スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 水産課 >  北海道の漁業図鑑


最終更新日:2011年3月17日(木)


北海道の漁業図鑑


 

 

 「北海道の漁業図鑑」は、北海道水産業改良普及職員協議会が、発足以来50年を迎えた足跡を記念しての事業の一環として制作され、社団法人 北海道水産会ホームページ上で公開されています。

 

 多様な魚介類がどのような方法で獲られているのか、たくさんの方々に理解していただけるように、また、現在「食育」が取り組まれている中、その生産現場である北海道の漁業実態が分かるように、会員が漁船に乗り込み、漁業の様子をカメラに収めたもので、3年の歳月を費やして編集されました。

 

 図鑑には、北海道で営まれている主な漁業が88漁業90種類について写真を中心に操業状況、対象魚種、増殖についての情報が、また、道内各地で行われている人工種苗生産技術が13種紹介されている他、代表的な漁具・漁法、水産用語が写真、イラストを用いてわかりやすく説明されています。

 

 日高からは、4漁業6種類が掲載されています。

 

  1 ババガレイを対象としたかれい刺し網漁業

  2 フクロフノリを対象としたふのり漁業

  3 ミツイシコンブを対象としたこんぶ漁業

  4 ミズダコを対象としたたこ箱によるたこ漁業

  5 エゾボラを対象としたつぶかご漁業

  6 はたはた刺し網漁業

 

 

    を見に行く!

   社団法人 北海道水産会 ホームページへの外部リンクです。