日高振興局森林室の業務-道有林野事業


日高振興局森林室の業務-道有林野事業


道有林野事業


 日高管理区の道有林は、漁業資源の保護や生活用水の確保、災害防止など住民の生活に直結することから公益的機能の高度発揮が特に強く求められています。                                               このため、土砂の流出や崩壊を防ぐ「山地災害防止機能」や良質の水を安定的に供給する「水源かん養機能」を高めるため、下層植生の維持を図りつつ複層林や針広混交林を目指した森林整備を進めます。                                   

◇森林整備

天然林の整備
 公益的機能の維持増進のため、下層木の育成を目的とする受光伐(老齢衰退木の伐採)や、刈出しなど自然の力を活用した更新作業を行っていきます。

gyom-tenn3.jpggyom-tenn2.jpggyom-tenn.jpg

人工林の整備
 森林の健全性を維持するため間伐を積極的に実施するとともに、複層林化を目指し受光伐や植栽を繰り返していきます。

gyom-jinkourin.jpggyom-jinko2.jpggyom-jinko1.jpg

林木の育種
 林業の生産性向上を目的とし、採種園整備及び検定林調査を行い、遺伝的に優れた「種子」を供給しています。

gyom-tane1.jpggyom-ikusyu2.jpggyom-ikusyu1.jpg

路網の整備
 林道は林産物の搬出をはじめ、多くの事業を効率的に実行するために大切な役割を果たしています。

 gyom-rindou3.jpggyom-rindou1.jpggyom-rindou2.jpg

◇国土保全

治山
 森林の持つ国土保全や水源かん養などの機能の維持向上を図るため荒廃森林の復旧、土砂の流出防止、水源林の造成などに努めます。

gyom-tisann1.jpggyom-tisann2.jpggyom-tisann3.jpg

back-blue.gif

カテゴリー

page top