三番観音石像も破損したために本堂側に移して安置した。

 境内は老樹が繁茂し、5月に桜が満開となる。俗称「山寺」といわれる


        ↓ (2分)

◎バス停 : 日赤前(東町)  /道南バス・JRバス 











『2.とんがりロード(浦河町~様似町~えりも町)』



【 浦 河 町 日赤前より   7~8番 へ 】 - - - -   



        ↓

◎バス停 : 日赤前(東町)  /JRバス 


        ↓ (6分)

◎バス停 : 白泉  /JRバス   ( 浦河町7番 ) 
白泉神社
★白泉神社 
 明治2(1869)に地域住民が稲荷大明神を奉祀したのが始まりで、明治32(1899)の社殿を建立し、昭和33(1958)、現在地に移転新築された。 

        ↓ (2分)

◎バス停 : 日高幌別  /JRバス 

        ↓ (0分)

◎バス停 : 浦河郷土博物館  /JRバス   ( 浦河町8番 ) 
浦河町立郷土博物館
★浦河町立郷土博物館
・馬事資料館 
 郷土博物館は、現在の荻伏駅前に建てられた赤心社株式会社出張所事務所を昭和29(1954)に改修し、「浦河町郷土館」として開館したのが始まり

 昭和53(1978)に旧浦河東小学校校舎を改築移転し、現在に至る
 町内の遺跡から発掘された土器、石器、アイヌ家屋のチセやアイヌ民具、明治時代の開拓資料などが展示されている。
 分館赤心社記念館には、明治15(1882)に入植した赤心社の資料を展示している。 

