「北海道・日高管内の戦後75年間【文化・スポーツ史】概要!」(2022年3月)

● さきに当課では、「第二次世界大戦後から令和の現在までの約75年間」、北海道・日高管内の移り変わりを概観すること等を目的に、下記をとりまとめ、当課HPに掲載しております。

● このたび、日高管内の文化・スポーツの振興に資するため、上記について、対象を「文化・スポーツ」に絞り、改めて戦後史をとりまとめました。

● なお、本ページは、簡略化のため、次の【❶~❸の3つの分野】に区分するとともに、「各々3つの分野内を管内7町別」にし、要点を箇条書きにしてまとめております。

【❶「文化施設」】、【❷「文化活動」】、【❸「スポーツ(施設・活動)」】

日高地方

(参考:日高振興局管内の7町地図~水色)

● また、戦後の日本は、各制度が大きく変更したため、各々3つの分野の冒頭、国、道、及び日高管内等の「全体の戦後概要」をとりまとめております。

● さらに、★~【  】書きの施設等について、「写真を参考掲載」しておりますので、申し添えます。

【主な参考文献】

「新北海道史第六巻(北海道 昭和52年)」、「日高教育史/戦後編(日高教育史編集委員会 平成4年)」、「日高管内文化団体連絡協議会創立50周年記念誌(同協会 令和3年)」、「日本社会教育史(有信堂 令和3年)」、「文化政策学要説(悠光堂 平成28年)」、「はじめて学ぶスポーツ政策(アイオーエム 平成31年)」、「日高町史(日高町 昭和52年)」、「日高町100年記念誌(日高町 平成18年)」、「新門別町史(門別町 平成7年)」、「平取町百年史(平取町 平成15年)」、「続新冠町史(新冠町 平成8年)」、「増補改訂静内町史(静内町 平成8年)」、「追補静内町史(新ひだか町 平成26年)」、「追補三石町史(三石町 平成4年)」、「追補三石町史最終版(新ひだか町 平成26年)」、「新浦河町史(浦河町 平成14年)」、「改訂様似町史(様似町 平成4年)」、「新様似町史(様似町 平成5年)」、「増補えりも町史(えりも町 平成13年)」、「日高の歴史的文化活用資源リスト(日高支庁環境生活課 平成13年)」

【❶「文化施設」戦後概要】

★ 戦後、国民生活は追い詰められ、昭和21年に文部省は、科学心啓培・郷土再建・新日本文化建設・道義高揚を目指し、「新日本文化建設運動」を提唱、同年、文部省は「公民館の設置運営について」を通達、公民館を「郷土における公民学校・図書館・博物館・公会堂・町村民集会所・産業指導所等の機能を兼ねた文化教養機関」と定め、総合的な文化センターとした。

★ 昭和22年に「教育基本法」制定、また、昭和24年に「社会教育法」制定、社会教育に関する国・自治体の任務を明確化し、社会教育委員・公民館等について規定、さらに、同法に基づき、昭和25年に「図書館法」、昭和26年に「博物館法」制定。

★「図書館」は単なる蔵書類閲覧の施設から、読書会・研究会・鑑賞会等のより能動的な社会教育拠点とされ、「博物館」は資料の収集・保管・展示のみならず、公衆の教養・調査研究・レクリエーション等の事業を目的に定め、専門職員の学芸員を置くとした。

★ 道内の「公民館数は急増」、昭和21年度の8館が、昭和31年度に396館となり、市町村の51%が開設、活動も次第に盛んとなり、昭和27年度の講座開設数は182で、うち一般学級・青年学級・婦人学級・一般教養が主なもの。

★ 1970年代後半(昭和50年頃)から1990年代前半(平成6年頃)にかけて、全国の自治体で文化施設建設が盛んとなり、それは、1980年代の「文化の時代」・「地方の時代」の標語の下、「自治体文化行政」が進展するとともに、バブル経済により地方税収が上がったことによる。

❶-1.日高町

❶ー11.旧日高町

● 公民館的施設が登場するのは、S16(1941)の「日高会館」であり、戦後は、青年層の熱意により、S22(1947) に「富岡公民館」、S23(1948)に「三岩公民館」、S24(1949)に「千栄公民館」が相次ぎ開設。

● S37(1962)に新農村建設事業で「青年研修所」開設、また、S39(1964)に新役場庁舎前に待望の「日高公民館」開設(H6(1994)に解体)、「青年研修所」と渡り廊下で接続され、「その他の公民館」は学校体育館に転用。

● S50(1975)に日高町開基70周年を迎えるにあたり「郷土資料館」開設、図書室は同館に移設、S57(1982)には ★~【日高図書館郷土資料館】 開設、同年、文化活動の新たな拠点となる ★~【日高町民センター(山村開発センター)】 開設。

● 文部省実施事業として全国10箇所建設する「国立少年自然の家」が道内では同町に開設決定、S57(1982)に開設、また、H11(1999)に日高山脈の優れた自然資源の学習研究拠点として町立の ★~【日高山脈館】開設 、H16(2004)に博物館法に基づく博物館となる。

★~【日高図書館郷土資料館】【日高町民センター】【日高山脈館】

旧日高町

❶ー12.旧門別町

● S36(1961)に「富川公会堂」開設(S57(1982)に改築)、S38(1963)に ★~【門別中央公民館】 開設(S58(1983)に新築)。

● 福祉センター・スポーツセンターの建設は、町の永年の懸案事項だったが、本町地区と富川地区との誘致合戦の末、S53(1978)に両地区の中間地点に ★~【門別総合町民センター(福祉センター)】 開設、図書室を備え、町内一の収容能力施設にもなる。

● H5(1993)に斬新な外観の ★~【門別図書館郷土資料館】 開設。

★~【門別中央公民館】【門別総合町民センター】【門別図書館郷土資料館】

旧門別町

❶-2.平取町

● S25(1950)に日高・様似に次ぐ管内三館目として「紫雲古津公民館」開設、S31(1956)に「荷菜公民館」開設、婦人会・青年会の集会施設として利用され、S36(1961)には道内初の生活館である「二風谷生活館」開設。

● S45(1970)に町の基幹施設として、公民館機能や図書室を持つ ★~【平取町民体育館】 開設、S47(1972)に「振内青少年会館」開設、S49(1974)に「貫気別町民センター」開設。

