スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  馬文化ひだか:馬を学ぶ:馬の民俗学:馬信仰


最終更新日:2006年2月18日(土)


馬文化ひだか:馬を学ぶ:馬の民俗学:馬信仰


馬文化ひだか
馬用語検索コーナー サイトマップ
馬文化メニュー HOME
馬を知る
馬を学ぶ
馬の生物学(生態/品種等)
馬の経済学(馬産地の経済)
馬の民俗学(信仰/馬具等)
馬の雑学(豆知識大集合)
馬を楽しむ
ひだか博士の馬文化教室
ページトップへ
馬信仰
馬信仰 馬の民俗学へ戻る▲

朝鮮半島から日本に馬が入ってきたのは、3世紀頃とされている。すぐに馬は軍事的に必要不可欠なものとなり、また神の乗り物として、祭りなどに欠かせないものとなっていった。
平安時代から、願いを叶えるために、神の乗り物である「生きた」馬を奉納することが行われ始め、しだいに奉納するものが板に馬の絵を描いたものに変化していった。これが絵馬である。
室町時代末期から盛んに行われるようになり、江戸中期には庶民の願いを叶えるための習わしとして、日本各地に広まっていった。

絵馬には、その時代の権力者によって作られ奉納された大絵馬と、庶民が奉納した小絵馬がある。
前者は高名な絵師によるものが多く、後者は絵馬屋と呼ばれた職人絵師によって作られた。地方により、また時代により様々な絵馬が作られ、「民画」として美術的に優れたものも残されている。この絵馬の風習は、現代まで引き継がれ、私達に最も近しい馬と宗教との関わりとなっている。
南部小絵馬「分髪見返繁馬図」/宝永6年(1709年 青森県七戸町提供)
南部小絵馬「分髪見返繁馬図」/宝永6年(1709年) (青森県七戸町提供)

<参考資料:杉山享司 「『民画』に描かれたウマ 絵馬」 ホースメイトvol.20掲載>
 このサイトについてお問い合わせ Copyright(c)2004 Hidaka Subprefectural Office Hokkaido Goverment. All Right Reserved.