 馬事資料館は、全国でも珍しい馬の博物館
 32頭のサラブレッドを乗せた優駿の門がシンボル。
 浦河町立郷土博物館に併設し、明治40(1907)創設の旧日高種馬牧場で使用された迎賓馬車など、馬に関する資料や世界各国の馬具等が展示されている。



~~~   ↓  ~~~   日高幌別(ひだかほろべつ)川



【 これより   様 似 町   1~13番 へ 】 - - - -    



        ↓ (4分)

  

◎バス停 : 鵜苫市街  /JRバス   ( 様似町1番 ) 
鵜苫神社
★鵜苫神社 
 江戸時代創基。祭神は保食神で、神明造柾葺の建物

 会所時代に漁場稲荷として奉祀されていた。

 
明治37(1904)に第1次鵜苫尋常小学校跡に新築奉遷し、大正9(1920)に現在地に移転された。


        ↓ (3分)

◎バス停 : 塩釜  /JRバス   ( 様似町2番 ) 
塩釜トンネル
★塩釜製塩所跡

★塩釜山道
 寛政12(1800)に開設の塩釜製塩所の塩は、鮭漁時期の塩蔵用として使われたといわれ、製塩方法は、海水を汲み上げて、丘の上に据えつけた釜で煮詰めるというものであった
 幕府で製塩をはじめたのは蝦夷地では、様似と根室の2箇所であった
 鉄釜の破片が出土し、塩釜遺跡として埋蔵文化財包蔵地として指定。

 明治37(1904)に開設の塩釜山道は、鵜苫地区で生産された水産加工品を、様似の回漕店に運搬するための唯一の輸送道路であったが、オショロコツといわれる峠あたりは、風が強くぬかるみの多い難所であった。
 大正11(1922)に新国道が完成し、同時に塩釜トンネルも開通したことで廃道となった。 

        ↓ (2分)

◎バス停 : 様似西町  /JRバス   ( 様似町3番 ) 
三つの岩
★三つの岩
 (民話・伝説等)
 
 昔、東の方で戦に負けた酋長が妻と子供を逃がしたが、様似まで来たとき、とても逃げられないとあきらめて、子供を抱いて海にはいると岩になってしまった。
 これがソピラプンゲ(今のソビラ岩又は烏帽子岩)である
 
 妻の跡を追って逃げてきた酋長はこれを見て安心し、自分ものその西に並んで岩になったが、追いかけてきた敵酋長がこれを見て悔しがり、矢を放ったところ岩は三つに割れた。
 これがウンペレプンゲ(今の親子岩)である。 
三つの岩
★三井軌道 
 三井物産(株)木材部が様似に駐在所を構え、日高の森林開発に乗り出し、上杵臼の木材を搬出するために設置した約30Kmのトンネル2つを含む森林鉄道で、ドイツから輸入した60馬力のディ-ゼル機関車と90馬力のガソリン機関車を使用した。

 昭和12(1937)には、様似西町海岸まで開通し、そこから船積みして本州方面に海上輸送した
 軌道輸送も船積み作業も昼夜兼行で行われたいたので、当時の西町の賑わいは、様似の隆盛期を意味するものであった


 しかし、昭和16(1941)には、木材生産量の減少に伴いディ-ゼル機関車は国に買い取られ、軌道、ガソリン機関車などは軍に徴発された。
 戦後、撤去されトンネルはふさがれた。

        ↓ (2分)

◎バス停 : 様似本町  /JRバス   ( 様似町4番 ) 
274

等澍院
★蝦夷三官寺 等澍院 
 文化元(1804)に幕府の東蝦夷地における本格的宗教政策として、場所で働く和人の宗教行事の執行や宗門改めを行うとともに、ロシアの千島列島南下に伴うキリスト教の侵入防止などのために建立された蝦夷三官寺(有珠善光寺、厚岸国泰寺、様似等澍院)の筆頭寺で、道内でも由緒ある寺院の一つ

 オコタヌシ(現栄町)に建立され、勇払から幌泉までを管轄とした。

 文化8(1811)に護摩堂も建立されたが、文化14(1817)に熊害などの理由により移転を出願し、文政元(1818)に浜御長屋に移転、文政4(1821)には観音山東麓のソピラウドルサンナイに移転する。

 安政4(1857)に蝦夷三官寺の受持ち場が廃止されてからは衰微の一途をたどるが、明治23(1890)に塚田純田が再興する

 昭和40(1965)には、護摩堂を現在地に移転して復元新築し、同年様似町指定文化財となる。

 薬師如来三尊仏像、弁才天像が現存する。
   
等澍院護摩堂
★等澍院 護摩堂 
 文化8(1811)に天台宗と真言宗だけに伝わる大切な行事、加持祈祷、弘道修行の道場としてオコタヌシ(栄町)に寺院と併設して建立された

 その後、川の氾濫や熊などの被害でシャマニ会所に避難し、仮寺院とした。
 文政4にオコタヌシからウトルサンナイ(本町)に本堂、庫裏とともに引寺移転した。

 現在の建物は昭和40(1965)に、等澍院の新築移転の機会に旧建築様式を用いて復元したもの。同年、様似町指定文化財。
   
住吉神社
★住吉神社 
 住吉神社に伝わる記録では、年代などに大きなずれがあり、立証できないが、宝永の初年頃(1704頃)、住吉神社の護符が海上に漂流しているのを発見し、これを後のエンルム三社(観音堂、稲荷社、船玉社)に合祀し、海上の守護神として尊崇したとある

 文化10(1813)以降、明治2(1868)まで、様似場所請負人であった佐野屋仙右衛門が、シャマニ会所の近くに弁財天(船玉神)を主神とする神殿を新築し、エンルム三社を合祀したのが始まりといわれるが、ここでは住吉神社の名が出てこない。

 明治8(1875)北海道開拓使が、神仏混交の整理を行ったのに伴い、様似郡代矢本蔵五郎からの郷社改正の奉願書によって、新旧3神を合祀する住吉神社として認可され、様似の郷社と公称された

 明治28(1895)に大暴風雨により倒壊し現在地に移転し、現在の社殿は昭和12(1937)に改築落成したものである。
   
智教寺
★竜力山智教寺 
 明治22(1889)に説教場から発足

 宗派は真宗大谷派、本尊は阿弥陀如来、開祖は谷口智幢

 境内には、道南以北ではここだけといわれる、江戸時代の墓石群9基がある。
三十三観音像
★三十三観音像 
 明治28(1895)に蝦夷地三官寺等澍院の中興の祖である13代住職塚田純田が、信者からの寄進を仰ぎ、西国三十三番札所にならい、石像の観音を当時和人から円山と呼ばれていた山(現在の観音山)の上に配置した。 
観音山の木
★観音山の御神木 
 明治28(1895)に等澍院の中興の祖である塚田純田が、三十三観世音の石像を安置した観音山の頂上にあり、御神木として敬愛されている樹齢400年以上といわれるカシワ

 直径116cm、樹高12m。
 
 昭和48(1973)に北海道記念保護樹木に指定される。


        ↓ (3分)

◎バス停 : 会所町  /  JRバス   ( 様似町5番 ) 
エンルム岬
★エンルムチャシ跡
★シャマニ台場跡 
 エンルムチャシ跡は、エンルム岬の高台にあったチャシの跡で、文化庁埋蔵文化財包蔵地に指定されている

 シャマニ台場は、外国船の往来が激しくなった太平洋沿岸の警備のために、文政4(1821)に各所に木材で作った大砲を配置したもの

 弾は今の花火のようなもので、ただ破裂するだけのもので実戦的ではなかったが、遠望する外国船の眼をまどわし、威嚇する謀略としては十分な効果があったようである。
 シャマニ台場には、2基の木砲が設置されていた。
  
様似会所

様似会所跡
★様似会所 
  寛政10(1798)に太平洋沿岸を直領とした幕府は、油駒場所を幌泉と様似場所に分割し、松前藩の運上所であった建物を幕府直轄のシャマニ会所と改め、東蝦夷地調査の拠点としたが、これが様似会所の始まりとされている

 当時幕府が直領した各所に開設した10会所の一つであった。

 文化6(1809)、建物は改築され、秋田杉を用いて133坪となった。
 以来、調査隊をはじめ、役人、豪商たちの宿泊の場として使われた。
 その後、座敷、料理場、帳場などを増築し合計182坪となった。
 最初は石屋根であったと言われるが、後に柾葺板、二重囲いの建物となった。

 明治2(1869)に会所が廃止され、明治8(1875)に様似住人でシャマニ会所支配人代であった矢本蔵五郎に払い下げられ、鮭建網、宿所、駅逓を経営し、その後も子孫が住んで、商業の拠点となり、様似町発展の基盤となっていたが、昭和33の台風により損壊し、解体された
★様似の駅逓   19世紀の初頭、江戸幕府が蝦夷地を直轄した時代に、会所や運上屋が整備され、逓送、人馬継立、宿泊などの駅逓業務を行ってきた。

 開拓使時代以降にも駅逓所が設けられ、取扱人をおき、手当てと官馬を支給し、旅行者や開拓移民の拠点として、また、各地域間の通信業務を担当してきた

 初め駅所といって、様似会所支配人矢本蔵五郎が旅籠屋とともに経営。 
  
エンルムの泉
★エンルムの泉 
 エンルム岬の西側にあり、時代は不明であるが、一説によればアイヌ時代から使われていた湧泉で、海岸近くにありながら、まったく塩分が含まれていない清水であったことから、いつの頃か設備を整えた井泉として使われるようになった

 また、様似会所時代には、これとは別に会所の井戸と称するものが2箇所あった。 
様似郷土館
★様似郷土館 
 昭和40(1965)から様似町内の文化遺産調査を開始し、その結果、予想以上に保存されていることが判明したことから、昭和42(1967)に北海道100年記念事業として開館された

 当時は日高支庁管内に類似施設がなかったため「日高郷土館」と名づけたが、その後他町で建設され、昭和43(1968)に「様似郷土館」と改称された。

 シャマニ場所絵図、シャマニ会所棟上札、矢本家の古文書などが展示されている。 


        ↓ (1分)

◎バス停 : 様似栄町  /JRバス   ( 様似町6番 ) 
栄町
★様似の酒造方跡

★砂馬荷(しゃまに)陶窯跡
 
 酒造方跡は、オコタヌシ(栄町)に新築された当時の等澍院と道を隔てて相対していた
 酒類だけでなく、味噌、しょうゆも醸造しており、酒造方小屋1、こうじ室1、米搗き場1、酒造蔵2、酒板蔵2、雑小屋1、水車小屋1の建物があった。
 昭和8(1933)の様似川堤防修築工事のときに、この跡が発見された。

 陶窯跡は、オコタヌシ(栄町)の様似酒造方の建物と並んであった
 北海道で最も古い陶窯として史家や陶芸家たちの間では興味ある資料として以前から取り上げられていたが、施設の場所がまったく不明であった。
 しかしながら、昭和8(1933)の様似川堤防修築工事のときに、この跡が発見された。
    
様似川河口
★砂馬荷(しゃまに)
仮造船所
 (様似川河口)
 
 幕府は7年を限って東蝦夷地を直領とし、場所ごとに会所を設け直捌制を布いたことから、本州からの蝦夷地に送る物資が急激に増加し、それに伴って輸送機関である官船や買上船が不足したため、各地に建設した造船所のひとつ。

 寛政12(1800)から享和3(1803)までの4年間で、凌風丸、飛竜丸、翔鳳丸、済通丸、鳴鶴丸、萬春丸、豊秦丸、天福丸など11隻の巨大な官船が五葉松などを使って建造された

 1500石積みの御用船で、赤く塗られていたため『赤舟』とも呼ばれていた。帆に日の丸を染め抜き、五色の吹流しをたなびかせ、大海を乗り切っていたといわれる。
 総船頭は高田屋嘉兵衛であった。

 現在は遺跡としても残っていない。
 (様似川河口ではなく、幌満川河口にあったという説もある) 
  
★様似の渡船場   寛政年間から始まった渡船場は、駅逓事業と並び重要な交通機関で、往来する人たちの橋渡しをする大事な役割を担っていた
 様似町では、様似川、二漢別川、幌満川、幌別川の4箇所にあり、渡し舟を官給していた
 特に幌満川の渡船場は様似山道を結ぶ重要な役割を担っていた。

 明治後期から海岸道路が整備され、架橋工事により、様似川は明治36(1903)に、幌満川は大正11(1922)に、二漢別川は大正13(1923)に廃止された。 



