スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 林務課 >  保安林制度


最終更新日:2013年9月24日(火)

保安林制度

◇ 保安林とは

森林は、木材を供給するだけでなく、水を育み、災害を防ぎ、心に安らぎや潤いを与えるなどの大切な働きをしています。
こうした森林の中で、私たちの暮らしを守るため、特に重要な役割を果たしている森林については森林法に基づいて保安林に指定されています。保安林の種類はその指定の目的に応じて17種類があります。

◇ 日高管内の代表的な保安林

 ◆ 良質な水を育む保安林
 森林は、降った雨や雪を土の中に吸収して蓄え、ゆっくりと時間をかけて徐々に川に送り出します。この時、水に混じった不純物がろ過されます。
 こうした機能によって森林は洪水を緩和し、雨が降らない時でも川の水が涸れないようにするとともに、良質な水を供給する働きを持っています。

 ◆ 山崩れや土石流を防ぐ保安林
 森林の中は、落ち葉や枝が積み重なって雨つぶの直撃から土を守り、雨水の流れで地面が削り取られたり、土砂が流れ出すのを防いでいます。また、森林の土の中には木の根が張り巡らされていて、土をしっかりつかんで山崩れなどを防ぐ働きをしています。
 ○ 土砂流出防備保安林(写真左)と、土砂崩壊防備保安林(写真右)。
 土砂流出防備保安林 土砂崩壊防備保安林

 ◆ 風を和らげ飛砂を防ぐ保安林
 森林には、ついたてのような役割をして、風や飛砂、津波、高波などによる被害から田畑や住宅、道路などを守る働きがあります。
 このような森林の働きを特に発揮させるために指定されているのが、防風保安林、飛砂防備保安林、潮害防備保安林です。
 ○ 飛砂防備保安林(写真左)と、防風保安林(写真右)。
 飛砂防備保安林 防風保安林

 ◆ 安らぎとうるおいを与える保安林
 森林は、空気を浄化したり、騒音を防ぐなど、私たちの健全な生活環境を守るとともに、森林浴などの森林レクリエーションの場を提供してくれます。また、名所や旧跡の風致を保存する働きを持っています。
 ○ 保健保安林(新冠町(写真左))と、風致保安林(様似町(写真右))。
 保健保安林 風致保安林

 ◆ 魚の生息や繁殖を助ける保安林
 森林には水面に陰をつくったり、魚類等に養分を与えるほか、水の汚濁を防ぐなどして魚類の生息と繁殖を助ける働きがあります。
 ○ 魚つき保安林(えりも町)。
 魚つき保安林