スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  2.観光資源調査(牧場・農場風景)


最終更新日:2006年2月18日(土)


2.観光資源調査(牧場・農場風景)


日高の「牧場・農場風景」

日高の自然景観日高の牧場・農場風景日高の観光施設日高の沿道景観日高の産業風景日高の特産品・食日高の歴史・文化
平取町の牧場・農場風景門別・日高(日高町)の牧場・農場風景新冠町の牧場・農場風景静内・三石(新ひだか町)の牧場・農場風景浦河町の牧場・農場風景様似町の牧場・農場風景えりも町の牧場・農場風景

平取町(ページの先頭に戻る↑)
白樺と放牧牛 大型の重種馬 アブシの牧場風景
黒毛和牛の放牧風景:沙流川左岸(岩知志地区)の黒毛和牛の冬の放牧風景。
(撮影地点:平取町岩知志・冬)
馬牧場の風景:振内の街中近くで出会った馬たち。
(撮影地点:平取町振内・冬)
アブシの牧場風景:町道貫気別アブシ線にある牧場の冬の風景。額平川沿いで酪農牛・黒毛和牛・ポニーが元気に暮らす。
(撮影地点:平取町貫気別・冬)
黒毛和牛の親子 平取和牛 黒毛和牛の放牧風景
黒毛和牛の放牧風景:道道芽生貫気別線沿線にある肉牛の放牧風景。
(撮影地点:平取町芽生・冬)
平取町営牧場の風景:すずらん群生地に隣接する平取町営牧場の風景。平取牛の放牧風景をみることができる。
(撮影地点:平取町芽生・冬)
黒毛和牛の放牧風景:雪に覆われた放牧地で元気に暮らす黒毛和牛たち。
(撮影地点:平取町旭・冬)
酪農牛とキタキツネ 荷菜の牧草地 馬の放牧
酪農牛の放牧風景:町道旭更生線沿線の冬の酪農牛。画像は牛とキタキツネ。
(撮影地点:平取町旭・冬)
荷菜(ニナ)の牧草地風景:牧草地が広がる秋の風景。夕日が綺麗にみえる場所。
(撮影地点:平取町荷菜・秋)
馬の放牧風景:沙流川沿いの馬の放牧風景。
(撮影地点:平取町本町・秋)
平取和牛
黒毛和牛の放牧風景:平取和牛の秋の放牧風景。
(撮影地点:平取町紫雲古津・秋)
門別・日高(日高町)(ページの先頭に戻る↑)
晩秋の千栄 肉牛牧場の冬 パンケの酪農風景
晩秋の千栄:秋から冬に移り変わる短い期間にみられる千栄の畑の風景。金色と黄緑色のコントラストが鮮やか。
(撮影地点:日高町千栄・秋)
肉牛牧場の冬:黒毛和牛たちの冬の放牧風景。
(撮影地点:日高町千栄・秋)
パンケの酪農風景①:パンケの林道でみられる酪農風景。のどかな牛たちを真近かにみられる。
(撮影地点:日高町日高・秋)
薪の貯蔵 ポニー「日高竜」 沙流川河口の放牧地
パンケの酪農風景②:農場近くで出会った薪の貯蔵
(撮影地点:日高町日高・秋)
竜門牧場(リュウモンボクジョウ)の風景:日高町のポニー「日高竜」がいる牧場。「日高竜」は各地のミニチュアばんばの大会で上位に入り活躍しているという。
(撮影地点:日高町日高・秋)
沙流川(サルガワ)河口放牧地の風景:沙流川左岸側河口河川敷にあるホルスタインの放牧地。
(撮影地点:門別町富川東・秋)
緑の大地と青い空 日没近い放牧地 昔ながらのむろ(自然の貯蔵庫)
庫富(クラトミ)の風景:道道から小道に入った先にある芝畑。濃い緑と青い空が印象的で、周りが林に囲まれているため、静かな場所。
(撮影地点:門別町庫富・秋)
清畠(キヨハタ)の風景:牧草地の真ん中に奇怪な形の木があり、目を引く。
(撮影地点:門別町清畠・秋)
むろ:冬場に野菜や漬物が凍らないように入れておく保存庫。大体の農家には昔からあるもの。
(撮影地点:門別町豊郷・秋)
清畠のダチョウ牧場
清畠(キヨハタ)のダチョウ:軽種馬と隣接して飼育されいるため、一風変わった光景がみられる。
(撮影地点:門別町清畠・冬)
新冠町(ページの先頭に戻る↑)
町道大狩部環状線の風景 放牧地のサイロ 新冠和牛の親子
町道大狩部(オオカリベ)環状線の風景:町道大狩部環状線の厚賀側は河川敷を走る道路になっており、田園と数件の軽種馬牧場がある。台風の被害を受け、大規模な工事が行われているが、田園風景は回復しつつある。
(撮影地点:新冠町大狩部・冬)
太陽(タイヨウ)の風景:牧草地に内にある使われていないサイロと木。道道1071号線平取静内線から少し入った場所。
(撮影地点:新冠町太陽・秋)
新冠和牛の育成風景:将来新冠和牛として出荷される生後2週間の子牛と母牛。
