スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  2.観光資源調査(沿道景観)


最終更新日:2006年2月18日(土)


2.観光資源調査(沿道景観)


日高の「沿道景観」

日高の自然景観日高の牧場・農場風景日高の観光施設日高の沿道景観日高の産業風景日高の特産品・食日高の歴史・文化
平取町の沿道景観門別・日高(日高町)の沿道景観新冠町の沿道景観静内・三石(新ひだか町)の沿道景観浦河町の沿道景観様似町の沿道景観えりも町の沿道景観

平取町(ページの先頭に戻る↑)
サイロと崖山 国道237号線からのぞむ日高山脈 作民家作成の氷爆
崖山(ガケヤマ)の風景:平取町と日高町の町境付近ではそそりたった崖山をみることができる。
(撮影地点:平取町岩知志・冬)
国道237号線からのぞむ日高山脈:国道237号線沿線(振内展望坂)は、日高山脈が綺麗にみえる絶好のポイント。幌尻岳・戸蔦別岳などの日高山脈を代表する山々をのぞむことができる。
(撮影地点:平取町振内・冬)
作成中の氷爆(ヒョウバク):国道237号線沿いの民家の方が作成中の氷爆。毎年1ヶ月程度の手間をかけてつくりあげる。
(撮影地点:平取町振内・冬)
芽生小学校跡地 平取静内線の風景 紫雲古津の牧草地
芽生(メム)小学校跡地周辺の風景:道道芽生貫気別線沿線にある芽生小学校跡地周辺の風景。
(撮影地点:平取町芽生・冬)
平取静内線の風景:牧草地の広がる平取町旭では貫気別山とリビラ山を綺麗にみることができる。
(撮影地点:平取町旭・冬)
紫雲古津(シウンコツ)周辺の農道風景:紫雲古津周辺の農道沿線では牧草地が広がる。牧草地にある林の中にはキツツキなどの鳥が訪れる。
(撮影地点:平取町紫雲古津・秋)
門別・日高(日高町)(ページの先頭に戻る↑)
初冬の千栄 日高市街から見たスキー場 晩秋の日勝峠
千栄(チサカ)の朝:チロロ岳に続く道沿い(千栄)でみられる初冬の朝の風景。11月中旬には田畑にうっすらと雪がかむり始める。
(撮影地点:日高町千栄・冬)
日高中学校までの坂の風景:日高神社から日高中学校へあがる坂からみえる風景。桜並木があり、日高国際スキー場が目の前にみえる。観光客などで賑わう国道274号線と237号線の交差点の近くにある。
(撮影地点:日高町宮下町・冬)
パンケの林道風景:国道274号線からパンケウシャップ川沿いを走る林道でみられる風景。国道沿いではみられない日勝峠をのぞむことが出来る。
(撮影地点:日高町バンケウシャップ・秋)
国道237号線からのスキー場展望 岩内不動の滝 沙流川の紅葉
国道237号線からの風景:周辺には畑が広がり、日高国際スキー場が綺麗にみられる場所。
(撮影地点:日高町日高・冬)
岩内不動(イワナイフドウ)の滝:天女が舞い降りたと伝えられる 「岩内不動の滝」国道237号線沿いに位置する。滝の横の洞窟に不動尊像が安置されている。閑山寺を開創した定賢和尚が、夢の中で、天女が羽衣を下げたような滝の下に座っている不動尊の姿をみた。おそらくお告げであろうとして富山県の名工に不動尊像を彫ってもらい祀るようになったという。現在の像は、昭和28年(1953年)に建立されたもの。
(撮影地点:日高町三岩・秋)
沙流川(サルガワ)の紅葉風景:国道237号線に架かる景勝橋でみられる沙流川の紅葉風景。
(撮影地点:日高町三岩・秋)
黄金橋 日濃橋からの風景 竜門橋周辺の雪景色
黄金橋(コガネバシ)の風景:沙流川に架かる黄金橋からみられる冬景色。赤いアーチ橋が国道237号線から目をひく。黄金橋では、夏季に北海道アウトドアアドベンチャーズ(HOA)がブリッジスウィングのアクテビティーを提供している。綺麗な沙流川で高さ20mのスリルを楽しめる。
(撮影地点:日高町三岩・冬)
日濃橋(ニチノウバシ)からの風景:町道日濃線にある日濃橋からの冬景色。沙流川に架かる黄金橋や三岩周辺を見渡せる場所。
(撮影地点:日高町三岩・冬)
竜門橋(リュウモンバシ)周辺の風景:町道日濃線からみた竜門橋付近の冬景色。竜門橋は日高町と平取町の町境に位置する。
