スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  馬文化ひだか:馬を学ぶ:馬の雑学:馬で一般道は走れるか?


最終更新日:2006年2月18日(土)


馬文化ひだか:馬を学ぶ:馬の雑学:馬で一般道は走れるか?


馬文化ひだか
馬用語検索コーナー サイトマップ
馬文化メニュー HOME
馬を知る
馬を学ぶ
馬の生物学(生態/品種等)
馬の経済学(馬産地の経済)
馬の民俗学(信仰/馬具等)
馬の雑学(豆知識大集合)
馬を楽しむ
ひだか博士の馬文化教室
馬で一般道は走れるか
馬で一般道は走れるか 馬の雑学へ戻る▲
1/10ページ 野次馬ってどんな馬?へ

人類の歴史上、最古の乗物ともいえるのが馬。現在の日本でも、馬は軽車両のひとつとされている。

道路交通法によると、軽車両とは「自転車、荷車その他人若しくは動物の力により、又は他の車両に牽引され、かつ、レールによらないで運転する車(そり及び牛馬を含む)であつて、身体障害者用の車いす及び小児用の車以外のものをいう」とあり、法律的には、馬は車両の一種として認められているのである。

とはいえ、軽車両ということで歩道は走れないので車道を左側通行しなければならない。馬は臆病な動物だから、すぐ側を通る自動車に驚くのはある意味当然のことであり、これに慣れさせるのは一苦労かもしれない。また、蹄鉄はアスファルトではかなり滑りやすく歩きにくいという。現代の一般道を馬でゆくのはなかなか大変なようだ。
馬具から始まった高級ブランドへ 1/10ページ 野次馬ってどんな馬?へ
 このサイトについてお問い合わせ Copyright(c)2004 Hidaka Subprefectural Office Hokkaido Goverment. All Right Reserved.