(撮影地点:新冠町若園・秋)
馬と鹿
道営農免農道(ドウエイノウメンノウドウ)村田2期:放牧中の馬の中に入っていったシカの群れと、周辺の風景。
(撮影地点:新冠町万世・秋)
静内・三石(新ひだか町)(ページの先頭に戻る↑)
馬服を着た育成馬達 水田と放牧地 目名の酪農牛
軽種馬牧場の冬の風景:軽種馬牧場の冬の風景。11月頃から防寒対策として「馬着(バチャク)」を身につけている軽種馬の様子が見られる。
(撮影地点:静内町田原・冬)
豊畑(トヨハタ)の秋の風景:豊畑(御園橋上流)では水田が広がり、その奥に馬の放牧地がみられる。秋には脱穀後のわらを干す様子がみられ、放牧地とのコントラストが目を楽しませてくれる。干されたわらは馬の寝藁として利用される。
(撮影地点:静内町豊畑・秋)
目名(メナ)の酪農風景:カラフルなビニールを巻かれた干草ロールが目をひく酪農農場の風景。日高山脈を綺麗に望める。
(撮影地点:静内町目名・冬)
可愛い子牛 真歌の高台から太平洋を望む 川に降りた酪農牛
二十間道路(ニジュッケンドウロ)付近の酪農風景:二十間道路近くにある酪農農場の冬の風景。印象的な樹姿の木と山並みに牛たちが見守られている。
(撮影地点:静内町田原・冬)
馬の放牧風景:真歌でみられる軽種馬の冬の放牧風景。真歌は軽種馬牧場とともに太平洋・日高山脈を望める。
(撮影地点:静内町真歌・冬)
川合(カワイ)の酪農風景:メナシベツ川沿いの冬の酪農農場風景。
(撮影地点:静内町川合・冬)
本桐の牧場風景 本桐共同霊園からの展望 夕日に染まる馬たち
本桐(ホンキリ)の牧場風景:道道美河三石停車場線付近には牧場風景が広がっている。
(撮影地点:三石町本桐・冬)
本桐(ホンキリ)共同霊園からの風景:道道美河三石停車場線沿いにある本桐共同霊園から牧場風景を望める。
(撮影地点:三石町本桐・冬)
夕日に染まる牧場風景:道道美河三石停車場線沿いに牧場風景が広がり、その奥に日高山脈が一望できる。夕方になると、馬や放牧地、日高山脈がが夕日に染まり美しい。
(撮影地点:三石町本桐・冬)
牛舎の風景 農機具 馬服を着た馬
川上(カワカミ)の酪農風景:鳧舞川沿いにある川上の酪農農場風景。
(撮影地点:三石町川上・冬)
清瀬(キヨセ)の酪農風景:鳧舞川左岸沿い清瀬の酪農風景。画像は年期の入った農機具の数々。
(撮影地点:三石町清瀬・冬)
稲見(イナミ)の牧場風景:鳧舞川に左岸にある稲見地区の牧場風景。上流方向に日高山脈を見ることができる。
(撮影地点:三石町稲見・冬)
浦河町(ページの先頭に戻る↑)
野深の肉牛 冬の放牧地 放牧地の芦毛馬
野深(ノブカ)の肉牛農家の風景:野深荻伏停車場線にある野深地区での肉牛の放牧風景。
(撮影地点:浦河町野深・冬)
姉茶橋(アネチャバシ)周辺の牧場風景①:姉茶橋左岸から冬の軽種馬の放牧風景。
(撮影地点:浦河町姉茶・冬)
姉茶橋(アネチャバシ)周辺の牧場風景②:放牧地奥には、雪化粧した雄大な日高山脈を望める。
(撮影地点:浦河町姉茶・冬)
様似町(ページの先頭に戻る↑)
イチゴのハウス栽培 川で水を飲む牛達 雪に覆われた放牧地
イチゴ農家:撮影場所のお宅では、30年前からイチゴ栽培を始め、現在は「とちおとめ」「夏ん娘」「けんたろう」の三種を栽培している。寒さに弱いイチゴの保温のため温水チューブが設置されている。
(撮影地点:様似町田代・冬)
田代(タシロ)の放牧牛:牧場の中を川が縦断しており、放牧牛が水を飲みに来る様子がみられる。
(撮影地点:様似町田代・冬)
岡田(オカダ)の軽種馬:日高地方は全国一の競走馬の生産地であり、日高で育ったサラブレットが中央競馬などで活躍している。様似町においても競走馬ブームにより生産熱が高まり、農業粗生産額の8割を軽種馬生産が占めている。
(撮影地点:様似町岡田・冬)
えりも町(ページの先頭に戻る↑)
えりも短角牛
えりも短角牛(タンカクギュウ):えりも町では明治28年から漁業の兼業として短角牛の飼育が行われてきた。短角牛は、東北地方で改良された厳しい自然のなかで逞しく育つ牛で、牧草の利用性が高いので放牧飼育に適し、林間地で子牛を育てることができるという能力を持っている。まちのほとんどが山岳丘陵地帯で風が強いえりもの厳しい自然環境に適した牛として、えりもでは古くから短角牛が飼育されてきた。
(撮影地点:えりも町襟裳岬・冬)

2.観光資源調査のトップページへ