スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 水産課 >  幻の魚「王鰈」

日高の分類: くらし・医療・福祉 > 食の安全・安心

最終更新日:2014年10月27日(月)

 

よみがえれ!幻の魚

王鰈

北海道が誇るマツカワのブランド

 幻の魚 「王鰈」

 本名 「マツカワ」

 王鰈は、

 北海道えりも町から函館市南茅部までの豊かな海から水揚げされる

 マツカワの愛称です。

 鰈(カレイ)の王様と書いて「おうちょう」といいます。

 王鰈は、ホシガレイ、ヒラメと並ぶ高級魚で、カレイ類の中で最高に美味と絶賛する人もいるほどです。 その身は、肉厚で白身、ほどよく脂がのり甘みがあって、コリコリ、シコシコとしまりがよく歯触りが何とも言えません。刺身、寿司種として生で食べると最高の味わいであることはもちろん、煮付けにしてもよし、ムニエル、フライにしても美味しい。調理する人の腕によって様々な楽しみ方があります。

 一般に魚は、大型になると味が大味になってしまうと言われているが、カレイ類など平ものは大きい方が美味しく、王鰈は、体長80センチ、体重6キロを超えるものもありそんなところからも味がうかがい知れるのではないでしょうか。

「幻の魚」と言われるのは?

 王鰈は、北海道太平洋沿岸が日本における主分布地で、1975年以前は日高の海からだけでも年間20トンを超える水揚げがあり、時には50トンを超えることもありました。しかし、1990年以降は1トンに満たないほどに激減し、現在は、漁師さんも自然界で産卵、成長したその姿を見ることが少なくなり、いつの日か「幻の魚」と呼ばれるようになりました。

 「王鰈」の由来

 「王鰈」という愛称は、消費者の方々にはもちろんのこと、市場関係者、プロの調理人の方々に北海道で水揚げされ安全で安心な「マツカワ」をより身近に感じていただけるようにと、漁業協同組合などが広く公募した中から選ばれたブランドネームです。 

 「マツカワ」という名前は、有眼側の魚体表面の鱗がかたくザラザラしており松の幹の表面に似ていることから「松皮=マツカワ」と呼ばれるようになりました。 他には、アイヌ語でカレイの成魚やヒラメを意味する「タンタカ」、ひれの模様が羽ばたいた鷹の羽に似ていることから「タカノハ」とも呼ばれています。

 

写真:マツカワの表皮拡大写真

マツカワの表皮です。

 

 2006年 本格放流スタート!

 幻の魚、その美味しさを再び味わえるように!

 王鰈が食卓にあがらなくなって久しくなります。

 北海道では、漁獲が激減した1980年代から、資源を元に戻し、再びあの味をあじわえるようにとの思いから資源回復への取組が進められ、1987年には日本で初めて人工的に育てた稚魚(人工種苗)の放流が行われました。

 えりも町から西の太平洋沿岸では、1991年に数千尾から放流がはじめられ、1998年以降10万尾前後を試験的に放流してきました。

 この間、人工種苗の生産技術、放流魚の成長、移動、食性、放流方法など様々な研究が進められてきています。

 人工種苗生産については、「北海道の漁業図鑑」で詳しくご覧になれます。

 稚魚の本格放流がはじまりました!

  2006年秋、えりも町から函館市南茅部までの太平洋沿岸(えりも以西太平洋海域)で、稚魚100万尾の放流がスタートしました。

 今まで培った技術により、北海道栽培漁業拠点センター(伊達市、えりも町)で毎年4月に生まれ、8センチほどに大切に育てた稚魚を、えりも以西栽培漁業振興推進協議会(えりも以西太平洋海域の漁業協同組合、市町村により構成)が主体となって放流します。 なお、種苗生産から放流にかかる経費は、漁業者を含めたこの協議会が負担しています。

 王鰈の子供たち

 2006年秋、えりも以西太平洋海域のうち、日高の前浜で放流した王鰈の子供たちの成長記録です。

 成長記録

 えりも以西太平洋海域の王鰈の出荷サイズは、全長35センチ以上です。

 漁業者は、自主的に決まりを作り、全長35センチに満たないマツカワが漁獲された時は、海に戻しています。

 人工的に卵から育てられたマツカワは、8センチで海に放流され、1歳半には約30センチ、2歳半には約45センチ、3歳半には、約50センチに達する成長のはやい魚です。大きな魚を美味しく食べる。それがまた資源を大事に利用する方法でもあります。

 

 遊漁者の皆様にお願い!