● 開町80周年記念事業として中央公民館建設が決まり、S54(1979)に ★~【平取町中央公民館】 開設、H13(2001)には図書館も入り視聴覚教育拠点ともなる ★~【ふれあいセンターびらとり】 開設。

★~【平取町民体育館】【平取町中央公民館】【ふれあいセンターびらとり】

平取町1

● アイヌ文化に関し、S47(1972)に北海道ウタリ協会運営の ★~【二風谷アイヌ文化資料館】 開設、H3(1991)に同館を発展的に移築した町立施設として ★~【二風谷アイヌ文化博物館】 開設、その後H22(2010)に「アイヌ文化情報センター」、R元(2019)に ★~【アイヌ工芸伝承館ウレシパ】 開設。

★~【二風谷アイヌ文化資料館】【二風谷アイヌ文化博物館】【アイヌ工芸伝承館ウレシパ】

平取町2

● アイヌ文化以外でも、S62(1987)に ★~【振内鉄道記念館】 、H3(1991)に ★~【義経資料館】 、H10(1998)に ★~【沙流川歴史館】 開設。

★~【振内鉄道記念館】【義経資料館】【沙流川歴史館】

平取町3

❶-3.新冠町

● S37(1962)に「公民館」開設(S56(1981)に解体)、S51(1976)に山村開発センター事業で中央町に「新冠町民センター」開設、図書室は同センターに移設。

● S41に管内9町の組合立(現在は新冠町立)の「日高判官館青年の家」開設、S55(1980)には、開町百年記念事業として ★~【新冠町郷土資料館】 開設。

● H3(1991)に町は文化事業としてレコードの収集・保存というユニークな企画を立て、H9(1997)に多目的ホール・図書室等を設置し、町民の文化活動の拠点となる ★~【レ・コード館】 開設。

● H22(2010)に旧太陽小学校を民間が活用し、世界最大の油彩画等を展示する ★~【太陽の森ディマシオ美術館】 開設。

★~【新冠町郷土資料館】【レ・コード館】【太陽の森ディマシオ美術館】

新冠町

❶-4.新ひだか町

❶-41.旧静内町

● S21(1946)に北海道アイヌ協会設立総会が開催された公会堂を、S26(1951)に町が開基80周年記念事業として増築し「静内町公民館」開設、のち公民館活動は活発化、S27(1962)に同館に郷土室・図書室を設置。

● S36(1961)に旧役場庁舎を改造し「郷土館図書館」開設、S40(1965)に文化の殿堂として「静内公民館」開設、その隣に北海道百年・静内町百年記念事業として、S44(1969)に「静内町郷土館図書館」開設。

● S49(1974)に地域の文化振興拠点として、日高広域市町村圏域事業で山手町に文化ホールの「静内文化センター」開設、図書館も同センター内に移設し、郷土館は独立。

● その後、静内公民館の老朽化・地震被害等により、S62(1987)に ★~【静内町公民館・コミュニティセンター】 開設、また、S61(1986)に町が集会施設としてピュア内に「日高地域振興センター(現地域交流センターピュアプラザ)」開設。

● H15(2003)の十勝沖地震で「静内文化センター」が被災して使用不可となり、図書館は、同年、 ★~【静内女性センター・みらい】 の大会議室に移設、なお、同女性センターは、S55(1980)に道内六番目の「日高地方婦人会館」として開設、女性の学習活動・研修拠点とされる。

● アイヌ文化に関し、S53(1978)に民族文化の交流・研修施設として「シャクシャイン記念館」開設、その隣に、町がアイヌ文化の伝承・理解を深めるのを目的に、S58(1983)に ★~【アイヌ民俗資料館】 開設。

★~【静内町公民館・コミュニティセンター】【静内女性センター・みらい】【アイヌ民俗資料館】

旧静内町

❶-42.旧三石町

● S26(1951)に町民の要望に応え、町制施行の記念事業で三石本町に「三石公民館」開設、のち公民館活動は活発化、S43(1968)には新たな社会教育活動の拠点として「福祉センター」開設。

● S40(1965)に町開基90周年記念事業として、旧町長室に「郷土館」開設、また、S41(1966)から「巡回図書館」開設、しかし、町開基百年記念事業として新たに「郷土館」建設を決定、S50(1975)に役場東側に図書館を併設した「郷土館図書館」開設。

❶-43.現新ひだか町

● H27(2015)に山手町に ★~【新ひだか町図書館・博物館】 開設、H29(2017)に三石本町に図書館三石分館が入る ★~【新ひだか町総合町民センターはまなす】 開設。

★~【新ひだか町図書館・博物館】【新ひだか町総合町民センターはまなす】

新ひだか町

❶-5.浦河町

● S33(1958)に大通三丁目に「労働会館」開設、町の文化活動の中心となり、それまでの「公民館(浦河小学校横)」は翌年解体。

● しかし労働会館は大会議開催に手狭なため、裏山を切り崩した改築を決定、S44(1969)に当時道内最大規模の「浦河町福祉センター」開設して図書館併設。

● その後、町民から文化ホール要望の声が高まり、福祉センターはH6(1994)に解体、図書館を堺町に仮設、市街地再開発事業で福祉センター跡地は文化複合施設や大型店舗に生まれ変わり、H8(1996)に ★~【浦河町総合文化会館・浦河町立図書館】 開設。

● 一方、勤労青少年のレクリエーション施設として、S55(1980)に ★~【浦河町勤労青少年ホーム】 開設、生涯学習専用施設として、H2(1990)に ★~【浦河町生涯学習センター】 が日高教育研究所と併設し開設。

★~【浦河町総合文化会館・浦河町立図書館】【浦河町勤労青少年ホーム】【浦河町生涯学習センター】

浦河町1

● また、S31(1956)の浦河町と荻伏村の合併を機に、S36(1961)に旧赤心社事務所を改修し「浦河町郷土館」開設、S40(1965)に堺町会館(T8建設の ★~【旧日高支庁庁舎】 で、のち北海道開拓の村に移設)に移設して「浦河町立郷土博物館」と改称、従前の本館は荻伏分館とし、その後S53(1978)に ★~【旧東小学校校舎】 を改修して再移設、また、その隣りに農林水産省の緑の村整備事業で、S55(1980)に馬文化に関する ★~【馬事資料館(郷土文化保存伝承施設)】 開設。

