スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  馬文化ひだか:馬を知る:馬の北海道史:北海道の開拓と馬:軽種馬の導入


最終更新日:2006年2月18日(土)


馬文化ひだか:馬を知る:馬の北海道史:北海道の開拓と馬:軽種馬の導入


馬文化ひだか
馬用語検索コーナー サイトマップ
馬文化メニュー HOME
馬を知る
馬と人間の歴史(主に日本史)
馬の北海道史(開拓/産業振興)
馬の日高史(馬産地への道)
馬を学ぶ
馬を楽しむ
ひだか博士の馬文化教室
ページトップへ
北海道の開拓と馬
北海道の開拓と馬2 軽種馬の導入 馬の北海道史に戻る▲
2/2ページ 北海道の開拓と馬1へ

サラブレッドやアングロアラブの軽種馬は当初は乗用馬の品種改良のために導入されたが、大正12年(1923年)の競馬法制定によって馬券発売を伴う競馬が認められたことが契機となって、軽種馬の生産も拡大したようである。もちろん、そこには軍馬改良という政策的目的があったことも見逃すことはできない。軍馬の改良方針はアングロノルマン種やハクニー種などの中間種が主体ではあったが、軍馬として数が必要なのは駄載用や輓曳用の馬であった。軽種馬は乗馬用としての利用が主体となるので、輓馬や駄馬に比べるとその絶対数は少なかったようである。

東京競馬会による近代競馬
東京競馬場で開催の第12回ダービー(昭和18年) (JRA提供)
軽種馬生産に大きな影響を与えた競馬であるが、馬産振興を目的とした近代競馬は、現在JRAのG1競走・安田記念にその名を残している安田伊左衛門らが明治39年(1905年)に設立した東京競馬会によって、翌年秋に開催されたのが最初である。しかしながら、明治41年(1908年)には馬券発売が禁止される。馬券の発売は禁止されたが馬券の禁止とともに競馬規程が公布され、競馬会に対して国が開催を補助する仕組みがつくられた。明治43年(1910年)の競馬規程改正にともなって、各地の産牛馬組合が競馬を開催することが認められた。これが地方競馬である。地方競馬は大正4年(1915年)以降は畜産組合が主催することとなった。

2/2ページ 北海道の開拓と馬1へ
 このサイトについてお問い合わせ Copyright(c)2004 Hidaka Subprefectural Office Hokkaido Goverment. All Right Reserved.