~~~   ↓ (2分)  ~~~   様似(さまに)川


◎バス停 : 様似  /JRバス   ( 様似町7番 ) 
日高線
★日高線
 (旧JR様似駅)
 
 明治から大正にかかけて、政府では新規鉄道の敷設と既設鉄道の買収による国有鉄道の整備を急いでおり、昭和2(1927)に苫小牧軽便鉄道と日高拓殖鉄道が政府に買収され国有鉄道となった

 昭和4(1929)に苫小牧から富川間、昭和6(1931)に富川から静内間の軌幅拡張工事が竣工し、木材を除くほとんどの生産物の輸送は鉄道によることとなり海上輸送が衰える原因となった。

 昭和8(1933)に浦河から様似までの延長が決定し、同年に三石まで、昭和10(1935)に浦河まで、昭和12(1937)に様似まで延び、現在の日高本線、全長146kmが全線開通する。 

 しかしながら、平成27(2015)1月に高波で線路が被災して列車が運休し、多額の復旧費や赤字運行が見込まれるため、令和3(2021)4月1日に鵡川~様似間が廃止された


        ↓ (4分)

◎バス停 : 日本電工前  /JRバス   ( 様似町8番 ) 
幌満第二発電所
★日本電工(株)日高工場
 (幌満第二発電所)
 昭和9(1934)に幌満川水力電気(株)として発足し、第1発電所の建設から始まり、以来、第2、第3発電所が建設され、社名も東邦電化(株)から、日本電気冶金(株)と合併して日本電工(株)日高工場と改称

 平成13(2001)現在の設備は、エル-式開放型電気炉1基、珪酸マンガン苦土石灰肥料製造設備1式で、フエロアロイ(シリコンマンガン)、珪酸マンガン苦土石灰肥料を生産している。
 第2発電所、第3発電所は年間5,500万Kwhを出力している。 

        ↓ (2分)

◎バス停 : 平宇  /JRバス   ( 様似町9番 ) 
平宇山道
★平宇山道 
 この山道は、日本電工(株)前からはじまり、現国道の山斜面や台地を越えて冬島市街に至る道路で古い時代には、海岸に突き出た岬を避けて往来した人たちによって踏み固められただけの自然道で、様似山道につながる道路として利用されていた

 明治36(1903)の道路工事で、この自然道が拡幅修復されて以来、荷馬車も往来できるようになり、近郷との物資交流の役割を担った。 

        ↓ (5分)

◎バス停 : アポイ山荘  /JRバス   ( 様似町10番  
アポイ岳
★アポイ岳の名の由来
 (民話・伝説等)
 昔、鹿はアイヌの人達の食生活上重要なものであったが、なぜか様似一帯にはその影され見られなかった。
 アイヌの人達はカムイにお願いして授けてもらおうと協議し、その祭場を冬島の奥にある山の頂上に選んだ。

 そこで頂上に祭壇を設けて、刀を飾り供物を上げ燃え草を積み重ね、これに火を付けて一団の火の玉を作った。
 この火にてらされた祭場に、アイヌの人達が並び鹿のお授けを祈った


 その甲斐があってだんだん鹿が繁殖して、今日の様似の名物となった
 そこでこの山をアペイオイヌプリ(火が多くある山)と呼んだ
   
アポイセンター
★アポイ岳ジオパーク
 ビジターセンター 
 平成25(2013)に開館した町立施設

 様似町では、地球表面にある地殻の下のマントルが地表に表れている特異な地質のため、標高810mという低標高のアポイ岳は、高山植物の宝庫となっており、その高山植物群落は昭和27(1952)に国の特別天然記念物に指定される。

 また、様似町は、平成27(2015)にユネスコ世界ジオパークに認定される
松本製材工場
★松本製材工場
 (アポイ山麓公園)
 
 明治44(1911)に、広島県生まれの松本比作が、様似村大字平鵜のポロサヌシュペ(アポイ山麓公園)で蒸気機関の製材工場をはじめた
 ここで、箱材を多量に作って函館に送り利益をあげた

 また箱材から出る半端雑材を燃料として自家用の火力発電機を据えつけた。これは16燭光の電灯を20個点灯するだけの能力があリ、日高では最初の電灯となる。非現存。

 比作は地域の教育にも力を注ぎ、冬嶋小学校や僻地であるこの地に大きな投資をしたという。
 当時、松本御殿とうたわれた邸宅の基礎跡が現存している。 

        ↓ (4分)

◎バス停 : 冬島  /JRバス   ( 様似町11番 ) 
冬島の穴岩
★冬島の穴岩
 (民話・伝説等)
 
 昔、エゾモシリ(蝦夷地)にウエンカムイ(悪神)がいて、アイヌの人達をいつもいじめていた。

 これを聞いたオタルナイ(小樽)付近の山にいたラッコカムイ(美神)が、たいそう怒って攻めてきた。

 敗走したウエンカムイが冬島の大岩の手前にきてうろうろしているのを、追跡してきたラッコカムイは、オンコの樹の弓によもぎの征矢を番えて射ると、うまくはずされて、大岩にあったので大穴が開いてしまった。 

        ↓ (4分)

◎バス停 : 山中  /JRバス  ( 様似町12番 ) 
様似山道
★様似山道 
 安永年間の頃から、東蝦夷地の近海を往来するようになった外国船に脅威した幕府は、北方警備と陸上交通の利便を図るために、大河内善兵衛を指揮者とする調査隊を派遣した。

 調査隊の拠点を様似に置いて、直接調査にあたった近藤重蔵、最上徳内などの進言によって、冬島~幌満間6,995mの行程を、中村小市郎が工事担当者となり、寛政11(1799)に官営道路として開削された

 当時の山道は粗末なもので遠回りであり、高低曲折もはなはだしく、そのため、波の穏やかな日は旧道の海岸を通り、山道はしだいに時化のときだけ利用された。
 山道開通後の享和2(1802)に南部藩(浦河駐留)が補修を行い、これまでより往来が容易になったが、利用は少なく荒天のみ重宝がられていたという。
 その後、シャマニ会所が手入れを行ってきたが、明治2(1869)、会所廃止後は修復することもなく放置されていた。

 平成30((2018)に国の史跡に指定される。  
   
★原田宿跡   明治7(1874)に兵庫県洲本市の旧藩士原田安太郎幸孝が様似山道の途中に経営していた旅籠屋の跡

 土台石、石垣を組んだ跡、当時使用していた徳利や炉の跡、耕作していた畑の跡が発見されている。 
  
明治時代のトンネル
★明治時代のトンネル
 明治24(1891)に様似山道下の通称日高耶馬渓と呼ばれている冬島幌満間の第1期工事で11箇所のトンネルが掘られた
 このトンネルを請け負い担当したのが、当時浦河に在住していた福井県の人田中五郎右衛門である。

