スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  新着情報<その他の話題>


最終更新日:2011年3月18日(金)


新着情報<その他の話題>


国道237号(日高町富川~平取町~日高町宮下)の愛称が決まりました!

2010年12月14日

↑画面をクリックすると拡大します。

  アイヌ文化を育む沙流川や夏の新緑、秋の紅葉など自然豊かな景観が形づくられている国道237号。国道235号(優駿浪漫街道)と274号(石勝樹海ロード)を結び、日高町と平取町にまたがるこの区間の愛称を10月1日から11月19日まで募集していたところ、全国から279点の応募をいただきました。

 今月8日、関係行政機関と日高管内の民間団体で構成する「日高地域国道愛称活性化会議」が開催され、最終選考の結果、応募いただいた愛称の中から「沙流ユーカラ街道」に決定しました。

 今後は、沙流ユーカラ街道のロゴマークを策定するなど愛称を普及させる取組を進めていく予定です。

 

「ウィークリー赤れんが」で「日高」が特集されました! 

2010年09月17日

  道では、道の施策・事業・制度などについてわかりやすくお伝えする3分間の道政広報番組「ウィークリー赤れんが」を毎週土曜から月曜日にかけて、北海道の全民間放送局から放送しています。

  今月11日から13日まで放送された「ウィークリー赤れんが」では、「日高」が特集されました。タイトルは「ウマ!うまっ!日高」。

  テレビによる放送はすでに終了しましたが、以下のサイトでは、「ウィークリー赤れんが」のバックナンバーを視聴することができます。

  「日高」の魅力がぎっしり詰まった番組です。是非ご覧ください。

※詳しくは、こちらのページ をご覧ください。 (「ウィークリー赤れんが」のホームページへ)

 

bar_baiku.JPG
2009年09月17日

  日本モーターサイクルスポーツ協会北海道支部主催により、9月5・6日の二日間で日高国際スキー場麓の日高高原莊(富岡)を発着点とする周辺山岳35kmのコースを舞台に150名の選手がエントリーし、「日高ツーデイズエンデューロ」が開催されました。
  エンデューロは、険しい山道やぬかるんだ林道のほか、所々に山積みされた丸太などの障害をクリアーしながら、途中に設けられた各ポイントを指定時間での通過を目指し走りきるもので、参加者たちは
オフロードバイクの技術と耐久性を競い合っていました。

baiku1.jpg

baiku2.jpg


   来年も開催が予定されていますので、興味のある方は下記までお問い合せください。
   {問合先} 日高モーターサイクリストクラブ事務局 (メールアドレス:hidakamyad.jp)

bar_kosumosu.JPG
2009年09月17日

 管内には桜の名所が数多くありますが、秋にも桜が見られるってホント?
 実は、コスモスは「秋桜」と書きます。
 次の場所で、その華麗な姿を楽しむことができるんです。

【 新ひだか町 】
 桜の見どころ二十間道路

 並木道
約2.5kmにわたり1万6千本ほどのコスモスピンクや白の花びらを付けて道行く人を楽しませてくれます。

nijuukendourokosumosu1.JPG nijuukendourokosumosu2.JPG

【 浦河町 】
  ルピナスの丘
  
(ファミリースポーツセンター(潮見町)裏手)
  
   コスモスのほか3,000株のルピナスが
出迎えて くれます。
   また、同時に太平洋を望むことができ、
爽快な気分にさせてくれます!

rupinasunooka1.JPG  rupinasunooka2.JPG


  
jioparktourokubar  

2008年12月19日

 アポイ岳をはじめとする周辺地域が、12月8日に希少な地質やその景観、歴史を含む地質遺産(ジオパーク)の国内版、「日本ジオパーク」に認定されました。
 ジオパークには、国連教育科学文化機関(ユネスコ)による国際版の世界ジオパークネットワークもあり、今後、様似町ではこれへの登録申請を目指していくこととしています。


erimoteibar
2008年12月19日

 札幌で日高地域の食材を味わえるお店を紹介します。
 えりもの新鮮素材を中心とした、大人のための本格的和食ダイニング『日々漁心 えりも亭』が札幌市北区にオープン。
 えりも以外の日高の地場産品を用いたメニューも数多く取り揃えられています。
 今宵、日高の幸を酒の肴にしてみてはいかがでしょうか。 

erimotei1

  erimotei2


 〈営業時間〉17:00~23:00 
 〈定  休 日〉日曜日    
 〈場     所〉北海道札幌市北区北七条西5-11
                  (札幌駅北側)  
 〈主なメニュー〉
   ・えりも海鮮冷菜~襟裳の海の宝石箱~
   ・蝦夷螺襟裳蒸し~肝のソース~
   ・短角牛サーロインステーキ(100g)
~キタアカリトリュフ添え~
  ・えりも蝦夷鹿モモステーキ(100g) ~生姜醤油をかけて~
  ・黒豚ロース吟醸粕赤味噌漬け炭火焼(80g) など 
 〈問合せ先〉Tel 011-708-5544
 〈homepage〉
http://r.gnavi.co.jp/h248400/


