スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 水産課 >  ヤマベ(ヤマメ)禁漁期間のお知らせについて


最終更新日:2011年3月18日(金)


ヤマベ(ヤマメ)禁漁期間のお知らせについて


水産課>遊漁(釣り)に関するお知らせ>ヤマベ(ヤマメ)禁漁期間のお知らせについて
ヤマベ(ヤマメ)禁漁期間のお知らせについて
 
 
○禁漁期間
 日高振興局管内の全ての河川では5月1日から6月30日までの間、ヤマベは禁漁となっています。
 なお、「歌別川」、「日高幌別川及び春別川」、「ニカンベツ川」は保護水面に指定されており、これらの河川では周年すべての水産動物の採捕が禁止されています。
 
・どうして禁漁期間があるの?さくらます写真
 サクラマスの資源を守ることを目的に、北海道ではサクラマスの幼魚であるヤマベが海へ下る時期を禁漁期間に設定しています。この時期(北海道では4月~6月頃)のヤマベの中には、海での生活に備えて、体の中の色々な機能を変化させ、また、外見上も鮮やかな銀白色に変化し、体型もスマートになる個体が出てきます。このように海に下る準備ができたヤマベを「銀毛ヤマベ」または「スモルト」と呼び、1年後には体長30~70cmのサクラマスとなって、生まれた川に戻ってきます。
 なお、ヤマベが海へ下る時期は地域によって異なるため、北海道では2つの地域に分けて、禁漁期間を設定しているので、禁漁期間を確かめてから釣りに行きましょう。
    
保護水面(禁漁河川)の位置
 
 
 
 

戻る<水産課>