スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  各町の紹介/新冠町


最終更新日:2012年3月30日(金)


各町の紹介/新冠町



            

 

 新冠町

                                                                   
▼人   口:

5,828人       

▼世帯数:

2,617世帯

▼面   積:

585.88km2 

(人口・世帯数はH23.3.31現在
面積はH22.10.1現在)

地図

【新冠町ホームページ】 http://www.niikappu.jp/
【新冠町移住関連サイト】

http://www.niikappu.jp/teijyu/

【交流居住ポータルサイト】
(総務省)

http://kouryu-kyoju.net/016047/

【ふるさとサーチ】
(国土交通省)

http://www.mlit.go.jp/common/000167125.pdf

  新冠町は札幌市を中心とする北海道の道央圏、日高地方のほぼ中央に位置し、北は日高山脈、南は太平洋に面しています。

 夏は涼しく冬は北海道としては比較的温暖で雪が極端に少ないことから、1年を通じ過ごし易い気候に恵まれています。

 産業は1次産業が盛んで、特に軽種馬は日本有数の産地として、これまでハイセイコーやナリタブライアンなどの有名馬を輩出してきました。

レ・コード館と
ハイセーコー馬像

 

みどころ

レ・コ-ド館、新冠温泉レ・コードの湯、判官館森林公園、サラブレッド銀座、ホロシリ乗馬クラブ、西泊津ヒルズパーク・パークゴルフ場

イベント

パートナーシップコンサート(2月)、ふるさと祭り(7月)、豊楽富喜市(8月)

特産品

新冠駒、ピーマン、アスパラ、にいかっぷメロン、ばふん饅頭、日高昆布、サラブレッド銀座せんべい、ホロシリ牛乳、パフパフマン(ピーマンを使ったスイーツ)

 

 

★新冠町の移住定住支援策

事業(制度)名

事業(制度)内容

支援・助成措置

お試し生活体験事業

町内の空き家(旧教員住宅)を安価で提供し、新冠生活を体験してもらう。

◆リンク(新冠町ホームページから)
新冠町への定住・移住ガイド「お試し移住」

1週間以上3ヶ月以内
空き家、空き地情報の提供

町内の空き家、空き地情報を集約し、移住や定住などを希望されている方々に物件情報を紹介する。

◆リンク(新冠町ホームページから)
新冠町への定住・移住ガイド「空家・空地情報」

 
住宅建設奨励金

町内に住宅を建設(新築建売住宅を含む。)し居住する場合、奨励金を交付する。 (19年度~23年度に新築したものを対象とする。)
[平成24年度~28年度 継続予定]

◆リンク(新冠町ホームページから)
新冠町への定住・移住ガイド「新冠町定住・移住促進制度の概要」

一律25万円
[平成24年度予定:町内業者の場合40万円、町外業者の場合10万円]
引越助成金

町内に住宅を取得(新築、中古住宅購入)しそこへ引っ越しするために掛かる費用について助成する。(19年度~23年度に住宅を取得し引っ越しした場合を対象とする。)[平成24年度~28年度 継続予定]

◆リンク(新冠町ホームページから)
新冠町への定住・移住ガイド「新冠町定住・移住促進制度の概要」

19年度~23年度に住宅を取得し引っ越しした場合を対象とする。町内の場合 5万円
管内の場合10万円
道内の場合15万円
道外の場合30万円
子育て世代住宅建設支援金

町内に住宅を取得(新築、中古住宅購入)し居住する者のうち、同居家族に中学生以下の子どもがいる場合、その人数に応じて支援金を支給する。(19年度~23年度に住宅を取得した場合に最大5年間交付する。)
[平成24年度~28年度 継続予定]

◆リンク(新冠町ホームページから)
新冠町への定住・移住ガイド「新冠町定住・移住促進制度の概要」

子ども1人の場合は固定資産税相当額の1/3
子ども2人の場合は2/3
子ども3人以上の場合は全額
住宅建設資金利子補給金

町内業者を利用し住宅を建設(新築建て売り住宅を含む。)した場合に、借り入れた資金に係る利子の一部を助成する(19年度~23年度に住宅を取得した場合に最大5年間交付する、)

[平成24年度~28年度 継続予定]

◆リンク(新冠町ホームページから)
新冠町への定住・移住ガイド「新冠町定住・移住促進制度の概要」

利子補給対象限度額を1,500万円、利子の1/3、年間補給上限千円とし、5年間補給する。
合併処理浄化槽設置補助金の特例措置

既存の補助金に特例措置を設け、現行の補助金を嵩上げする。(19年度~23年度に新築したものを対象とする。)

[平成24年度~28年度 継続予定]

◆リンク(新冠町ホームページから)
新冠町への定住・移住ガイド「新冠町定住・移住促進制度の概要」

5人槽の場合、現行37万5千円を50万円に増額
7人槽以上の場合、現行43万8千円を60万円に増額
民間宅地分譲地所得資金融資制度

土地購入費の80%以内、利率2%、10年以内の償還で融資が受けられる。
[平成23年度で終了]

 ◆リンク(新冠町ホームページから)
新冠町への定住・移住ガイド「新冠町定住・移住促進制度の概要」

融資の対象となる分譲地は10区画以上で3,000m2以上の町が認められたものであること
農業支援員(地域おこし協力隊)派遣事業

地域おこし協力隊の制度を活用し、都市部から人材を募集して、施設野菜や酪農、肉用牛の農作業を通じて、農業の基礎研修を行い、将来的に当町に定住化、新規就農に結びつけるもの。

◆リンク(新冠町ホームページから)
新冠町ホームページ/新規就農について

 新エネルギー・省エネルギー導入助成事業 太陽光発電をはじめとする省エネ型の住宅設備を導入した場合、機器購入・設置費用を補助する。【平成24年度予定】  太陽光発電システム1kwあたり4.8万円の補助
太陽熱システムの場合(上限額10万円)
ガスエンジン給湯器及びガスエンジンコ―ジュネレーションシステムの場合(上限額5万円)
潜熱回収型ガス給湯器(エコジョ-ズ)の場合(上限額3万円)
ヒートポンプ給湯器(エコキュート)及びヒートポンプンプ温水暖房の場合(上限額6万円)
潜熱回収型石油給油器(エコフィール)の場合(上限額2万円)
家庭用燃料電池(エネファーム)の場合(上限額10万円)
住宅用照明のLED電球、LED蛍光管電球の取替の場合(補助率1/2 上限1万円)
LEDタイプの住宅用照明器具の交換の場合(補助率1/2 上限5万円)
 地域住宅交付金事業(住宅リフォーム助成)  町が定める一定の要件を持つ住宅をリフォームする町民に、工事費の1/2を助成金として交付する。  10万円以上の助成対象工事費に対して1/2とし100万円を限度額とする。

<移住相談ワンストップ窓口>

新冠町 総務企画課 定住・移住プロジェクト

所在地    〒059-2492 新冠郡新冠町字北星町3番地の2

TEL    0146-47-2111(内線216,217)
FAX    0146-47-2600
Email   teijyuniikappu.jp

※迷惑メール防止のため、@は画像で表示しています。


<  「日高暮らし応援ナビ」トップページへ