toyoniko 

2008年12月01日

 えりも町目黒地区にあるハート形の『豊似湖』が、HTBテレビ「ナニコレ珍百景スペシャル」で全国に紹介されました。航空写真を用い「ラブラブな湖」、「ハート形の湖」などのタイトルで紹介、番組内の審査で「珍百景」に登録もされました。
 毎年2月に「豊似湖一周ひづめツアー」を実施。今年は、これに代わるものとして、10月に「紅葉の豊似湖一周ウォーキング」(約6.5kmのコース)が開催され、39人が参加し秋の森と湖の美しさを満喫していただいたようです。
 

    toyonikophoto 

※ 豊 似 湖
  日高山脈襟裳国定公園で唯一の自然湖。
     えりも町目黒の山深くにある周囲1kmほどのハート型をした湖。

 

 

 


 



jiopark 

 2008年12月01日

 様似町では、アポイ岳の世界ジオパーク(地質遺産)へ加盟を目指し、そのステップとして、国内版の日本ジオパークの認定申請を行っていました。これを受けて日本ジオパーク委員会による現地調査が11月17、18日の両日に行われたところです。認定の可否については、年内に判断が下される見通しとなってます。
※ アポイ岳からピンネシリ、幌満岳一体は、「幌満かんらん岩体」と呼ばれ世界に例がないほどの新鮮な状態で岩石が地表に     露出していることから、地球内部の状態を知るうえで貴重な場所となっています。
※ 「ジオパーク」とは、国連教育科学文化機関(ユネスコ)が支援する登録制度で、科学的に貴重な地層や地形を含む自然公園   のこと。ユネスコの世界ジオパークネッ

トワークに加盟すると世界的に知名度が向上、観光の起爆剤になることも期待できます。

             < 幌満川上流 >

<アポイ岳8合目付近>

     horomankawajouryuu      apoi8goume

 

hoteruouberuju
2008年12月01日

 日高町富浜の高級ホテル「グラン オーベルジュ ホッカイ」で、結婚式用のチャペル(礼拝堂)を開設しました。「ロビーチャペル」と名付けられ、結婚式を行うときには約200m2のロビーに木製の椅子60人分が並びます。赤いじゅーたんを敷いたバージンロードからは、ガラス越しに太平洋が一望できる景観の良さ。披露宴はホテルのレストランで100人規模まで開くことが可能で、本格的なフランス料理が味わえます。料金等の問合せは、直接、ホテルまでお願いします。

ouberuju1       
  〒055-0005 北海道沙流郡日高町富浜102    
   TEL:01456-3-2277 / 050-5525-9147 /
   FAX:01456-3-2727
   E-mail:auberge@hokkai.gr.jp
       

                  <ロビーチャペル>            ouberuju2


 

「道の駅」満足度ランキングが発表されました。

2008年03月10日

 平成20年2月20日(水)に発売された「北海道じゃらん3月号」で北海道内100駅を数える「道の駅」の
満足度ランキングが発表されました。日高管内には3つの道の駅があり各々ベスト50位以内にランク
インしています。3月号では上位28駅がご紹介されていますので、機会があれば是非ご覧ください

<「道の駅」満足度ランキング2008>

順位

満足度

道の駅名称

昨年順位

市町村名

1位

80.51点

くろまつない

 3位(↑)

黒松内町

2位

79.84点

サロマ湖

14位(↑)

佐呂間町

3位

79.51点

厚岸グルメパーク

 4位(↑)

厚岸町

32位

69.46点

樹海ロード日高

33位(↑)

日高町

36位

68.76点

サラブレッドロード新冠

圏外(↑)

新冠町

42位

66.44点

みついし

圏外(↑)

新ひだか町

<北海道じゃらん3月号>
北海道じゃらん3月号

 

■株式会社 北海道じゃらん

 <homapage> http://www.recruit-hokkaido-jalan.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 



親子岩の紹介

2008年02月04日

 様似町のシンボルマーク「親子岩」をご存知でしょうか。まるで父と母と子が寄り添って並んでいるように
見えることから「親子岩」と呼ばれており、夕日を眺めながら祈ると、家族に幸福をもたらすとの言い伝えも
残る伝説の岩となっています。
 この時期(2月中旬まで)には、親子岩の間に夕日が沈む光景を見ることができますので、お近くにお寄り
の際は是非ご覧ください。

親子岩に沈む夕日

■親子岩(おやこいわ)
  どこまでも広がる紺碧の大平洋に浮かぶ大小3つの岩
  「親子岩」は景勝様似八景にも選ばれている絶景スポット
 です。周辺には展望台や釣り防波堤、ふれ愛ビーチがあり、
 海と親しめる絶好のアウトドアエリアとなっています。

  ※様似町の公式ホームページはこちらからお入り下さい。

 


<  「日高暮らし応援ナビ」トップページへ

1/2ページ

次のページへ >