 現在は、道路開発によって幌満と冬島の2箇所だけに残存しているが、冬島では、明治、大正、昭和と3時代のトンネルが3つ並んでいるのが見られる。 



~~~   ↓ (3分)  ~~~   幌満(ほろまん)川


◎バス停 : 幌満  /JRバス   ( 様似町13番 ) 
幌満
★日高製材合資会社

★幌満川の橋
 
 明治35(1902)に日高の豊かな森林に着目した長崎県の人高雄道徳が、幌満川河口の左岸に一大製材所を創設したもので、30馬力の蒸気機関を導入して製材を行った
 工場が盛んになるにつれて幌満地区は急激に人口も増え、発展した
 また、この工場の原木は、幌満川上流オナルシベ(大泉)で伐採され流送したために、作業員の中にはこの地に常駐するものも多くなったことから、その子弟たちのために事務所の一部を特別教授場として開設し、これが大泉小学校の始まりとなった。

 幌満川にはじめて架橋されたのが大正11(1922)で、木造の橋であった
 以来、昭和2に架橋された天然石とコンクリ-トを巧みに利用した近代的永久橋。昭和42(1967)に国道ル-トの一部変更に伴って新架橋。
 さらに平成10(1998)、防災工事として行われた新トンネルとル-トの変更にあわせて幌満大橋が架設された。
 新旧の橋とトンネルを見比べることができる。 
  
和助地蔵尊
★和助地蔵尊 
 寛政11(1799)様似山道開削工事たけなわの頃、開削を手伝ったり、旅人の利便を図ったりするなどして、人々から信頼を得ていた斉藤和助が文久2(1862)、91歳で亡くなった。

 その後、部落民は、様似場所請負人近江屋藤五郎、幌泉場所請負人福島屋善四郎と相談し、白御影石に地蔵を刻んで、これを「和助地蔵」として建立し、永久にその遺徳を偲び、霊を慰めることとした

 最初は、渡し場のあった道筋に建てられたが、明治24(1891)に海岸道路ができて現在の場所に移された。
 昭和8(1933)に堂宇を改築し、今の幌満の守護として毎年慰霊祭が行われている。昭和44(1969)に様似町指定文化財となる。 

        



【 これより   え り も 町   1~16番 へ 】 - - - -     



        ↓ (5分)


◎バス停 : 近浦  /JRバス   ( えりも町1番 ) 
近浦稲荷神社
★近浦稲荷神社 
 天保13(1842)に幌泉場所支配人杉浦嘉七が創立したといわれる。        

        ↓ (3分)

◎バス停 : 笛舞  /JRバス  


        ↓ (8分)

◎バス停 : えりも  /JRバス   ( えりも町2番 ) 
幌泉灯台
★幌泉灯台 
 明治24(1891)に現在の本町にあった灯台山の上に建てられた白四角形のコンクリ-ト造りの灯台で、町の開発が進むにつれて灯台山が切り崩されたことにより、昭和53(1978)に撤去され、現在の灯台公園に移設された。 

 令和元(2019)に国の有形文化財に登録される。   
住吉神社
★住吉神社 
 嶋屋佐兵衛が幌泉所場請負人に命ぜられたとき、漁場の安全を祈るため、文化11(1814)に住吉山に社殿を建立したのが始まり

 明治31(1898)に現在地に本殿拝殿を移転したが、大正9(1920)に本殿内部が荒らされため、大正10(1921)に整備し、大正15(1926)に、松大鳥居が奉納され本殿を増築、昭和12(1937)に社殿を改築した。 
善生寺
★善生寺 
 明治19(1886)に通称沢町に説教所を設けたのが始まり
 
 明治22(1889)に公称した。

 昭和10(1935)に現在の本堂を建立し、昭和44(1969)に、庫裏、鳳竜殿を新築した。 
法光寺
★法光寺 
 曹洞宗小樽正法末寺

 明治13(1880)に長浜恵流が設けた説教所が始まりで、明治15(1882)に寺院を建立し、明治17(1884)に公称した

 明治21(1888)には、海上安全祈念のために信者の寄付により、竜神(威如王)を本尊とする金毘羅堂を建立し、また、えりも岬の興国山迦葉院を法光寺末寺とした
 明治23(1890)に龍天護法善神を本尊とする竜王堂を信者の寄付により建立。
 明治31(1898)に寺院を改築したが、昭和14(1939)に火災により全焼し、昭和16(1941)に復興、昭和41(1966)に位牌堂を建立した。 


        ↓ (2分)

◎バス停 : 新栄  /JRバス   ( えりも町3番 ) 
能入寺
★能入寺 
 真宗大谷派本願寺末寺
 
 安政5(1858)に徳善が函館浄玄寺境内に役寺能入坊を設置し、明治11(1878)に本山教用止宿所と称して移転し、明治12(1879)に能入寺と公称した

 大正5(1910)に、台風のため再建し、昭和41(1966)に老朽のため改築した。 

        ↓ (1分)

◎バス停 : えりも郷土資料館  /JRバス   ( えりも町4番 ) 
郷土資料館ほろいずみ
★郷土資料館ほろいずみ・
 水産の館
 
 郷土資料館ほろいずみは、えりも町の自然、文化、歴史を紹介するとともに、調査研究し、郷土学習をとおして楽しく遊ぶため、平成4(1992)に開館した施設
 えりも町水産の館に併設され、北海道の生い立ち、えりも町の自然と歴史、アイヌ風俗画「蝦夷一覧」、郷土芸能(駒おどり、岬神楽)などの資料を展示。
 「幌泉(ほろいずみ)」は改称前の町名。

 水産の館は昭和55(1980)に開館し、昆布産出量日本一であるえりも町の漁業について、昆布を中心に展示をしている
 北海道と世界の昆布類の標本、昆布の生態、昆布漁業、流通などを紹介。  

  
        ↓ (2分)

◎バス停 : 歌別  /JRバス   ( えりも町5番 ) 

★幌泉会所
                                                   
 寛政11(1799)に東蝦夷地が幕府の直轄なリ、油駒場所が幌泉場所と様似場所に二分された際、以前からあった運上屋の名称を改めて会所とした

 文化6(1809)の文献では、会所の建物の他、旅宿、板蔵、昆布取り小屋、厩舎、番船などがあったと記録されている。 

        ↓ (0分)

◎バス停 : 下歌別  /JRバス   ( えりも町6番 )
歌別稲荷神社
★歌別稲荷神社 
 安政6(1859)に幌泉場所杉浦嘉七が創立したといわれる。 

 昭和20(1945)に社殿を改築した。 保食神を祭る。 
                                                                                                                                                

        ↓ (6分)

◎バス停 : 西歌露  /JRバス   ( えりも町7番 ) 
歌露稲荷神社
★歌露稲荷神社 
 弘化3(1846)に幌泉場所杉浦嘉七が創立したといわれる。保食神を祭る。 

        ↓ (4分)

◎バス停 : 自衛隊前  /JRバス   ( えりも町8番 ) 
東洋ABCD遺跡
★東洋A、B、C、D遺跡 
 米軍基地建設工事の際、多数の遺物が発見される
