スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  馬文化ひだか-ひだか博士の馬文化教室-馬の一生


最終更新日:2006年2月18日(土)


馬文化ひだか-ひだか博士の馬文化教室-馬の一生


馬文化ひだか
馬用語検索コーナー サイトマップ
馬文化メニュー HOME
馬を知る
馬を学ぶ
馬を楽しむ
ひだか博士の馬文化教室
1時限目:馬の種類
2時限目:馬の体
3時限目:馬の一生
4時限目:馬の一日
5時限目:馬と北海道
6時限目:馬と日高
7時限目:牧場に行こう
8時限目:馬とふれあおう
ページトップへ
キッズコーナー  ひだか博士の馬文化教室
馬の一生 馬は何歳から大人なのかな?

馬の体(3) ひだか博士の馬文化教室トップへ戻る
馬の一生
馬の赤ちゃんが生まれるのは毎年春のこと。生まれたばかりの仔馬でも体重50キロくらいあるんだ。人間の赤ちゃんは自分で立てるようになるまで1年以上かかるけど、馬の赤ちゃんは生まれて30~90分で立ち上がるからすごいよね。馬はすぐに大きくなり、生後1カ月ほどで100キロくらいにまで成長するんだ。ここで、馬の年齢を人間の年齢に当てはめる方法について考えてみよう。単純に馬の年齢を4倍すると人間の歳になる、という説もあるけど、ひだか博士オリジナルの年齢換算式をご紹介しよう。馬は3歳までの成長スピードが特に早いから、馬の1歳・2歳・3歳をそれぞれ人間の6歳・12歳・17歳とする。これを基準に、4歳以上の馬については1年につき3倍したものを足していく。この式で計算すると、競走馬の平均寿命は25歳だから、人間でいうと83歳くらいになるんだ。ではここで問題。シンザンという名馬は36歳まで長生きしたんだけど、人間でいうと何歳まで生きたことになるのかな?
4歳以上の馬の年齢換算式
関連サイトリンク

畜産zoo鑑[馬]
http://zookan.lin.gr.jp/


 このサイトについてお問い合わせ Copyright(c)2004 Hidaka Subprefectural Office Hokkaido Goverment. All Right Reserved.