スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  馬文化ひだか:馬を知る:馬の北海道史:北海道の開拓と馬:重種馬の導入


最終更新日:2006年2月18日(土)


馬文化ひだか:馬を知る:馬の北海道史:北海道の開拓と馬:重種馬の導入


馬文化ひだか
馬用語検索コーナー サイトマップ
馬文化メニュー HOME
馬を知る
馬と人間の歴史(主に日本史)
馬の北海道史(開拓/産業振興)
馬の日高史(馬産地への道)
馬を学ぶ
馬を楽しむ
ひだか博士の馬文化教室
ページトップへ
北海道の開拓と馬
北海道の開拓と馬1 重種馬の導入 馬の北海道史に戻る▲
1/2ページ 北海道の開拓と馬2へ

七重開墾場
七重開墾場/明治10年(1877年)頃
(北海道大学付属図書館提供)
北海道に独立政権を樹立しようとした榎本武揚は、明治2年(1869年)に七重村(現在の七飯町)の土地約300万坪をドイツ商人ガルトネルに賃借した。ガルトネルはここでヨーロッパ式の農園を開いたのだが、これがわが国でプラウが使われた最初であるとされている。明治3年(1870年)、政府はガルトネルから農場を回収し、新たに開拓使の七重開墾場を開設した。

馬を利用したプラウ農耕は北海道の農業開拓に大きな役割を果たした。明治19年(1886年)、開拓使に替わる北海道庁が設置されたのと同時に、真駒内に北海道種畜場が開設された。翌明治20年(1887年)には、乗用馬としてのトロッター種、農用馬としてのペルシュロン種が奨励種に指定されている。ちなみにエドウィン・ダンが北海道で活躍したのもこの頃のことである。その後、和種とトロッター種ペルシュロン種の交雑種である農トロが生産され、北海道開拓に大きな役割を果たした。

北海道種畜場
北海道(真駒内)種畜場/明治20年(1887年)頃
(北海道大学付属図書館提供)
プラウやハローを基軸とした畜力農機具体系の確立によって、農家では輓曳力に優れたペルシュロン系の重種馬が好まれたが、馬政局を中心とした軍馬の改良方針はアングロノルマン種やハクニー種などの中間種が主体であったため、農用馬の需要と軍馬の需要とは一致しなかったようである。

1/2ページ 北海道の開拓と馬2へ
 このサイトについてお問い合わせ Copyright(c)2004 Hidaka Subprefectural Office Hokkaido Goverment. All Right Reserved.