● また、町内で美術館建設の気運が芽生え、H8(1996)に町出身画家の伏木田氏の作品展が総合文化会館で開催、同氏から作品寄贈を受けた町は、関係者と協議し、西幌別の町乗馬公園クラブハウスを内部改修、H10(1998)に ★~【伏木田光夫美術館】 開設。

★~【旧日高支庁庁舎】【旧東小学校校舎・馬事資料館】【伏木田光夫美術館】

浦河町2

❶-6.様似町

● S23(1978)に村青年団連盟の熱意で村消防本部を転用し「様似村公民館」開設、以後、団体活動に拍車がかかり、S30(1955)に本町に「様似町公民館」開設、一層地域性を発揮した社会教育が進められる。

● かつては日高管内一の公民館も、その後不十分な施設となり、S51(1976)に大通に ★~【様似町中央公民館】 開設、図書室も移設、生涯教育の殿堂・集会施設として広く町民が活用。

● H4(1992)には、21世紀を見据えた教育・文化の中核施設として、日高管内初の独立した図書館となる ★~【町立様似図書館】 開設。

● S40(1965)から町が文化遺産調査を開始、予想以上の保存が判明し、北海道百年記念事業として、S42(1967)に「日高郷土館」開設、S43(1968)に ★~【様似郷土館】 と改称。

● また、様似町は学術的に貴重な地質・地形を持つため、H25(2013)に「アポイ岳ジオパークビジターセンター」開設、H27(2015)に「ユネスコ世界ジオパーク」に認定。

★~【様似町中央公民館】【町立様似図書館】【様似郷土館】

様似町

❶-7.えりも町

● S28(1953)に「幌泉公民館」開設、町の社会教育は地道ながら着実に活動を続けたが、同館老朽化に伴い、町開基90周年・町名改称記念事業で、S45(1970)に新たな文化活動の拠点となる ★~【えりも町福祉センター】 開設し、図書室設置、なお、福祉センターの名の由来は建設費の一部に国民年金還元融資を受けたことによるもの。

● 福祉センターで郷土資料展を開催の際、町民から多くの民具類が寄せられ、郷土資料館の計画浮上、S56(1981)に沿岸漁業構造改善事業の特別対策事業で ★~【水産の館】 開設。

● しかし補助要件により、展示スペースが不十部のため、新たに郷土学習の資料館建設の動きが高まり、H4(1992)に同館に隣接して、道の市町村振興補助金で ★~【郷土資料館ほろいずみ】 開設。

● H5(1993)にえりも岬ビジターセンター風の館構想を町が発表、H9(1997)に国定公園の観光拠点として ★~【襟裳岬・風の館】 開設。

★~【えりも町福祉センター】【水産の館・郷土資料館ほろいずみ】【襟裳岬・風の館】

えりも町

【❷「文化活動」戦後概要】

★ 戦前戦中と異なり、戦後は多くの人々が「各種文化活動」に携わるようになり、道内文化団体数は増加、さらに戦後結成された労働組合により「職場文化団体」も多数つくられる。

★ 戦前の社会教育、中でも「青少年教育」は、国策遂行上の体制に取り込まれ、戦後直後、青少年団体は解散させられるも、その後、文部省は「青少年団体設置要領」等通達、道庁も育成を図り、昭和23年「北海道青年団体協議会」設立、昭和20年代後半には、年齢・職業・性別・趣味等を同じくする「青年の集り」が多くなり、また、昭和23年の農業改良普及事業の発足に伴う「農村青少年クラブ(四Hクラブ)」の設立もあった。

★ さらに、婦人の地位向上を目指した「婦人教育」も行われ、昭和25年、旭川市で第一回婦人大会が開催、その後、婦人学級等の講座は大幅に増加、昭和32年「北海道婦人団体連絡協議会」設立。

★ また、道では、昭和27年度予算編成方針で、福祉社会北海道建設の理想を掲げ、全道民の新生活建設の意欲を結集し、関係団体の協力により「北海道新生活建設運動委員会」設立、各支庁にも協議会設立、その推進にあたり「新生活建設モデル町村」の運動を展開、その後11年間継続。

★ 戦後の文化・芸術活動の特徴として、「教育行政」が密接に関わったことが挙げられ、昭和24年に、行政側から「北海道文化団体連合会」設立されるも、機が熟していないため長続きせず、その後、昭和30年前後になり俳句・誌・短歌・演劇等の全道組織が設立されたことから、各全道団体が一つになり、昭和33年に「北海道文化団体協議会(文団協)」設立、昭和34年に「第一回北海道文化集会」開催。

★ 昭和45年に北海道及び日高教育局の要望と指導のもと、当時日高管内9町の文化団体により「日高管内文化団体連絡協議会」設立、毎年、各町巡回で「日高管内郷土芸能祭(のちの日高管内道民芸術祭)」開催。

★ 平成19年に「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」が改正、教育委員会の所管事務のうち、文化(文化財保護除く)、スポーツ(学校体育を除く)に関する事務は、自治体の判断により、首長部局が担当出来るようになり、平成24年に道では原則知事部局へ移管。

★「文化財保護」は、戦前、大正8年制定の「史蹟名勝天然記念物法」、昭和4年の「国宝保存法」、同8年の「重要美術品等ノ保存ニ関スル法律」等により行われたが、戦後は、昭和25年「文化財保護法」制定、従来の三法統合のほか、無形文化財を加え、一方、道では、昭和28年「北海道文化財保護条例」制定、法指定外の道文化財指定と保護を実施、「市町村」でも同様の保護条例を制定したところが多い。

❷-1.日高町

❷-11.旧日高町

● 村内各地に青年団設立、S21(1946)に各青年団の連絡機関として「日高村連合青年団」設立、各青年団は公民館建設に尽力、文化・スポーツ活動を行う一方、婦人層への参政権付与・道の新生活運動の提唱等により、各種目的を掲げた「婦人団体」も誕生。

● S21(1946)に俳句集団「高風吟社」設立、地域に密着した活動を長く保ち、S44(1969)の「日高町文化協会」設立(当初九団体加入、事務局は町教委)の有力な一翼を担う。