 平成18年8月8日から、海区委員会指示により全長35センチ未満のマツカワは、漁業者も遊漁者も海中に還元しなければならなくなりました。 また、マツカワはまだまだ、生態も未解明な部分が多く、放流技術、資源管理の手法も向上させる必要があります。そのため、放流する種苗の一部に標識となるタグが取り付けられています。

 もしタグ付き(痕跡のみの場合も含みます)のマツカワを再捕した場合には、最寄りの漁業協同組合、市町村、水産技術普及指導所、北海道栽培漁業振興公社までご連絡下さい。 

 連絡いただきたい事項は、捕れた日、場所、捕った方法、標識の色・記号、全長、体重、あなたのお名前、住所などとなっています。

 なお、再捕された魚は提供いただく必要はありません。王鰈の味をご堪能下さい! 

 報告事項一覧はこちらをご覧下さい。(PDF149KB)

 連絡先はこちらをご覧ください。

 遊漁(釣り)に関するお知らせはこちらをご覧下さい。

 

写真:標識の例

 

 北海道は、資源の増大と適正な管理を促進するとともに、良質な水産物の供給に資するため、沿岸漁場整備開発法に基づい「水産動物の種苗の生産及び放流並びに水産動物の育成に関する基本計画 (第6次栽培漁業基本計画)」を定めています。
 また、漁業者、国と一体となって必要な対策を計画的、総合的に実施し、資源の回復を図り、漁業経営の安定、水産物の安定供給を目的に「えりも以西海域マツカワ資源回復計画」を定めています。

 「王鰈」を見分ける

 「幻の魚」と言われるがゆえに、大きな悩みがあります。

 それは、マツカワと30種以上もある他のカレイを区別できない一般の方がたくさんいることです。

 もちろん漁業者は、見分けられます。

 マガレイを代表とするいわゆる「カレイ」も、スーパーでは切り身となって売られていることが多くなり、もとの姿を見る機会も減っています。

 「35センチ未満のマツカワは、放流してください。」と叫んでも、釣れたのがマツカワとわからずお持ち帰りになってしまうことがあるそうです。

 マツカワは、特長あるカレイです。是非とも覚えてください。

 この他、マツカワと似たカレイとして、北海道ではクロガシラ、ヌマガレイがあり、また本州ではホシガレイがあります。

 それとマツカワを見分けるこちらをご覧下さい。王鰈を見分けるポイント (PDF 220KB)

 おまけ
 抱卵以後でなければ難しかったオスとメスの判別が、2007年に実施した調査の結果、

 無眼側の色が   白色の場合はメス    黄色薄い黄色の場合はオス

 と判別できる可能性が高くなりました。

 

写真:王鰈の見分け方

 天然魚と放流魚

天然魚

放流魚

写真:天然魚(下に詳しい説明があります)

写真:放流魚(下に詳しい説明があります)

○ ひれの黒色模様(鷹の羽模様)が、えんがわからひれの先までの縞模様で、背びれで6~8本、尻びれで5~7本、明瞭に等間隔に並ぶ。
○ 無眼側に体色異常が(黒斑)が無い。しかし、明瞭な黒点を持つものもある。
○ ひれの模様が、天然魚のようにきれいな縞模様となっていない。

 王鰈を美味しく食べる

 

 日高管内には、マスコミにとりあげられることもあるように、要予約で食べられる、また運良くその日入荷したものが食べられる居酒屋、寿司屋があります。

 お刺身はもちろんのこと、時期と鮮度によっては肝しょう油で刺身を堪能することもできます。

 日高に来て「幻の魚 王鰈」を堪能してみてはいかがでしょうか!

 日高管内の飲食店情報は、各町商工会、役場などで提供しておりますので、こちら からご覧下さい。

写真:マツカワの姿造り

写真:マツカワ白子天と肝しょう油

  マツカワの姿造り

 白子の天ぷら(右)と肝しょう油(小鉢)

 どうやって食べるの?

 王鰈の美味しい食べ方と言うと欠かせないのは、上の写真にあるお刺身ですね。特に5枚に卸した後1、2日冷蔵庫で熟成させたものが旨みが増し美味と言われています。

 獲りたてをすぐに食べたいという方、また比較的身が柔らかい春から夏の時期にお薦めなのは「あらい」でしょうか。キュッと締まった身を辛子を加えた酢みそでどうぞ!