(撮影地点:日高町三岩・冬)
幾千世の冬景色 緑の福満青い空 門別燈台
町道幾千世(チョウドウイクチセ)2号線の風景:幾千世の中心部のある町道から一本山側に上がったところにある両側が開けた道路。のんびりと畑や牛たちを眺めることが出来る。
(撮影地点:門別町幾千世・冬)
福満(フクミツ)の風景:福満の牧草地や放牧地を見まわせる駐車場がある。
(撮影地点:門別町福満・秋)
門別燈台(モンベツトウダイ)の風景:門別港の安全を見守り続けた灯台。灯台の建物は全体をタイルで張られたつくりになっている。
(撮影地点:門別町本町・秋)
アップダウンの続くカントリーヒル 日高本線厚別川鉄道橋
カントリーヒルの風景:約3kmのアップダウンの続く直線道路。軽種馬・酪農・飼料畑・牧草地などが続いている。中でも酪農家が多く、ホルスタイン種の姿を多く見られる。
(撮影地点:門別町緑町・冬)
厚別川(アツベツガワ)鉄道橋の風景:厚別川河口に架かる、夕暮れの厚別川鉄道橋。夕日の中を走る日高本線。
(撮影地点:門別町厚賀町・冬)
新冠町(ページの先頭に戻る↑)
大狩部御野立所公園からの夕日 節婦漁港 牧草地のトラクター
大狩部御野立所(オオカリベオノタテショ)公園からの風景:明治44年大正天皇が御料牧場に行く際、立ち寄って休憩した事を記念して立てられた公園。公園内に大正天皇が立ち寄った記念碑と、海馬の供養碑がある。
(撮影地点:新冠町大狩部・冬)
節婦(セップ)漁港の風景:かつては新冠町本町よりも人口がいた時期があった節婦地区の漁港。
(撮影地点:新冠町節婦町・冬)
太陽~里平(タイヨウ~リビラ)線の風景:太陽~里平に向かう途中にある広い牧草地。
(撮影地点:新冠町太陽・秋)
明和ビッグレッドファームの風景 新冠飛行場
明和(メイワ)の風景:ビッグレッドファーム坂路奥の放牧地を見た風景。高台には名馬ハイセイコーのお墓がある。
(撮影地点:新冠町明和・秋)
新冠飛行場の風景:新栄の奥にある飛行場。道道71号線に入り口の看板がある。
(撮影地点:新冠町明和・秋)
静内・三石(新ひだか町)(ページの先頭に戻る↑)
双川橋 静内の海岸からの夕焼け 清水丘から見下ろす静内市街
双川(フタガワ)橋からの風景:シュンベツ川と静内川の合流点付近に架かる双川橋からの風景。シュンベツ川と山を望める。
(撮影地点:静内町農屋・冬)
海岸からの風景:国道235号線から静内漁港に続く道路からは、海に沈む夕日をみることができる。
(撮影地点:静内町真歌・冬)
静内市街地の風景:静内町清水丘の高台からは市街地・海・牧場・農場風景・山並みが一望できる。
(撮影地点:静内町清水丘・冬)
西川の冬景色 双川ダム 真歌の高台からの風景
西川(ニシカワ)の風景:道道静内浦河線からみる静内町西川の冬の風景。
(撮影地点:静内町西川・冬)
双川(フタガワ)ダム周辺の風景:静内ダム下流側にある双川ダムは、道道静内中札内線からみることができる。左岸側の削られた崖は圧巻。
(撮影地点:静内町農屋・冬)
真歌(マウタ)の風景:軽種馬牧場の続く道路沿いからは、太平洋・日高山脈がきれいに見える。山側に向かう時と海側に向かう時にみえる風景を比べてみるのもおもしろい。
(撮影地点:静内町真歌・冬)
三石町街灯 日高本線三石橋 秋の蓬莱山
三石町街灯:馬とコンブをデザインした街灯。
(撮影地点:三石町越海町・冬)
三石橋からの風景:三石川に架かる三石橋からJR日高線を走る汽車を望める。
(撮影地点:三石町東蓬莱・冬)
蓬莱山(ホウライサン)公園付近の風景:蓬莱山公園下流にある蓬莱新橋から三石川を挟んで対置する蓬莱山と女蓬莱山を同時に望める。
(撮影地点:三石町東蓬莱・秋)
三石山円昌寺 馬の目の前を日高本線が走る 稲見橋から見た牧場風景
三石山円昌寺(エンショウジ)周辺の風景:昭和三石町農業協同組合が建立した獣魂碑が円昌寺裏にあり、周辺は牧場風景が広がっている。
(撮影地点:三石町本桐・秋)
和寒別(ワカンベツ)踏切周辺の風景:美野和ではJR日高本線が放牧地沿いを走る。
(撮影地点:三石町美野和・冬)