● S40(1965)から町教委主催・全町民参加を趣旨に「第一回町民文化祭」開催、S45(1970)から文化協会も全面的に参加し、現在に至る。

● S46(1971)に日高町山岳太鼓を発表、「日高町山岳太鼓保存会」設立、誕生の背景には、観光資源となるユニークな郷土芸能が欲しいという切実な声あり。

● 文化財は、S45(1970)に ★~【沙流川源流原始林】 国の天然記念物に指定。

❷-12.旧門別町

● 村内各地の青年団が地域振興に果たした役割は多大で、S22(1947)に「門別村連合青年団」設立、主な事業は文化・スポーツ活動、また、S31(1956)に十三の町内婦人団体が集まり「門別町婦人団体協議会」設立。

● S25(1950)頃から、主に青年団を核として文化活動が芽生え、各種文化団体設立、豊郷小学校長の呼びかけにより、S46(1971)に十八のサークル代表者が中央公民館に集まり「門別町文化協会」設立、同協会は富川・本町・厚賀の三地区の統合の役割や「町民文化祭」開催を担う。

● 近年の「町民文化祭」は、発表部門・展示部門を開催し、発表部門は三地区毎に開催されたが、サークル数減少等により、H28(2016)から三地区合同の芸能発表会となる。

● 文化財は、S38(1963)に「門別冨仁家(トニカ)盛土墳墓群」道の史跡に指定、H6(1994)に「アイヌ古式舞踊」国の重要無形民俗文化財に指定、H9(1997)に「アッペツチャシ跡」国の史跡に指定。

❷-13.現日高町

● H18(2006)の旧日高町と旧門別町の合併により「日高町文化協会」設立、日高支部・門別支部毎に文化祭等の事業継続、本部で道民芸術祭等実施。

● R2「日高町文化協会」:加盟団体39団体・人員379名、うち昭和以前に設立された団体(設立年)

・日高山岳太鼓保存会(S48) ・日高陶芸クラブ(S59) ・社交ダンス同好会(S54) ・厚賀書友会(S43) ・富川書道同好会(S48) ・陶芸サークル門陶(S59) ・ハンドメイドサークル(S61) ・もんべつ短歌会(S56) ・門別民謡同好会(S54) ・照悟民謡会(S63) ・照翠民謡会(S45) ・厚賀吟詠会(S58) ・富川吟詠会(S43) ・門別吟詠会(S52) ・門別ふれあいダンスクラブ(S41) ・富川カラオケ同好会(S56) ・もんべつ吹奏楽団(S57) ・門別囲碁同好会(S61)

● 文化財は、H26(2014)に ★~【飯田家住宅座敷棟】 国の登録有形文化財に登録、H27(2015)に ★~【飯田家住宅主屋】 国の登録有形文化財に登録。

★~【沙流川源流原始林】【飯田家住宅座敷棟】【飯田家住宅主屋】

日高町

❷-2.平取町

● 青年団・婦人会は初期の社会教育の中心的役割を担い、地区青年団の連携等を目的に戦後いちはやく「連合青年団」設立、S29(1954)には各婦人会の連携のため「平取町婦人団体協議会」設立、その後、地区青年団は退潮する一方、農協青年部・商工会青年部・四Hクラブの活動が活発化、婦人団体も同様の展開。

● S23(1948)に「平取文化協会」、S47(1972)に「振内文化協会」、S48(1973)に「本町文化協会」、S52(1977)に「貫気別文化協会」設立、また、S46(1971)に各団体を統括する「平取町文化連盟」設立、これらを機に町内サークル活動は年々活発化。

● S30(1955)前後から毎年、平取文化協会主体で文化的行事の他、体育行事が行われたが、各地区協会設立後は、連盟及び各協会主催で「町民文化祭」開催、S48(1973)から現在まで地区毎に開催。

● R2「平取町文化連盟」:加盟団体54団体・人員596名、うち昭和以前に設立された団体(設立年)

・楢の実俳句会(S44) ・平取美術同好会(S55) ・琴アンサンブルきみかげ草(S45) ・中山民俗舞踊芳誠会(S61) ・振内書道同好会(S47)

● 平取町の文化は、「アイヌ文化」を抜きに語れず、アイヌ文化の理解と保存・伝承に努めたのが萱野茂氏、S28(1953)頃から活動し、古老からユーカラ等の聞取り・録音・民具の収集活動等を行い、S47(1953)に「二風谷アイヌ文化資料館」開設、その後、H25(2013)に「二風谷イタ・アットゥシ」が経産省の伝統的工芸品に本道初指定。

● 文化財は、S58(1983)に「平取町文化財保護条例」制定、S59(1984)に「アイヌ古式舞踊」国の重要無形民俗文化財に指定、H12(2000)に ★~【北海道大学文学部二風谷研究室(旧マンロー邸)】 国の登録有形文化財に登録、H14(2002)に「北海道二風谷及び周辺地域のアイヌ生活用具コレクション」国の重要有形民俗文化財に指定、H19(2007)に ★~【アイヌの伝統と近代開拓による沙流川流域の文化的景観】 国の重要文化的景観に選定、H24(2012)に「二風谷遺跡群出土品」道の有形文化財に指定、H25(2013)に「幌尻岳」国の名勝に指定、H26(2014)に ★~【オキクルミのチャシ及びムイノカ】 国の名勝に指定

★~【旧マンロー邸】【沙流川流域の文化的景観】【オキクルミのチャシ及びムイノカ】

平取町

❷-3.新冠町

● 一連の婦人運動の民主化の中、S22(1947)に「新冠婦人会」設立、その後、地域婦人会・農協婦人会が次々設立され、S31(1956)に「新冠町婦人団体連絡協議会」設立、また、S57(1982)には、明るく住みよい町づくりに寄与するのを目的に、農協青年部・四Hクラブ・漁協青年部・商工会青年部等の八団体が加盟する「新冠町青年団体連絡会議」設立。

● 町の文化活動は、S30(1955)の大水害の困難から脱したS30年代後半から始まり、そのさきがけは各婦人団体から誕生した茶道・華道・手芸・読書等のグループ。

● S37(1962)公民館開設で各種講座が開催、文化サークル設立のきっかけとなり、S44(1969)に各文化団体がまとまり「新冠町文化協会」設立。

● S36(1961)に町教委主催で初めて展示主体の「町民文化祭」開催、、S45(1970)に文化協会と町教委共催で「第一回町民文化祭」開催、以後、現在に至る。

● S45(1970)に新冠町観光協会判官太鼓部が、町民の総意により設立、S57(1982)には「新冠判官太鼓保存会」と改称し、町の代表的郷土芸能となる。

● R2「新冠町文化協会」:加盟団体37団体・人員604名、うち昭和以前に設立された団体(設立年)