 その後、航空自衛隊基地となり、内部の遺跡はほとんど壊滅。
 外部の遺跡は草地改良事業工事で大半が破壊される。

 A地点は、上ノ沢水源付近にあり、竪穴住居跡群で、円筒上層式土器、野幌式土器、石錐、石小刀などが発見されている。

 B地点は、下ノ沢に注ぐ支流の水源付近。竪穴が群在し、円筒上層式土器、石器類などが出土。 

        ↓ (1分)

◎バス停 : 油駒  /JRバス   ( えりも町9番 ) 
油駒稲荷神社
★油駒稲荷神社 
 弘化3(1846)に幌泉場所支配人杉浦嘉七が創立したといわれる。保食神を祭る 

        ↓ (4分)

◎バス停 : えりも岬  /JRバス   ( えりも町10番 ) 
襟裳岬灯台
★襟裳岬灯台 
 襟裳岬は沖合いまで無数の暗礁が散在し、春夏には濃霧に閉ざされ、魔の海と恐れられており、明治15(1882)の英国船メリ-タサム号の難破により英国政府の要請などもあり、明治22(1889)に設置された

 白円形のコンクリ-ト造りで、使用されるレンズはドイツ製の優秀なもので、当時の価格で一万数千円であったといわれる。
 当時本道唯一の一等灯台であった

 明治27(1894)には霧笛信号設備を設置していが、第2次大戦によって、灯台に近接する燃料庫が爆発して、灯台は見る影もなく、優秀なレンズも破壊されたといわれる。 
  
風の館
★風の館 
 日高管内随一の観光地の襟裳岬にあるメイン施設であり、周囲の景観への配慮等から、岬の断崖の地下に建設されている

 ガラス張りの屋内展望室からは、日高山脈から連なる岩礁が岬の沖約2kmまで続く絶景を眺めることができる。 
襟裳岬
★襟裳大菩薩の由来
 (民話・伝説等)
 エリモはアイヌ語でネズミと訳すので一名ねずみ岬というが、昔、襟裳岬一帯に白鼠が住んでいたためといわれる。

 天明(1781~)年間、舟路が開けたくさんの内地人が渡航し、漁業に従事するようになった頃、岬に住んでいたエリモミ-ランドというアイヌの人が、暗礁地帯を老いた白ネズミにまたがり飛魚のように渉破する十一面大菩薩の姿をみて一意尊崇したところ、その後不思議なことがあった

 ある日、家の近くの暗礁の上に漂着した尊象を御堂を設けて奉祀し、以来その岩を神威岩といって聖所とした。
 子孫のエリモシロ-が15歳の時、ある商船が沖合いで濃霧と時化にあい、万策尽きて襟裳様に祈願したところ、十一面菩薩が現れ、程なく海が穏やかになり難破を逃れたといわれる。
  
豊国丸の碑
★豊国丸殉難者追悼碑 
 昭和4(1929)、乗員209人を乗せた豊国丸が函館を出港し、襟裳岬沖で座礁沈没し、78名が死亡行方不明となった
 
 昭和11(1836)にその追悼を目的に設置されたが、平成3(1991)の暴風雪で倒壊し、えりも町が修復。

        ↓ (1分)

◎バス停 : 岬市街  /JRバス   ( えりも町11番 ) 
襟裳神社
★襟裳神社 
 文化11(1814)に島屋佐兵衛が漁場請負人になるとき、岬の岩の上に建立し、保食神を祭ったのが始まり

 明治8(1875)には、立地条件が悪く祭祀に不便であるため別の場所に移転したが、村内に火災、悪疫が流行したので、神慮によるものと明治25,26(1892,1893)ごろに現在地に移転された。 
かしょういん
★法光寺末寺 興国山迦葉院
 (かしょういん)
 
 曹洞宗でも日高最古のものと伝えられ、文久元(1861)に曹洞宗説教所を設け道仙和尚が布教を始めたのが始まり

 道仙和尚の死後、何人かの僧が従事したが、なにぶん不便なため3年か5年で去り、明治元(1868)に岩手県江刺郡田原村石原の人藤原一天和尚が説教所に住んだといわれ、明治21(1888)に一寺を建立し寺号を迦葉院と定め、明治22(1889)に北海道庁に申請し許可を得たもの。

 明治30(1897)に境内地の寄進を得て、明治35(1902)に本堂を改築し、大正11(1922)には法光寺裏山の寄進を受け、竜王堂を改築した。
 襟裳十一面観音堂を建立し、襟裳さんとして信仰を集め、現在の襟裳神社の御神体となっている。
 昭和10(1935)に本堂を新築し、昭和11(1936)には庫裏、納屋などを新築した。 

        ↓ (6分)

◎バス停 : 百人浜  /JRバス   ( えりも町12番 ) 
一石一字塔
★一石一字塔 
 百人浜という名の起こりは、「昔、北海道警備に当たった南部藩の御用船が東蝦夷地に向かう途中、大時化に遭い、遭難し、乗組員100人余りがようやく九死に一生を得てこの浜にたどりついたが、それもむなしく飢えと寒さに苦しみ、ついに屍体となって砂中に埋まった。」とのいわれにより、その弔いとして様似等澍院の初代住職秀暁が妙法華経無量品第16巻の全文字を1石に1字ずつを書いたものを村人たちが埋め、その上に塔を建てたのが「一石一字塔」といわれる

 しかし、いくつかの伝承記録にから見た場合、百人浜の由来は、寛文9(1669)シャクシャインの戦いのアイヌ惨殺説やその際に金堀100人余りを処刑したことによるものなど諸説あり、幕末期に船乗りの遭難やアイヌ民族の合戦などの説に変質したとも考えられる。

 「一石一字塔」は、厳しい立地条件のため倒壊を繰り返し、大正12(1923)に地元青年団により同じ百人浜の中で移設され現在にいたるが、埋納遺構や礫石経等の遺物は確認されていない。 

        ↓ (10分)

◎バス停 : 庶野  /JRバス   ( えりも町13番 ) 
庶野稲荷神社
★庶野稲荷神社 
 明治7(1874)創基。保食神を祀る。                                                                                                         

        ↓ (2分)

◎バス停 : 美島  /JRバス   ( えりも町14番 ) 
とせっぷ大明神
★當世武(とせっぷ)大明神 
 幌泉場所請負人杉浦嘉七が願主。

 トセップの東側が小さな湾になっており、強風が吹いた際、風待ちをできる場所であることから、江戸時代に帆船の関係者が航海の安全を祈願して、慶應2(1866)に建立したのではないかといわれる

 この石碑には、観音開きの石戸がついていたが壊れたので、現在は周りに敷かれている。 

        ↓ (4分)

◎バス停 : 咲梅  /JRバス   ( えりも町15番 ) 
猿留山道
★猿留(さるる)山道 
 ロシアやイギリス等の外国船が北海道近海を往来するようになり、北方警備と陸上交通の利便を図るため、寛政11(1799)に幕府が開発に着手した

 大河内善兵衛が幕命を受け、最上徳内らが工事を担当して猿留(現目黒)~幌泉(現えりも本町)間を開削した行程28kmの道路(旧道、通称重蔵山道)で、明治中期に庶野を通る新道(通称猿留山道)が開削される
 徳内は丁寧な工事に努めたが、それに対して幕府が財政難などを理由に反発して徳内を解雇し、急造した。
 その結果、ルベシベツ、様似山道とともに粗悪で難儀なものとなり、悪天候以外はほとんど利用されなかったと言われる。

 現在、約8kmが当時の様子を残していることが確認されている。
 平成30((2018)に国の史跡に指定された。  



