スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  馬文化ひだか:馬を学ぶ:馬の生物学:馬とその仲間


最終更新日:2006年2月18日(土)


馬文化ひだか:馬を学ぶ:馬の生物学:馬とその仲間


馬文化ひだか
馬用語検索コーナー サイトマップ
馬文化メニュー HOME
馬を知る
馬を学ぶ
馬の生物学(生態/品種等)
馬の経済学(馬産地の経済)
馬の民俗学(信仰/馬具等)
馬の雑学(豆知識大集合)
馬を楽しむ
ひだか博士の馬文化教室
馬とその仲間
馬とその仲間 馬の生物学へ戻る▲

馬は奇蹄類目・馬科・馬属に属する。奇蹄類目とはその名の通り、蹄(ヒヅメ)の割れ方が奇数となるもので、バクやサイが挙げられる。馬科は現代の馬属のほか、馬の祖先の古代馬たち(エオヒップスなど)を含む。

ロバ
ロバ
現代の馬属(Equus)には、いわゆる馬(E.caballus)のほか、ロバやオナガーなどの家畜化されている、または家畜化された歴史をもつ動物と、3種のシマウマ(バーチェルシマウマ、グレヴィーシマウマ、ヤマシマウマ)を含む。
ラバ
ラバ
馬(E.caballus)は家畜化されたイエウマとノウマ(プルツワルスキーウマ、モウコノウマ)がある。
シマウマと馬、ロバと馬の間の種間交雑は可能で、後者はラバもしくはヒニーとして生産されてきた。
 このサイトについてお問い合わせ Copyright(c)2004 Hidaka Subprefectural Office Hokkaido Goverment. All Right Reserved.