・茶道サークル(S36) ・(琴・尺八)いと、たけの会(S54) ・新冠アトリエの会(S53) ・新冠菊の会(S50) ・外崎三絃会(S60) ・新冠華道サークル(S36) ・新冠文芸協会(S58) ・新冠囲碁同好会(S39) ・新冠郷土文化研究会(S59) ・新冠軽音楽愛好会ブルーホース(S48) ・新冠判官太鼓保存会(S45)

● 文化財は、S43(1968)に ★~【新冠泥火山】 道の天然記念物に指定、H6(1994)に「アイヌ古式舞踊」国の重要無形民俗文化財に指定、H25(2013)に ★~【幌尻岳】 国の名勝に指定。

❷-4.新ひだか町

❷-41.旧静内町

● 戦後、全町各地区に青年団が設立され、S26(1951)に「静内町青年団体連絡協議会」設立、S63(1988)には、明るく住みよい町づくりに寄与するのを目的に農協青年部・四Hクラブ・漁協青年部・商工会青年部等の八団体で構成する「ふるさとづくり青年連絡会議」設立、一方、戦後失意から立ち直り、婦人地位向上を目指し各婦人会が設立、S28(1953)に「静内町婦人団体連絡協議会」設立。

● S51(1976)に、自治会ほか、農協・漁協・商工会等の青年部・婦人部等で構成する「静内町新生活運動推進協議会(のちの静内町まちづくり運動協議会)」設立。

● 町の文化活動は、S20(1945)末の文芸同人誌「シベチャリの街」発行に始まり、S25(1950)に「静内町文化連盟」設立、S20年代から「静内町文化祭」開催、以後、多くの文化団体やサークルが活動を続け、S62(1987)に開設の「静内町公民館・コミュニティセンター」は、町民達の積極的な活動の場となり、H3(1991)には優良公民館として文部大臣表彰受賞。

● 文化財は、S38(1963)に「静内御殿山墳墓群」道の史跡に指定、S43(1968)に「静内御殿山墳墓群出土の遺物」道の有形文化財に指定、S59(1984)に「アイヌ古式舞踊」国の重要無形民俗文化財に指定、H9(1997)に ★~【シベチャリ川流域チャシ群】 国の史跡に指定、H15(2003)に「静内町文化財保護条例」制定。

★~【新冠泥火山】【幌尻岳】【シベチャリ川流域チャシ群】

新冠町静内町

❷-42.旧三石町

● S21(1946)に「連合青年団」設立、のち「三石町青年団体協議会」設立、S27(1952)に「連合婦人会」設立、のち「三石街婦人団体連絡協議会」設立、S27(1952)に「新生活建設運動モデル町村指定」を受け、S32(1957)に「新生活実践連合会」設立。

● S30年代に三石・延出・本桐・歌笛の四地区の文化委員会が設立、各文化サークルは地区単位で運営、S38(1963)に「三石町文化団体連絡協議会」設立、その後新たな文化サークルが誕生して全町的な連携を図る気運が高まり、S52(1977)に「三石町文化協会」設立。

● 文化祭行事は、町内各地で多彩に開催されてきたが、幅広い町民参加の文化継承・文化創造をテーマに、S47(1972)に「第一回町民文化祭」開催。

● 文化財は、S49(1974)に「三石町文化財保護条例」制定、H6(1994)に「アイヌ古式舞踊」国の重要無形民俗文化財に指定。

● H17(2005)に「淡路豊年桝踊り」、「歌笛越前踊り」が町の無形文化財に指定、前者は兵庫県淡路島から延出地区へ集団入植した人々により、後者は福井県大野地方から歌笛・川上地区へ集団入植した人々により伝えられたもの。

❷-43.現新ひだか町

● H18(2006)の旧静内町と旧三石町の合併により、「新ひだか町文化団体連絡協議会」設立。

● R2「新ひだか町文化団体連絡協議会」:加盟団体57団体・人員807名、うち昭和以前に設立された団体(設立年)

・静内フォートクラブ(S32) ・友光クラブ(S62) ・日本習字静内書友会(S46) ・静内書道協会静内書院(S58) ・ぺてかり俳句会(S24) ・静内染退俳句会(S59) ・静内こまどり民謡会(S52) ・章静民謡三絃会(S46) ・しずない三曲研究会(S56) ・静内染退太鼓(S50) ・日本詩吟学院岳風会静内支部(S32) ・謡秀民謡会(S61) ・三石詩吟同好会(S43) ・静内花柳涼の会(S56) ・歌笛すみれ民謡会(S58) ・静内フォークダンス協会(S33) ・静内社交ダンス同好会(S38) ・三石ダンス愛好会(S54) ・しずない吹奏楽団(S50) ・静内プレクトラムアンサンブル(S40) ・静内合唱団ブリューテ(S57) ・静内囲碁倶楽部(S39) ・静内将棋同好会天狗クラブ(S52) ・日高静内アマチュア無線クラブ(S42) ・静内おやこ劇場(S58) ・三石かるた同好会(S48) ・下の句かるた同好会(S45) ・三石囲碁同好会きさらぎ会(S49) ・池坊春光会(S23) ・池坊澁井社中(S36) ・裏千家澁井社中(S38) ・MOA美術光輪花クラブ(S51) ・華道彩の会(S25) ・静内民族文化保存会(S48) ・延出郷土芸能保存会(S45) ・三石神社獅子舞保存会(S45)

❷-5.浦河町

● S21(1946)に各部落に青年会誕生、S31(1956)の浦河町と荻伏村の合併を機に、浦河連合青年会・荻伏連合青年会の有志が集まり、S32(1957)に「浦河青年団体協議会」設立、しかし、時代の趨勢で町市街の青年会は消滅、郡部のみ残るドーナツ化現象が起き、一方、女性団体はその連携等を目的に、S29(1954)に「浦河町女性団体連絡協議会」設立、以来、毎年活発な活動を展開。