~~~   ↓ (5分)  ~~~   猿留(さるる)川


◎バス停 : 日勝目黒  /JRバス   ( えりも町16番 ) 
目黒稲荷神社
★目黒稲荷神社 
 天保13(1842)に幌泉場所支配人杉浦嘉七が創立したといわれる
 保食神を祭る。 




         
      






★豊似湖の神秘
 (民話・伝説等)
 
 この湖は何千年も前からあるといわれ寛政10(1798)に近藤重蔵が千島から帰る途中、幌泉から広尾の間に道を開こうとし探検した際、暴風のため部下一人が断崖から馬もろとも転落してこの湖付近で惨死し、今でも馬蹄の跡を残している石があるといわれる

 また、湖辺にある塔はその冥福を祈るためのもので、慶応元(1865)には、福島屋の支配人紋蔵が美津山大神を合祀したといわれる。

 その霊験によりここに参詣する人が次第に多くなり、湖水を飲み体を清めその水を持ち帰って飲み干すと長寿を保ち精神を潤してくれるという。
 さらに、ここに参詣した帰りは必ず雨か曇りになるので、合羽を要しなければならないといわれる。

 また、海の干満に合わせて湖水も増減するといわれている。 
  
ルベシベツ山道
★ルベシベツ山道 
 幕命で択捉島等を調査した近藤重蔵が悪天候で広尾に何日も足止めにあったので、通行に利便を図るため、寛政10(1798)に自費で広尾町ルベシベツからえりも町ピタタヌンケまで約3里(11km)を開いた山道(通称重蔵山道)で、北海道最初の道路開設とされる

 近藤重蔵は、この時、アイヌの人々を苛酷に使役したため、恨みをかって危うく殺されかけたと言われる。
 また、実際の作業の大半は従者の木村謙次が行ったと言われる。 

        



【 これより   十 勝 管 内   へ 】 - - - -    



        

□ 帯広広尾自動車道 : 忠類大樹インターチェンジ










『3.沙流ユーカラ街道(日高町(門別地区)~平取町~日高町(日高地区))』



【 日 高 町 (門別地区) 富川より   9~10番 へ 】 - - - -   



        ↓


◎バス停 : 富川  /道南バス  ( 日高町(門別地区)9番 )  
JR富川駅
★沙流軌道
 (旧JR富川駅)
 大正10(1921)に王子製紙株式会社が、原料木材輸送のために軌道を敷設して運行したもの
 
 日高線富川駅から分かれ、紫雲古津、去場、荷菜を経て平取に達する延長13kmの軌道で、その後、一般営業線となり、旅客、貨物を取り扱うようになった

 昭和20(1945)に貨物自動車の増加などにより廃止された。 


        ↓              □ 日高自動車道 : 日高富川インターチェンジ

        ↓ (6分)                     ↓
         

◎バス停 : 平賀  /道南バス  ( 日高町(門別地区)10番 ) 
平賀
★日高水稲発祥の地の碑 
 明治7(1874)に互野留作が日高ではじめて水田を開き稲作を試みた地に、門別町(現日高町(門別地区))百年を記念して、昭和47(1971)に立てたもの。非現存? 


        



【 これより   平 取 町   1~6番 へ 】 - - - -   




        ↓ (4分)


◎バス停 : 紫雲古津  /道南バス 

        ↓ (4分)

◎バス停 : 去場  /道南バス       

        ↓ (4分)

◎バス停 : 荷菜  /道南バス        

        ↓ (4分)

◎バス停 : 平取  /道南バス  ( 平取町1番 )                  
★平取町の駅逓所   明治37(1904)に平取駅逓所が置かれ、官馬7頭が配置されその業務にあたった

 さらに、沙流川奥地への開発とともに明治41(1908)には長知内駅逓所が、明治42(1909)には岩知志駅逓所が逐次設けられ、官馬が配置され交通に供された。
   

★平取町の渡船場
                                                     
 当時、平取~富川間は橋梁などは一本もなく、旅行者のために明治30(1897)に平取渡船場が、明治34(1901)には荷負渡船場、長知内渡船場が設置され、人馬だけは平取~池売付近までいけるようになった

 また、川向に渡るため、明治35(1902)に荷菜渡船場が、明治36(1903)に紫雲古津渡船場などが設けられた。

        ↓ (1分)

◎バス停 : 平取神社前  /道南バス  ( 平取町2番 ) 
義経神社
★義経神社 
 寛政3(1791)に沙流場所請負人山田文右衛門が建立したというものと、寛政11(1799)あるいは享和2(1802)に幕吏近藤重蔵がアイヌに義経信仰があることを知って、ハヨピラに一廟を建てさせたものが始まりともいわれる

 文右衛門あるいは重蔵の社を建立した最初の地は新冠の判官館城跡で、後に今の平取に移したものとも伝えられているが定かでない

 明治34(1901)の大水害により、ハヨピラに建立したものを、現在の高台「ホウスマウンナ」に社殿を増築して遷座し、現在の社殿は大正8(1919)に造営したものである。
 祭神、源義経
   
義経資料館
★義経資料館 
 平成3(1991)に開館し、北海道に数多くの伝説を残し、ハンカン(判官)カムイ(神様)ととして親しまれた源義経にまつわる資料を展示している

 文治5の平泉の変で自決したことになっている源義経が、蝦夷地に渡り日高ピラウトゥリ(平取)に来たあと、家臣らとともに大陸へ渡ったことなどが記載されている資料が残されている。 
ハヨピラ
★ハヨピラ 
 アイヌのあらゆる生活文化を教えたといわれる神様オキクルミカムイが降臨した、又は、住んでいたところと伝えられるところで、平取市街の外れの沙流川を見下ろす丘にあったといわれる説と、二風谷上流の荷負市街地からさらに1000mほど遡ったシケレペというコタンの真向いにあったとも言われる説がある。


