スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  日高の位置・面積・人口


最終更新日:2012年3月30日(金)


日高の位置・面積・人口


位置・面積

 日高管内は、本道の中央南西部に位置し、南北に連なる日高山脈とほぼそれに並行して走る海岸線に狭まれた長方形状の地理的条件にあります。隣接する地域は、北東は日高山脈を境に上川・十勝両地域に、北西は胆振地域にそれぞれ接しており、南は太平洋に面しています。

 面積は、4,811.97km2で、北海道の全面積の5.8%を占めており、14地域中第7位の広さを有しています。
 これは、和歌山県や福岡県にほぼ匹敵する広さとなっています。面積の8割近くが山林で占められており、豊富な森林資源に恵まれていますが、平野部は少ないため、全道に比べ、宅地や耕地面積の割合は低くなっています。

ひだかの位置

地目別土地利用面積

<総面積は国土交通省国土地理院「全国都道府県市区町村別面積」平成22年10月1日現在>
<地目別面積は総合政策部地域行政局市町村課「固定資産の価格等概要調書」平成22年1月1日現在>




人口

 日高管内の人口は、平成17年国勢調査において81,407人(全道比1.4%)で、昭和35年をピークに漸減し、平成12年国勢調査時から5年間で4,613人減少しています。年齢階層別にみると、出生率の低下と併せ、生産年齢人口、特に若年層の減少が目立っており、全道と比較しても高齢化が進行しています。

人口の推移年齢階層別人口構成


                           


<  「日高暮らし応援ナビ」トップページへ