● S32(1957)の「文化祭」で文化団体間の連絡調整がなかった等の反省を踏まえ、混声合唱団木曜会や映画・軽音楽サークルの申し合わせで、S33(1958)に「浦河文化協会」設立、以後、文化団体加入も増えて活動は活発化、現在は「町民芸術祭」を開催、S57(1982)から「文藝うらかわ」発刊。

● R2「浦河文化協会」:加盟団体25団体・人員298名、うち昭和以前に設立された団体(設立年)

・浦河美術協会(S30) ・浦河絵画クラブ友の会(S60) ・浦河囲碁同好会(S31) ・浦河混声合唱団木曜会(S29) ・浦河女性コーラスコール・リュミエール(S56) ・うらかわ町民吹奏楽団(S47) ・浦河華道協会(S44) ・NDC近代和装教育連盟浦河教室(S60) ・装道礼法きもの学院認可連盟浦河地区(S63) ・浦河盆栽同好会(S45) ・(公社)日本詩吟学院岳風会北海道樽前岳風会浦河支部(S42) ・詩吟朗詠錦城会浦河道場(S49) ・浦河かぶら俳句会(m37) ・はるにれ短歌会浦河支部(S57) ・浦河アイヌ文化保存会(S35) ・音羽流浦河菊釉会(S60) ・大正琴涼の会(S62) ・ダンスサークルブリスター(S50)

● 文化財は、S55(1980)に「浦河町文化財保護条例」制定、S59(1984)に「アイヌ古式舞踊」国の重要無形民俗文化財に指定。

❷-6.様似町

● 戦後直ちに青年壮年層は時代認識の基盤を団体に求め、町内各地に団体設立、その「協議組織」が設立され、婦人団体も戦前の惰性から逐次時代要求により改編され「町内連絡協議会」設立。

● 町内で活動していた六文化団体の連携の機が熟し、S41(1966)に「様似町文化協会」設立、同会設立時の「様似町文化祭」は、様似小学校で作品展示会を開催していたが、S47(1972)のスポーツセンター開設後は、同センターで「芸能発表会」も実施、また、S51(1976)の中央公民館開設後は、年を追って内容も充実し、現在に至る。

● R2「様似文化協会」:加盟団体25団体・人員176名、うち昭和以前に設立された団体(設立年)

・うのとり吟社(S21) ・書道会(S42) ・水墨彩画同好会(S60) ・いずみ舞踊同好会(S48) ・人形劇サークルかくれんぼ(S57) ・ソシアルダンス愛好会(S62) ・音羽流菊釉会(S63) ・茶道会(S49) ・囲碁同好会(S31) ・将棋同好会(S53) ・カルタ同好会(S46)

● 文化財は、S27(1952)に ★~【アポイ岳高山植物群落】 国の特別天然記念物に指定、S40(1965)に「様似町文化財保護条例」制定、H6(1994)に「アイヌ古式舞踊」国の重要無形文化財に指定、H17(2005)に ★~【蝦夷三官寺等澍院関係資料】 国の重要文化財に指定、H30(2018)に ★~【様似山道】 国の史跡に指定。

★~【アポイ岳高山植物群落】【蝦夷三官寺等澍院関係資料】【様似山道】

様似町

❷-7.えりも町

● 戦後、集落毎に青年団が自然発生、S23(1958)に横のつながりとして「青年団体連絡協議会」設立、文化・スポーツ活動を実施、S49(1974)には、同協議会の他、漁協・農協・商工会の青年部等がまとまり「えりも町青年団体連盟」設立、一方、婦人団体は町内七団体連携のため、S33(1958)に「幌泉村婦人団体連絡協議会」設立、つけものコンクールをはじめとする各種活動実施。

● S45(1970)の町福祉センターの完成により文化活動の活躍の場が確保、気運が一気に高まり、S46(1971)に「えりも町文化協会」設立、同年、同会主催で「第一回文化祭」開催して現在に至る他、H4(1992)から「文藝えりも」発刊。

● R2「えりも町文化協会」:加盟団体16団体・人員282名、うち昭和以前に設立された団体(設立年)

・えりも吟社(S47) ・東洋文化書道会(S52) ・池坊えりも花友会(S54) ・えりも囲碁同好会(S47)

● 文化財は、S52(1977)に「えりも町文化財保護条例」制定、H22(2010)に ★~【襟裳岬】 国の名勝に指定、H30(2018)に ★~【猿留(さるる)山道】 国の史跡に指定、R元(2019)に ★~【幌泉灯台記念塔】 国の登録有形文化財に登録。

● H21(2009)に「えりも駒踊り」、「襟裳神楽」が町の無形文化財に指定、前者は旧南部藩からの移住者により伝えられ、S10(1935)に住吉神社の秋例大祭で踊られたのが始まり、後者は航海難所の襟裳岬沖を通る船安全と大漁を祈願し、文化11(1814)の襟裳神社建立以後、受け継がれているもの。

★~【襟裳岬】【猿留(さるる)山道】【幌泉灯台記念塔】

えりも町

【❸「スポーツ(施設・活動)」戦後概要】

★ 戦後、いち早くスポーツに取り組んだのが青年達で、各町で盛んに「競技会等」開催、「各町体育協会」の各部も、昭和32年頃に陸上・野球・庭球・籠球・相撲・柔道・山岳・羽球・排球等が組織化、その後十年位の間に水泳・スケート・洋弓・卓球・剣道等も順次組織化。

★ 昭和39年の東京オリンピック開催決定を機に、昭和36年に体制整備の一環として議員立法で「スポーツ振興法」制定、「この法律において「スポーツ」とは、運動競技及び身体運動(キャンプ活動その他の野外活動を含む。)であって、心身の健全な発達を図るためにされるもの」とスポーツを定義。

★ 昭和37年の「日本スポーツ少年団本部」設立後、各町とも少年団の組織化に努め、計画的な活動が進められる。

★ 日高管内の「体育館」は、昭和37年に浦河町が堺町小学校との併用で開設したのが最初、単独では昭和43年に静内町、昭和45年に平取町、昭和47年に様似町、昭和48年に三石町・浦河町、昭和54年に門別町、昭和56年にえりも町、昭和59年に日高町で開設、この建設ラッシュは日高管外も同様の傾向で、昭和47年から昭和52年頃がピーク。