        ↓ (2分)

◎バス停 : 小平  /道南バス 

        ↓ (5分)

◎バス停 : 二風谷小学校前  /道南バス  ( 平取町3番 ) 
マンロー博士記念館
★マンロ-博士記念館
 (旧マンロ-邸)
 
 アイヌの生活風俗の研究のため、昭和7(1932)に二風谷に移住し、研究の傍ら医者として奉仕活動に生涯を捧げた英国人考古学者・人類学者のニ-ル・ゴ-ドン・マンロ-博士が、昭和17(1942)になくなった後、住宅兼病院であった建物が記念館として保存され、現在は北海道大学に寄贈され、北方文化の研究に活用されている。

 国の登録有形文化財。 
ユオイチャシ跡
★ユオイチャシ跡 
 沙流川とユオイ沢に挟まれた台地に作られた丘先式チャシ跡
 
 主体部は造田工事によって破壊されていたが、二重の弧状壕とチャシ内の周縁部に柵列跡が発見された。 

        ↓ (1分)

◎バス停 : 資料館前  /道南バス  ( 平取町4番 ) 
二風谷アイヌ文化博物館
★二風谷アイヌ文化博物館 
 昭和47(1972)に設立された二風谷アイヌ文化資料館を発展的に移築、公立博物館として平成4(1992)に開館

 平取ダム湖畔に位置し、野外展示のチセ(家)をはじめ、衣装や漁具、民具や祭事品などの展示資料のほか、口承文化として伝えられるユ-カラをビデオステ-ジで実際に聞くことができる

 また、平取の歴史や自然に関する研究・調査を行い、その結果を展示や出版物を通して広く普及している。 
  
沙流川歴史館
★沙流川歴史館 
 平成10(1998)に開館

 二風谷アイヌ文化博物館に隣接し、沙流川流域の自然と歴史に関する学習機会の場を提供するため、沙流川流域の自然等の資料、発掘調査によって遺跡から出土した品々を可能なかぎり復元して展示

 実物大の木彫り動物等を使ったジオラマなどもある。 
歴史の散歩道
★歴史の散歩道の記念碑 
 平取町が明治32(1899)に門別戸長役場から平取外八ヶ村戸長役場として独立した後100年を記念して、教育、文化、福祉などの分野で活躍した偉人9人を讃えるために、平成11(1999)に二風谷湖の管理用道路沿いに記念碑を建てたもの。 

 なお、偉人9人とは、松浦武四郎、ジョン・バチラー、エディース・メアリー・ブライアント、近藤重蔵、違星北斗、ニール・ゴードン・マンロー、金田一京助、金成マツ、及びイザベラ・エル・バードである。
二風谷アイヌ資料館
★二風谷アイヌ資料館 
 昭和46(1971)に開館し、萱野茂氏が館長として40年にわたって収集したアイヌ民具をはじめ、世界の先住民族の民具や絵画など計千点以上を展示している

 暮らしに息づく思想や信仰をも知ることができる。

 なお、二風谷アイヌ文化博物館とあわせ、同館に展示されているアイヌ生活用具は、平成14(2002)に国の重要有形民族文化財に指定されている。 

        ↓ (4分)