 刺身の他、カルパッチョ、日高昆布〆 など生のままでもいろいろな食べ方があります。

 一般の食卓では、煮魚、天ぷら、フライでいけるところがいいですね!

 もちろん最後に残る骨は、かりっと揚げて 骨せんべい と残すところがありません。

 作り手のアイディア次第、工夫次第で食べ方はどんどん広がります。

 【いろいろな味を楽しむ】

 ここでいろいろな食べ方ができます。といろいろ書いていますが書いている本人も食べたことがないといったメニューがほとんどです。

 そこで、 2009年2月、浦河町内の飲食店にご協力いただき、王鰈を味わう会を開催しました。メニューは、マツカワ1枚を手軽に一般家庭で調理できることをコンセプトにお願いしました。今回は先付け、焼き物、蒸し物、汁物、ご飯物など8品、デザートがあればフルコースとなるボリュームでした。

  王鰈を味わう会スペシャルメニュー(PDF) はこちらをご覧下さい!

 

 王鰈を買うことができます!!

 幻の魚と言われもともと漁獲量が少ない王鰈ですが、放流の効果があらわれはじめ徐々に漁獲量が増えています。

 ですが鮮魚店、スーパーなどの店頭に並ぶ機会は、少ないと思います。

 そこで、一般の皆様に王鰈を味わっていただけるようにと日高管内の各漁協では注文販売を承っております。

 まずは、お電話して下さい。そして「王鰈が食べたい!」と言ってください。

 ひだか漁業協同組合  事業部  TEL 0146-48-2111

 日高中央漁業協同組合 営業部  TEL 0146-22-9500  0146-22-0129

 えりも漁業協同組合   直販課  TEL 01466-2-2211

  漁協の詳しい連絡先は、こちらをご覧下さい。

 

 生態と漁獲量  参考文献 漁業生物図鑑 新 北のさかなたち  北海道新聞社発行

 

【 名前 】

分類     カレイ目カレイ科
標準和名  マツカワ
学名     Verasper moseri
英名     barfin flounder
地方名(北海道)  タカノハ、タカノハガレイ、タンタカ、カンタカ、タカガレイ、ヤマブシガレイ、クロスジガレイ
漢字      松皮鰈(マツカワガレイ)、鷹羽鰈(タカノハガレイ)、黒條鰈(クロスジガレイ)
アイヌ語名  タンタカ、シャンヤサマンペ、シサマンペ、コンプサマンペ、オタサマンペ

【 特徴 】

 体は側扁(そくへん)し輪郭は楕円形(だえんけい)で、体高が高い。口はやや大きく、上あごの後端は目の中央下に達する。歯はにぶい円錐形で、上あごに2列、下あごに1列並ぶ。うろこははがれにくく、有眼側では櫛鱗(しつりん)、無眼側では大部分が円鱗(えんりん)である。側線は胸びれの上方で大きく湾曲し、前方へ1本の分枝を出す。尾びれの後縁は丸い。背びれに6~8本、尻びれに5~7本の黒色の幅広いしま模様が等間隔にある。

【 生態 】

 茨城県以北の太平洋岸、若狭湾以北の日本海沿岸、北海道周辺、千島列島近海、オホーツク海南部から沿海地方にかけて分布する。日本では、北海道太平洋沿岸に分布する。

 北海道太平洋沿岸における産卵期は3月から6月と考えられ、産卵場所は水深数メートルから数十メートルと推定される。 天然魚の生態はよくわかっていない。

 人工的に産卵孵化させた稚魚に標識をつけ放流した結果によると、8センチで海に放流され、1歳半には約30センチ、2歳半には約45センチ、3歳半には、約50センチに成長します。また、放流地点からの移動も小さく定着性が強いらしい。

【 漁業 】

 過去には、マツカワを専門にねらった刺し網漁業もあったが、近年は、かれい刺し網、定置網、ししゃも桁網漁業などで混獲されるものがほとんどである。また、往時は日高では12月から1月が盛漁期となっていた。

【 漁獲量 】

グラフ:平成24年度日高管内マツカワ月別漁獲量

グラフ:日高管内マツカワ漁獲量と種苗放流数

 「北海道が誇るマツカワのブランド~王鰈パネル展」を開催しました!

