スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  馬文化ひだか:馬を学ぶ:馬の雑学:馬具から始まった高級ブランド


最終更新日:2006年2月18日(土)


馬文化ひだか:馬を学ぶ:馬の雑学:馬具から始まった高級ブランド


馬文化ひだか
馬用語検索コーナー サイトマップ
馬文化メニュー HOME
馬を知る
馬を学ぶ
馬の生物学(生態/品種等)
馬の経済学(馬産地の経済)
馬の民俗学(信仰/馬具等)
馬の雑学(豆知識大集合)
馬を楽しむ
ひだか博士の馬文化教室
馬具から始まった高級ブランド
馬具から始まった高級ブランド 馬の雑学へ戻る▲
10/10ページ 馬で一般道は走れるかへ

世界的な高級ブランド「エルメス」や「グッチ」が、もともと馬具メーカーからスタートしたというのは有名な話。

例えばエルメスの創業は1837年、馬車全盛時代のパリのこと。富裕層を主な顧客として、優秀な品質でヨーロッパの一流馬具専門店として成長した。
その後自動車の時代を迎えて馬具の需要が激減したため、高度な革製品の技術を活かし、1903年に婦人用の財布や鞄の製造を開始したのである。
ちなみに現在でもエルメスでは馬具を製造しており、日本でも購入可能だ。

ところで皮革製品といえば、ヨーロッパの高級ブランド品の独壇場と思われがちだが、北海道にも上質の革製品を造るメーカーがある。
乗馬や競馬などの馬具と、バック・鞄類を手がけるソメスサドル(砂川市)である。こちらも北海道発のブランドとして注目したいところだ。そもそも「ブランド」とは、牧場で牛馬や馬具に押された焼印のことなのだから。
日本にもいる「騎馬警官」へ 10/10ページ 馬で一般道は走れるかへ
 このサイトについてお問い合わせ Copyright(c)2004 Hidaka Subprefectural Office Hokkaido Goverment. All Right Reserved.