スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  馬文化ひだか:馬を学ぶ:馬の雑学:ラバは一代きりの命


最終更新日:2006年2月18日(土)


馬文化ひだか:馬を学ぶ:馬の雑学:ラバは一代きりの命


馬文化ひだか
馬用語検索コーナー サイトマップ
馬文化メニュー HOME
馬を知る
馬を学ぶ
馬の生物学(生態/品種等)
馬の経済学(馬産地の経済)
馬の民俗学(信仰/馬具等)
馬の雑学(豆知識大集合)
馬を楽しむ
ひだか博士の馬文化教室
ラバは一代きりの命
ラバは一代きりの命 馬の雑学へ戻る▲
6/10ページ 馬は水泳上手へ

雄のロバと雌の馬の間に生まれた子供を「ラバ(騾馬)」という。
「体が大きく学習能力に優れる」という馬の長所と、「病気に強く従順」というロバの長所を上手に引き継ぐ優秀な品種だが、それではラバの子供は何と呼ばれるのであろうか。

結論から言うと、ラバに子供が生まれることはまったくと言っていいほどない。ラバの雄には子孫を作る能力がほとんど無く、雌の方もわずかな例外を除いて同様に不妊の動物なのである。

ラバとは逆の組み合わせ、馬を父親、ロバを母親として生まれたものを「ヒニー」と呼ぶ。ヒニーには繁殖能力があるが、ラバとは逆に体が小さく病気にも弱いためほとんど生産されることはない。
幸福を呼ぶ「左馬」へ 6/10ページ 馬は水泳上手へ
 このサイトについてお問い合わせ Copyright(c)2004 Hidaka Subprefectural Office Hokkaido Goverment. All Right Reserved.