◎バス停 : 平取温泉  /道南バス  


~~~    ↓ (9分)  ~~~   額平(ぬかびら)川、貫気別(ぬきべつ)川


◎バス停 : 荷負  /道南バス         

        ↓ (5分)

◎バス停 : 長知内  /道南バス    

        ↓ (6分)

◎バス停 : 幌毛志中央  /道南バス 

        ↓ (6分)

◎バス停 : 農協振内支所前  /道南バス  ( 平取町5番 ) 
振内鉄道記念館
★振内鉄道記念館 
 国鉄富内線は、昭和33(1958)には、鵡川町富内から平取町振内まで、昭和39(1964)には日高町(現日高町(日高地区))までの全線が開通したが、昭和61(1986)に廃止された。

 昭和62(1987)に当該記念館が開館し、鉄道用具や振内駅構内の模型等、旧国鉄富内線の歴史を伝える資料を展示している

 公園内にはD51蒸気機関車や客車を展示しており、簡易宿泊施設としても利用できる。

        ↓ (1分)

◎バス停 : 振内案内所  /道南バス 

        ↓ (6分)

◎バス停 : 二世宇  /道南バス  ( 平取町6番 ) 

★日東鉱業 (クロ-ム鉱山)
                                                    
 大正6(1917)、ニセウに渡辺新蔵が所有する試掘権を買収し、本格事業を開始したのが始まり

 大正8(1919)、有望豊富な大鉱脈を発見し、日東クロ-ム鉱業株式会社を創立、ニセウ河口までレ-ルを敷設し、トロッコによる運搬を計画していたが、大洪水、第一次世界大戦後の財界不振により旧山した

 昭和4(1929)、後藤合名会社に改組して再開し、昭和6(1931)には新鉱を発見し、軍需に応じて発展したが、昭和17(1942)には日本製錬株式会社に譲渡された。 非現存。 

        ↓ (2分)

◎バス停 : 岩知志  /道南バス 


        



【 これより   日 高 町 (日高地区)   1~6番 へ 】 - - - -   



        ↓ (12分)


◎バス停 : 岩内ダム  /道南バス  ( 日高町(日高地区)1番 )
◎バス停 : 岩内ダム  /町営バス  ( 日高町(日高地区)1番 ) 
沙流川右岸道路
★沙流川右岸道路 
 岩内・三菜頃から右左府間の左岸道路が難路であったため、道庁が昭和3(1928)に工事を着手した

 昭和7(1932)に完成したが、落石、なだれが多発し、冬期間はよく不通となった。

 昭和28(1953)に国道237号に指定され、昭和43(1968)から大改修が行われた。 
沙流川左岸道路
★沙流川左岸道路 
 木製材の運送等のために、道庁が開設した道路で、明治42(1909)に平取・仁世宇間、明治43(1910)に仁世宇・岩知志間、大正2(1913)に岩知志・右左府間が開かれたが、駄馬がやっと通れる程度のものであった。 

        ↓ (1分)

◎バス停 : 下岩内  /道南バス  ( 日高町(日高地区)2番 ) 
岩内不動尊
★岩内不動尊 
 不動の滝の横の巨岩の3.3平方メールほどの洞穴に不動尊像が安置されている

 閑山寺を開創した定賢和尚が、夢の中で、天女が羽衣を下げたような滝の下に座っている不動尊の姿を見て、おそらくお告げであろうとして、富山県の名工に不動尊像を彫ってもらい祀るようになった。

 現在の堂宇は、昭和28(1953)に建立されたもの。 

        ↓ (13分)

◎バス停 : 日高  /道南バス  ( 日高町(日高地区)3番 ) 
かんざんじ
★閑山寺 
 日高町(現日高町(日高地区))最初の寺院で、初代住職二宮定賢が、明治43(1910)にウシャップ(日高町日高)に民家を借り、明治44(1911)に曹洞宗説教所として設立認可されたのが始まり

 昭和6(1931)、現在地に新築移転した。 

        ↓ (2分)

◎バス停 : 日高ターミナル  /道南バス  ( 日高町(日高地区)4番 )
◎バス停 : 日高総合支所   /町営バス  ( 日高町(日高地区)4番 )  
日高山脈博物館
★日高山脈博物館 
 平成11(1999)に開館した町立博物館であり、北海道の背骨の日高山脈に関する様々な資料が展示されている
 
 特に日高山脈の歴史を紐解くアンモナイトの化石のほか、各種岩石の展示が非常に充実しており、太古から伝わる地球の鼓動を感じることができる。 
日高町郷土資料館
★日高町郷土資料館 
 昭和45(1970)に、北海道が開拓記念館に収蔵するための資料を収集するにあたり、町民に呼びかけ拠出されたもののうち、開拓記念館に引き取られずに残された品物を柱として、それらを収蔵するために日高町(現日高町(日高地区))開基70周年にあわせて、昭和50(1975)に開設された
★右左府(うしゃっぷ)
駅逓所
 
 明治41(1908)に開設された右左府駅逓所には、官馬3頭と、私馬7頭がおかれ、岩知志、千呂露、占冠の間の輸送にあたった
 主の客層は、造材関係者、役人、行商人などであった。
 昭和2に設立された三国横断バスなどの輸送力の増加により、昭和12(1937)に廃止。 
  
右左府橋
★右左府(うしゃっぷ)橋 
 三菜頃~右左府間里道の最終事業として、大正2(1913)に架設された日高町(現日高町(日高地区))管内最初の沙流川架橋

 キングトラス式。 
★右左府(うしゃっぷ)
渡船場
 
 当時、平取から右左府までの往来には、5ヶ所の渡船場を使用しなければならず、そのうちの一つで、明治41(1908)に初代右左府伍長などを務めていた夏川政五郎が私設したもの
 初めは、丸木舟で棹一本で急流を渡ったが、危険が多く、まもなく対岸に針金を張り渡し舟を繋いだ。
 明治42(1909)には、公設に移され運営されていたが、大正2(1913)に右左府橋の架設により廃止された。
   
坂本組   王子製紙苫小牧工場が明治43(1910)に操業を開始するのに先立ち、その原木の供給地を沙流川源流に求めたが、明治42(1909)にその伐採と運材事業を請け負った。
 岡春部3号の沢で伐採を開始したときは、10人あまりの人夫を使役した小規模なものであったが、明治43(1910)には川をせき止め水量を見計って一度に流出させ、原木をその勢いで本流に押し流すため「鉄砲堰」を新設するなどして、坂本組の造材事業は千呂露川流域まで広がった。 
  
★日高町木やり保存会   丸太開拓時代の木材搬出技法を今に残すもので、日高町(現日高町(日高地区))で開催される樹魂まつりで披露されている。 
  
浄教寺
★浄教寺 
 明治44(1911)に大谷派の僧侶高渕義が住本堂兼庫裏を建立し、真宗大谷派説教所として布教を始める

 大正15(1926)に火災で焼失し、昭和2(1927)に本堂庫裏を建築して再起したが、昭和9(1934)、再び火災で焼失する。

 昭和21(1946)、現在地に本堂、庫裏などを建立し、現在名に改称。

 昭和45(1970)に本堂、昭和47(1972)に庫裏納骨堂を改築した。


        ↓                           ↓

        ↓              □ 道東自動車道 : 占冠インターチェンジ
                                 
        

【 これより 「石勝樹海ロード(国道274号線)」 へ 】


        ↓ (11分)


◎バス停 : 自衛隊入口  /町営バス  ( 日高町(日高地区)5番 ) 
日高町入地跡碑
★日高町の開祖目曲久助の
 入地跡碑
 
 明治38(1905)、この地に居を構え日高町(現日高町(日高地区))開拓の基礎を築いた岩手県人目曲久助を記念する碑。 

         ↓ (1分)

◎バス停 : 千栄市街  /町営バス  ( 日高町(日高地区)6番 )  
千栄神社
★千坂神社 
 日高町(現日高町(日高地区))の発祥地である千栄部落の守り神で明治43(1910)に町有放牧地内に小社宇と地鎮社を祀ったのが始まり

 大正10(1921)、現在地近くに千呂露神社の名称で、新築移転した。

 昭和18(1943)、現在名に改称したが、昭和35(1960)、日勝道路建設予定地コ-スに触れたため、約20m離れた現在地に移動した。
 本宮は一間社流れ造り様式による日高町(現日高町(日高地区))唯一の本格的木造社寺建築物である。 
  
★千呂露(ちろろ)駅逓所   明治43(1910)に開設された千呂露駅逓所は、客室8畳2間、6畳2間、外に管理人居室、台所など土台つきの本建築で、当初は官馬が3頭であったが、後に私馬も数頭予備していた
 沙流川流域の駅逓所としては終着であり造材関係、鉱山関係、行商人などが常客であった。
 昭和2(1927)に設立された三国横断バスなどの輸送力の増加により、昭和14(1939)に廃止された。 

         

沙流川源流原始林
★沙流川源流原始林 
 昭和40(1965)に完成した日勝峠の日高側に位置し、昭和45(1970)に国の天然記念物に指定される。 


        



【 これより   十 勝 管 内   へ 】 - - - -   




        



□ 道東自動車道 : 十勝清水インターチェンジ










【参考】 『日高の歴史的文化活用資源リスト等!』




★ 『 日高の歴史的文化活用資源リスト等! 』 のページへのリンク

アイデア集表紙

    【 当 該 ペ ー ジ の 主 な 内 容 】

 1.日高の歴史的文化活用事業 

 2.北海道・日高管内の 博物館・美術館等 一覧!

 3.北海道・日高管内の 文化財・遺産等 一覧!

 4.北海道・日高管内の 主な文化ホール・映画館・
    公民館・図書館等
一覧!

 5.北海道日高×振興局職員×文化歴史散歩
    =ブラ・ラブヒダカ

 6.日高のあゆみ ~日高支庁百年記念誌~

 7.日高開発史 ~日高支庁八十年記念誌~






 ★  『 北海道・日高管内の博物館・美術館等一覧 ~ 2 1! 』 のページ へのリンク     新着
  
ミニ門別 ミニ義経館 ミニアイヌ博物館 ミニ沙流川 ミニ萱野館 ミニ山脈館 日高郷土館
ミニディマシオ ミニ優駿記念館 ミニレコード館 ミニ郷土館 ミニ新ひだか ミニ新ひだかアイ ミニ新ひだかアイヌ
ミニ伏木田 ミニ浦河館 ミニJRA ミニ様似館 ミニアポイセンター ミニほろいずみ ミニ風の館



このページに関するお問い合わせ
北海道日高振興局保健環境部
環境生活課主査(道民生活)
電話番号:0146-22-9255