  

    平成21年7月21日(火)~7月31日(金)の期間中、日高合同庁舎1階エントランスホールで、「北海道
   が誇るマツカワのブランド~王鰈パネル展」を開催しました!
    パネル展では、マツカワの赤ちゃんの展示を行い、パネル展終了後の8月3日(月)には、保育園の
    また、パネル展では王鰈(マツカワ)のPR・応援メッセージも掲示しました。
 
 
    【内容】
     ○ 王鰈(マツカワ)の紹介パネル
     ○ クイズコーナー
     ○ 展示・体験コーナー
       ・ マツカワの赤ちゃん展示
       ・ マツカワの成魚の模型、マツカワ刺し網の展示
       ・ ペーパークラフト、ぬり絵コーナー
       ・ 王鰈の写真コーナー
       ・ PR・応援メッセージ、アンケートコーナー
 
    【主催】
       日高振興局産業振興部水産課
       日高管内栽培漁業推進協議会
       (社)北海道栽培漁業振興公社えりも事業所
 
    【パネル展の様子】
 

写真:会場の全景1

会場の全景1

 

写真:会場の全景2

会場の全景2

 

写真:マツカワの赤ちゃん

マツカワの赤ちゃん

 

写真:マツカワ模型、アンケートコーナー

マツカワ模型、アンケートコーナー

 

写真:ぬり絵コーナー

ぬり絵コーナー

 

写真:ペーパークラフトコーナー

ペーパークラフトコーナー

 

写真:クイズコーナー1

クイズコーナー1

 

写真:クイズコーナー2

クイズコーナー2

 

写真:マツカワ刺し網の展示

マツカワ刺し網の展示

 

写真:ポスター、旗の展示

ポスター、旗の展示

 

写真:写真コーナー1

写真コーナー1

 

写真:写真コーナー2

写真コーナー2

 

写真:パネル展初日の様子

パネル展初日の様子

 

写真:給餌の様子

給餌の様子

 

写真:パネル展の様子1

パネル展の様子1

 

写真:パネル展の様子2

パネル展の様子2

 

 

    【浦河町内の保育園のみなさんが、パネル展に来場してくれました!!】
 

写真:マツカワの稚魚を見る園児たち

マツカワの稚魚を見る子供たち

 

写真:餌をあげる様子1

餌をあげる様子1

 

写真:餌をあげる様子2

餌をあげる様子2

 

写真:パネル見学1

パネル見学1

 

写真:パネル見学2

パネル見学2

 

写真:ペーパークラフト・ぬり絵

ペーパークラフト・ぬり絵をする子供たち

 

写真:ペーパークラフト

ペーパークラフトをする様子

写真:ぬり絵

ぬり絵をする様子

                               
    【マツカワ稚魚の放流を行いました!!】
 

写真:放流する稚魚

放流する稚魚

 

写真:説明を聞く園児たち

説明を聞く子供たち

 

写真:稚魚を容器に移す

稚魚を容器に入れる様子

 

写真:容器に移した稚魚

容器に移した稚魚

 

写真:放流の様子1

放流の様子1

 

写真:放流の様子2

放流の様子2

 

写真:放流の様子3

放流の様子3

写真:放流された稚魚

放流された稚魚

                            
            
 

    【日高のマツカワPR・応援メッセージ(期間中、メッセージをいただきました!!)】
 

PR・応援メッセージ1

 
PR・応援メッセージ2
 
PR・応援メッセージ3
 
PR・応援メッセージ4
 
 

 リンク

伊達市役所ホームページ

 えりも以西栽培漁業振興推進協議会の事務局です。

(社) 北海道栽培漁業振興公社

 マツカワ種苗生産状況など情報があります。

マリンネット北海道

 道内の水産試験研究機関(独立行政法人 北海道総合研究機構水産研究本部)、水産技術普及指導所(振興局出先機関)が道内の漁業者の皆さん、水産関係者・道民の皆さんへ情報公開を行うホームページです。


 

ご意見・ご質問・ご要望等ございましたら、下記までお寄せ下さい。

北海道日高振興局産業振興部水産課

北海道浦河郡浦河町栄丘東通56号
日高合同庁舎

TEL 0146-22-9321 (直通)
FAX 0146-22-7563 (直通)
address:hidaka.suisan1@pref.hokkaido.lg.jp
”@”を半角にしてください!

 

 

アクセスカウンター  since 2006.8.22

 

 

水産課ホーム