★ 昭和47年の札幌オリンピック開催を機に、道内各地で「スキー場・スケート場」が急速に整備、各種の全国的・国際的スポーツ大会が開催。

★ 平成18年にトップアスリート強化等を念頭に「スポーツ振興法」改正の動きが活発化、平成23年に議員立法で「スポーツ基本法」制定、国民のスポーツ権や国・自治体の責務等を規定、また、平成27年にスポーツ行政を一元化する「スポーツ庁」設置。

❸-1.日高町

❸-11.旧日高町

● 戦後、部落会・青年団により運動会・陸上競技大会開催、S27(1952)に「日高村体育連盟(のちの日高町体育協会)」設立、同年、「第一回三地区(日高・占冠・振内)対抗陸上競技大会」開催、S31(1956)に村開基50周年記念行事として「第一回村民運動会(のちの町民体育祭)」開催、各種スポーツ行事も開催され、各スポーツ少年団も誕生し、S44(1969)に町協会からスポーツ少年団旗が授与、「日高町スポーツ少年団」設立。

● S43(1968)に「町営球場」開設、S43(1968)に「町営プール」開設、S45(1970)に「町営スケートリンク」開設、S47(1972)に ★~【日高国際スキー場】 開設、S50(1975)に「町営テニスコート」開設、S59(1981)に ★~【日高町総合体育館】 開設。H6(1994)に ★~【森の広場・サッカー場】 開設。

★~【日高国際スキー場】【日高町総合体育館】【森の広場・サッカー場】

旧日高町

❸-12.旧門別町

● S33(1958)に町内各競技団体を傘下とする「門別町体育協会」設立、同年、地区対抗の「第一回全門別町民運動会」開催、各種スポーツ行事も開催され、「門別町スポーツ少年団本部」も設立。

● S46(1971)に ★~【町営富川球場】 開設、S54(1979)に ★~【スポーツセンター】 開設、H元(1989)に ★~【町民スケートリンク】 開設。

★~【町営富川球場】【スポーツセンター】【町民スケートリンク】

旧門別町

❸-13.現日高町

● 現在の北海道スポーツ協会加盟団体は「日高町スポーツ協会」、H30道調査:日高町のスポーツクラブ数3、スポーツ少年団員数174名。

❸-2.平取町

● S25(1950)に「平取村体育連盟」設立、S38(1963)に「平取町体育協会」と改称し、同協会と自治会等との共催で「町民運動会」開催、各種スポーツ行事も開催され、S44(1969)以降各スポーツ少年団も誕生、S50(1975)に町協会から分離する形で「平取町スポーツ少年団協議会」設立、それに伴い青少年会館等の施設整備が進展。

● S25(1950)に義経公園下に「平取総合グランド」開設、S34(1959)に平取観光協会がオバウシナイ川横に日高管内最初の「コンクリートプール」開設、その後、町内各地に「町民プール」開設。

● スポーツサークルは年々増加するも大規模施設がない状況の中、町民の要望もありS45(1970)に開町70周年記念事業として ★~【平取町民体育館】 開設、同年、 ★~【みどりが丘総合グラウンド】 開設、S50(1975)に町の企業誘致により「平取カントリークラブ」開設、S58(1983)に「二風谷ファミリーランド運動公園」開設、H2(1990)に振内に ★~【町民カーリング場】 開設。

● 現在の北海道スポーツ協会加盟団体は「平取町スポーツ連盟」、H30道調査:平取町のスポーツクラブ数24、スポーツ少年団員数76名。

★~【平取町民体育館】【みどりが丘総合グラウンド】【町民カーリング場】

平取町

❸-3.新冠町

● 戦前から特に陸上競技が盛んだったが、S30年代から起きたスポーツ熱を背景に、S34(1959)に民間主導で「新冠町体育協会」設立、また、S30年頃から陸上競技が校下の運動会に併せて行われ、協会設立とともに「第一回村民体育大会」開催、各種スポーツ行事も開催され、S40年代からいくつかスポーツ少年団が活動、S60(1985)にこれらがまとまり「新冠町スポーツ少年団本部」設立。

● S46(1961)に ★~【町民スポーツセンター】 開設、それに伴い室内競技が盛んとなる一方、S59(1984)に ★~【全天候型テニスコート】 開設、H4(1992)に「(有)にいかっぷホロシリ乗馬クラブ」が馬場開設。

● 現在の北海道スポーツ協会加盟団体は「新冠町スポーツ協会」、H30道調査:新冠町のスポーツクラブ数18、スポーツ少年団員数137名。

★~【町民スポーツセンター】【全天候型テニスコート】

新冠町

❸-4.新ひだか町

❸-41.旧静内町

● S21(1946)の戦後間もない中、スポーツに熱意ある同志が集い「静内町体育連盟」設立、S26(1951)に「静内町体育協会」と改称、S43(1968)の町体育館開設を機に協会・町教委が少年団育成を決め、協会傘下に「静内町スポーツ少年団本部」設立、S54(1979)に協会から独立するも、H8(1996)に再び協会傘下となる。

● S38(1963)に「屋外水泳プール」開設、S43(1968)に開道百年記念事業として ★~【静内体育館】 開設、S45(1970)に「静内町屋内プール館」開設、S49(1974)に真歌公園に「野球場」開設、S51(1976)に日高管内初の ★~【武道館】 開設。

● H元(1989)に町は生涯スポーツ振興のため「スポーツ都市宣言」を行い、H2(1990)に ★~【古川公園野球場】 開設、H6(1994)に道内屈指の ★~【静内温水プール】 開設、H13(2001)に町民の乗馬施設として「ライディングヒルズ静内」開設。

● また、静内川右岸緑地に都市計画整備事業でH3(1991)に ★~【スケートリンク】 開設、H4(1992)に「パークゴルフ場」開設、H5(1993)に ★~【テニスコート】 等を相次ぎ開設。

★~【静内体育館】【武道館】【古川公園野球場】

静内町1

★~【静内温水プール】【スケートリンク】【テニスコート】

静内町2

❸-42.旧三石町

● S23(1948)に町内の各地区体育会の連携のため「三石村体育連盟」設立、S37(1962)に陸上競技主体から脱皮するため「三石町体育協会」に改組、S40(1965)から四年に一度「町民運動会」開催、各種スポーツ行事も開催。