稲見(イナミ)橋周辺の風景:鳧舞川に架かる稲見橋から牧場風景と日高山脈を望める。
(撮影地点:三石町稲見・冬)
三石ダム
三石ダムの風景:山に囲まれた三石ダムの冬景色。道道美河三石停車場線から林道に入り、三石ダムに行く途中にバットの森といわれるアオダモの林を見ることができる。
(撮影地点:三石町美河・秋)
浦河町(ページの先頭に戻る↑)
井寒台森林公園から秋の空 野深から見た日高山脈神威岳 エゾシカ角の不思議なオブジェ
井寒台(イカンタイ)森林公園入り口周辺の風景:静内浦河線から井寒台森林公園に入ると、展望台に行く途中で日高山脈を望める。
(撮影地点:浦河町向丘西・秋)
野深荻伏(ノブカオギフシ)停車場線からの風景:神威岳に向かう道道野深荻伏停車場線から日高山脈を望める。
(撮影地点:浦河町野深・秋)
小絵笛(コエブエ)川沿いのおうち:小絵笛川沿いの林道小絵笛線にあるお宅。敷地内には、手作りの風車や動物のオブジェなどがあり不思議な雰囲気をかもし出す。
(撮影地点:浦河町上絵笛・冬)
イカつり漁船の漁火 天馬街道の翠明橋
イカつり漁船の漁火:夏から秋にかけて日高沿岸で見られるイカつり漁船の漁火。国道235号線からもみることができる。
(撮影地点:浦河町荻伏町・秋)
林道からの風景:日高と十勝を結ぶ国道236号線(天馬街道)の翠明橋公園の手前にある林道を入っていくと翠明橋を横から見ることができ、その奥に日高山脈を望める。
(撮影地点:浦河町上杵臼・秋)
様似町(ページの先頭に戻る↑)
鵜苫漁港 様似漁港のカモメ 様似の海岸に沈む夕日
鵜苫(ウトマ)漁港の風景:様似町の西の端に位置し、底曵網・サケ定置網・鰈刺網・蛸函縄・いか釣・つぶ篭・たら刺網などの漁が行われている。
(撮影地点:様似町鵜苫・秋)
様似漁港の風景:西側にソビラ岩、南にエンルム岬を望む、様似町最大の漁港。サケ定置網漁業、鰈刺網、蛸函縄、いか釣、つぶ篭たら刺網、えび篭、かに篭、ほっき桁曵、うに、さけます流網、さんま棒受網 などの漁が行われている。
(撮影地点:様似町港町・秋)
様似の海岸風景:海岸を行く道は平坦で海岸線を行く道を過ぎると、日高耶馬溪のトンネルや岩場が続き変化に飛んだ国道沿いの風景が続く。太平洋を望み、海岸にはシノリガモやオオセグロカモメ、ウミウなどの海鳥も見ることが出来る。
(撮影地点:様似町平宇・秋)
冬島漁港 山中第2トンネル
冬島(フユシマ)漁港の風景:サケやタコ、ハタハタなどが水揚げされる。
(撮影地点:様似町冬島・秋)
山中第2トンネル:海岸線に日高耶馬溪の岩礁を望める。
(撮影地点:様似町幌満・冬)
えりも町(ページの先頭に戻る↑)
歌別漁港 えりも国有林 追分峠
歌別(ウタベツ)漁港の風景:昆布、サケの水揚げなどが行われている。釣り人にはサケ釣りポイントとして人気がある。
(撮影地点:えりも町歌別・秋)
えりも国有林の風景:えりも岬は、かつてカシワやハンノキ、ヤナギ等を主体とする広葉樹の原生林が広がっていた。しかし、明治以降燃料や建材の確保のために森林の伐採が急速に進み、その後、綿羊や馬などの放牧によって表土が破壊され、えりも岬特有の強風にさらされて大地は砂漠化が進行した。そんな状況を脱するため、昭和28年浦河営林署の「えりも治山事業」が始まった。平成13年度までにクロマツなどを主体に175haを木本緑化した。現在も森作りが行われ、百人浜で植林体験をすることが出来る。
(撮影地点:えりも町襟裳岬・冬)
追分峠(オイワケトウゲ)の風景:えりも町歌別から、庶野へ向かう国道339号線。牧場、歌別川などがあり、途中に百人浜へ抜けるわき道がある。
(撮影地点:えりも町歌別・冬)
黄金道路の風景
黄金道路(オウゴンドウロ)の風景:襟裳岬から広尾町へ続く海沿いの国道336号線は、難工事で黄金を敷き詰めるほどお金がかかったことから通称「黄金道路」と呼ばれている。好天時には、海岸沿いの美しい岩礁を望める。しかし、断崖絶壁を切り開いたこのルートは、今も崩落や悪天候の時には通行止めとなる危険な箇所もある。
(撮影地点:えりも町庶野・冬)

2.観光資源調査のトップページへ