スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  馬文化ひだか-ひだか博士の馬文化教室-馬の種類-馬にはどんな種類があるのかな?


最終更新日:2006年2月18日(土)


馬文化ひだか-ひだか博士の馬文化教室-馬の種類-馬にはどんな種類があるのかな?


馬文化ひだか
馬用語検索コーナー サイトマップ
馬文化メニュー HOME
馬を知る
馬を学ぶ
馬を楽しむ
ひだか博士の馬文化教室
1時限目:馬の種類
2時限目:馬の体
3時限目:馬の一生
4時限目:馬の一日
5時限目:馬と北海道
6時限目:馬と日高
7時限目:牧場に行こう
8時限目:馬とふれあおう
ページトップへ
キッズコーナー  ひだか博士の馬文化教室
馬の種類 馬はどんな仲間がいるかな?

馬の種類3 ひだか博士の馬文化教室トップへ戻る
馬の先祖ってどんな種類があるかな?
<馬の種類2へ 3/3ページ 馬の種類1へ>

馬には数多くの種類がある。専門的には200以上の分類法があるんだけど、日本では馬の種類を「軽種」「重種」「中間種」「在来種」の4つに大きく分けているんだよ。


◎軽種(けいしゅ)
体型がスマートで、スピードを目的とする馬。主に競馬や乗馬に使用されている。体重は400~500キロくらい。
品種/サラブレッド、アラブ、アングロアラブなど

◎重種(じゅうしゅ)
スピードはないけど、パワーのある馬。畑を耕したり、荷馬車を引くような力仕事に多く使われる。体重は800キロから1トンを超えるものもある。
品種/ペルシュロン、シャイヤー、ブルトンなど

◎中間種(ちゅうかんしゅ)
軽種と重種の混血種。軽い馬車を引いたり、馬術や乗馬には最適の馬だよ。

◎在来種(ざいらいしゅ)
古くから日本にいた馬。その数が減っていて、各地で保護されているんだ。
品種/北海道和種(ドサンコ)、木曽馬、対州馬など

上の4種類の他に、品種としては認められていないけど、大人になっても体高(身長)が147cm以下の馬を「ポニー」と呼んでいるんだよ。

重種・軽種・ポニーの体格比較図
<馬の種類2へ 3/3ページ 馬の種類1へ>
関連サイトリンク

畜産zoo鑑[馬]
http://zookan.lin.gr.jp/


 このサイトについてお問い合わせ Copyright(c)2004 Hidaka Subprefectural Office Hokkaido Goverment. All Right Reserved.