スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  馬文化ひだか:馬を学ぶ:馬の経済学:馬と地域経済


最終更新日:2006年2月18日(土)


馬文化ひだか:馬を学ぶ:馬の経済学:馬と地域経済


馬文化ひだか
馬用語検索コーナー サイトマップ
馬文化メニュー HOME
馬を知る
馬を学ぶ
馬の生物学(生態/品種等)
馬の経済学(馬産地の経済)
馬の民俗学(信仰/馬具等)
馬の雑学(豆知識大集合)
馬を楽しむ
ひだか博士の馬文化教室
馬と地域経済
馬と地域経済 馬の経済学へ戻る▲

競走馬生産は、生産、育成、流通、消費(競走馬)という各段階で様々な関連産業と経済関係を持つことで成立している。それらは生産地周辺に集積し、馬産地帯を形成する。競馬先進国でも、イギリスのニューマーケット、フランスのシャンツェ、アイルランドのダブリン、アメリカのケンタッキーなどの競走馬集積地がある。日本の場合は、北海道日高地方が最大の馬産地であり、集積の度合いは他の先進国を凌いでいる。

競走馬地域には、獣医、装蹄、馬輸送、馬具、飼料、保険等の狭義の関連産業、建設、飲食、ホテル・観光、運送等広義の関連産業が集積している。

また、競走馬にはさまざまな関連団体がある。競走馬専門団体(日本軽種馬協会、日本軽種馬登録協会、装蹄師会、育成公社、競走馬育成協会、日本競走馬協会等)、農業団体(専門農協、総合農協、農業改良普及センタ-、共済組合、振興会等)、それに民間の競走馬関連商社、金融機関、損害保険会社や関連産業組織等々が存在する。また、競馬マスコミ、情報産業も加わる。当然ながら農水省や自治体も競馬や競走馬生産の監督・指導や補助・援助をしている。
 このサイトについてお問い合わせ Copyright(c)2004 Hidaka Subprefectural Office Hokkaido Goverment. All Right Reserved.