スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  馬文化ひだか:馬を知る:馬と人間の歴史:明治維新から現代


最終更新日:2006年2月18日(土)


馬文化ひだか:馬を知る:馬と人間の歴史:明治維新から現代


馬文化ひだか
馬用語検索コーナー サイトマップ
馬文化メニュー HOME
馬を知る
馬と人間の歴史(主に日本史)
馬の北海道史(開拓/産業振興)
馬の日高史(馬産地への道)
馬を学ぶ
馬を楽しむ
ひだか博士の馬文化教室
ページトップへ
日本における馬の歴史
日本における馬の歴史3明治維新から現代 馬と人間の歴史に戻る▲
3/3ページ  日本における馬の歴史1へ

幕末期、幕府の軍事指導に当たっていたフランスからアラブ種の馬が寄贈された。日本軍馬の改良のためだったようだが、その意図が伝わらなかったのか、幕府陸軍の軍馬改良に使用されることはなかった。

馬耕
馬耕/明治末期から大正初期 (北海道大学付属図書館提供)
1900年の北清事変や1904年の日露戦争で欧米にくらべ日本の軍馬が貧弱なことを認識した政府は馬政局を設置、第1次馬政計画を策定して馬匹改良に取り組むことになった。洋種の種牡馬導入に加え、去勢の強制や種牡馬の国家管理によって強力に馬匹改良が推し進められたが、このことにより在来馬は激減する。

民間での馬匹改良もおこなわれた。神八三郎を中心とする釧路畜産組合ではペリシュロン種とアングロノルマン種を交配した小格重輓馬である日本釧路種(1932年発表)や奏上釧路種(1938年発表)などの品種を創出した。

明治から昭和初期まで、馬の用途は農耕が主であった。例えば1932年の飼養総数は154万頭で、うち約113万頭が農耕用、30万頭が馬車用である。明治期になると乾田馬耕(いわゆる明治農法)が発達し、耕耘に加えて厩肥の生産も農耕馬の重要な役割となった。

馬力
馬力(荷車)/昭和初期
(北海道馬産史編集委員会『蹄跡』より)
一方、輸送手段としての馬も重要となっていく。馬力と称された荷車は主要な運送手段であり、鉱山・森林作業、鉄道馬車などあらゆるところで動力源として活用されていた。大都市では鉄道ターミナルに隣接して馬力業者が集積するなど、トラック輸送と馬力輸送の併存がながらく続いた。
モータリゼーションの普及により、1950年代には馬力輸送はトラックにほぼ代替した。さらに小型耕耘機の開発などによって農耕馬の利用もほとんどみられなくなったが、山林作業などの特殊な用途においてはその後も馬の利用は続いた。

日本における馬の歴史2へ 3/3ページ 日本における馬の歴史1へ
 このサイトについてお問い合わせ Copyright(c)2004 Hidaka Subprefectural Office Hokkaido Goverment. All Right Reserved.