スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  馬文化ひだか:馬を楽しむ:日高路の馬:乗馬体験スポット:障害者乗馬について


最終更新日:2006年2月18日(土)


馬文化ひだか:馬を楽しむ:日高路の馬:乗馬体験スポット:障害者乗馬について


馬文化ひだか
馬用語検索コーナー サイトマップ
馬文化メニュー HOME
馬を知る
馬を学ぶ
馬を楽しむ
日高路の馬
競馬の楽しみ
ホースシューズ入門
馬と生きる日々
日高馬コラム
ひだか博士の馬文化教室
ページトップへ
障害者乗馬について
障害者乗馬について 乗馬体験スポットへ戻る▲

身障者の機能回復や精神面での安定に効果があるといわれるアニマルセラピー。
中でも乗馬は古くから定着した療育法のひとつで、馬に直接触れ、その温もりや世話などを通してリハビリに生かすというもの。
日高管内にはこうしたホースセラピー施設やそのインストラクター養成施設も多い。

乗馬療育とは

欧米では、古くから効果的なリハビリテーションの一環として位置づけ、社会参加の手段として行われている乗馬療育。日本でも障害者乗馬は広く行われるようになってきた。
馬に乗ることにはバランスや協調動作の学習といった身体的効果がある。また、馬の世話を通して自立心や協調性が養われるといった精神的効果もあるといわれている。
日高管内には競走馬の生産地として長年培われたノウハウを生かし、乗馬療育に取り組む施設が多く、また乗馬施設の中にも身障者乗馬を受け入れている施設が少なくない。

障害者関連施設

浦河わらしべ園 浦河わらしべ園
乗馬はもちろん、馬房のそうじやエサ作り、馬の手入れなど、馬とのふれあいを通して、 身体的、精神的な面の向上を目指している。

所/浦河町西舎 124の1
電話/01462-8-1801
関連サイト/http://www.jyohba-ryoiku.or.jp/

日本乗馬療育インストラクター養成学校 日本乗馬療育インストラクター養成学校
乗馬療育に関わるインストラクターの養成とその療育法の普及を図ることを目的に開校した、 日本唯一のホースセラピスト養成学校。

所/浦河町西舎 120の2
電話/01462-4-8221

関連サイトリンク
日本障害者乗馬協会(JRAD)
http://www.jrad.jp/p00.html

全日本障害者乗馬協議会(ANTRA)
http://www5f.biglobe.ne.jp/~u-t/ANTRA.index.html

RDA障害者乗馬
http://www.rdajapan.com/
 このサイトについてお問い合わせ Copyright(c)2004 Hidaka Subprefectural Office Hokkaido Goverment. All Right Reserved.