スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  馬文化ひだか:日本の在来種本の在来馬北海道和種について


最終更新日:2012年6月18日(月)


馬文化ひだか:日本の在来種本の在来馬北海道和種について


日本の在来馬 北海道和種について [閉じる]
北海道和種 江戸時代、北海道への漁業出稼ぎに使役された南部馬が冬期間放置され、北海道の風土に適合した品種として確立したのが北海道和種である。 体高130センチ程度で体重も350~400キロと小型であるが、1頭あたり113キロ(30貫)から226キロ(60貫)の荷物を駄載することができる。