● S48(1973)に ★~【三石スポーツセンター】 開設、S51(1976)に「町営スキー場」開設、S52(1977)に「町民テニスコート」開設、S58(1983)に「旭ヶ丘運動広場」開設、S62(1987)に ★~【緑ヶ丘公園球場】 開設、H7(1995)に ★~【三石海浜公園海水浴場】 開設。

★~【三石スポーツセンター】【緑ヶ丘公園球場】【三石海浜公園海水浴場】

三石町

❸-43.現新ひだか町

● 現在の北海道スポーツ協会加盟団体は「新ひだか町スポーツ協会」、H30道調査:新ひだか町のスポーツクラブ数20、スポーツ少年団員数384名。

❸-5.浦河町

● 戦後、町民にスポーツを楽しむ気運が高まりいくつかスポーツ連盟設立、体育関係者の熱意によりS29(1954)に「浦河体育協会」設立、加盟団体も年々増加、各種スポーツ行事も開催され、また、S29(1954)の柔道少年団を皮切りに、相次ぎ各スポーツ少年団誕生、S57(1982)に協会や町教委との連携強化のため「浦河スポーツ少年団本部」設立。

● S25(1950)に「潮見ヶ丘球場」開設、S37(1962)に日高管内初の体育館の「浦河町体育センター」開設、S40(1966)に「町営幌別スケート場」開設、S43(1968)に堺町に ★~【浦河町総合グラウンド】 開設、S46(1971)に ★~【潮見ヶ丘球場】 大改修し ★~【テニスコート】 併設、S48(1973)に待望の ★~【浦河町ファミリースポーツセンター】 開設、S63(1988)に ★~【浦河町民プール】 開設、H2(1990)に総合グラウンドから緑町に移設した ★~【浦河町スケートリンク】 開設、H5(1993)に「浦河町乗馬公園」開設。

● 現在の北海道スポーツ協会加盟団体は「浦河町スポーツ協会」、H30道調査:浦河町のスポーツクラブ数97、スポーツ少年団員数296名。

★~【浦河町総合グラウンド】【潮見ヶ丘球場】【テニスコート】

浦河町1

★~【浦河町ファミリースポーツセンター】【浦河町民プール】【浦河町スケートリンク】

浦河町2

❸-6.様似町

● S22(1947)に野球関係者が中心となり「様似村体育連盟」設立、S53(1978)に「様似町体育協会」に改組、また、町制施行を記念しS27(1952)に地区対抗の「第一回町民運動会」開催、各種スポーツ行事も開催され、また、S30年代後期頃から各スポーツ少年団誕生、S50(1975)に体育連盟内に「様似町スポーツ少年団本部」設立。

● S58(1983)の体育協会からの要望により、町が「生涯スポーツの町」宣言、同宣言により町が新たな生涯スポーツの考案を企図し、S61(1986)に町体育指導委員協議会が中心となり「テニポン」考案。

● 高度経済成長以前のスポーツ活動は、施設を学校に依存していたが、社会体育振興を重点施策とした町は、S48(1973)に ★~【様似町スポーツセンター】 開設、S58(1983)には、潮見台に山村振興農林漁業特別対策事業で「山村広場総合グラウンド」を完成させ、 ★~【野球場】 、 ★~【ソフトボール場】 、「陸上競技場(兼サッカー場)」を開設、H2(1990)に旧様似高校校舎の一部を譲り受け「様似町生涯スポーツ研修センター」開設。

● 現在の北海道スポーツ協会加盟団体は「様似町スポーツ協会」、H30道調査:様似町のスポーツクラブ数19、スポーツ少年団員数73名。

★~【様似町スポーツセンター】【野球場】【ソフトボール場】

様似町

❸-7.えりも町

● S21(1946)に「第一回村内青年陸上競技大会」開催、町のスポーツは陸上競技が中心だったが、野球や屋内スポーツも盛んとなり、S43(1965)には日高管内一の「スケートリンク」も開設、S44(1969)に町開基90周年・町名改称記念事業のプレ大会として「第一回町民運動会」開催、S46(1971)に十の団体が加盟する「えりも町体育連盟(のちの体育協会)」設立、各種スポーツ行事も開催され、また、スポーツ公園完成とともに、各スポーツ少年団も誕生、S57(1982)に「えりも町スポーツ少年団本部」設立。

● 若者が定着する魅力ある町づくりのため、S46(1971)に当時の町長が「スポーツ公園建設構想」を提唱、S49(1974)から造成、S53(1978)に ★~【野球場】 、 ★~【陸上競技場】 開設、S54(1979)に「多目的広場」、「テニスコート」開設、S56(1981)に ★~【町民体育館】 開設し、スポーツ公園構想完了。

● 現在の北海道スポーツ協会加盟団体は「えりも町スポーツ協会」、H30道調査:様似町のスポーツクラブ数19、スポーツ少年団員数118名。

★~【野球場】【陸上競技場】【町民体育館】

えりも町

(参考)【日高の歴史・文化の世界へ】ポータルサイト!

【当該サイトの主な掲載内容】

  1. 『日高の歴史的文化活用事業(日高の歴史的文化活用資源【リスト】)』
  2. 『北海道・日高管内の【博物館・美術館等】一覧!』
  3. 『北海道・日高管内の【文化財・遺産等】一覧!』
  4. 『北海道・日高管内の【主な文化ホール・映画館・公民館・図書館等】一覧!』
  5. 『日高管内・各町別【コミュニティセンター等】一覧!』
  6. 『北海道・日高管内の【各種スポーツ施設等】一覧!』
  7. 『【日高文化歴史散歩】~ブラ・ラブヒダカ!』
  8. 『【日高のあゆみ】~日高支庁百年記念誌~』
  9. 『【日高開発史】~日高支庁八十年記念誌~』
  10. 『(概略版)日高の【戦後史(75年間)】年表 × 2021年現在写真集!』
  11. 『北海道・日高管内の戦後75年間【文化・スポーツ史】概要!』
  12. 『北海道・日高管内の戦後【市民活動史(町内会・青年女性団体・NPO等)】概要!』
  13. 『北海道・日高管内の【主な縄文遺跡】× 2021年秋現在写真集!』
  14. 『文化振興に係る【各ホームページ】へのリンク集』

カテゴリー

環境生活課のカテゴリ

page top