スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 林務課 >  北の魚つきの森


最終更新日:2013年3月25日(月)

北の魚つきの森

◇ 北の魚つきの森について

新冠町にはみどり豊かな森が広がり、森の野生の動植物、川、海の魚を育むとともに、豊かで美しい自然が織りなしています。
このすばらしい生活環境を後世に残すために、地域の住民や子供たちとともに、これらの河川の流域において森林の整備や森の学習会などを続けていきたいという願いを込めてこの森での活動がはじまりました。

◇ 日高管内の認定状況

 ◆ 認定地域と面積
 ○ 新冠川流域 新冠町字明和(道有林) 1,157ha
 ○ 新冠川流域 新冠町字高江(町有林) 43ha
 ○ 節婦川流域 新冠町字節婦(ひだか漁協山林) 105ha

 ◆ 認定年月日等
 ○ 平成17年11月16日 北海道知事認定

 ◆ 活動団体
 新冠北の魚つきの森推進協議会
 ○ 構成員
 日高の森を守り育てる会「羆の杜」
 ひだか漁業協同組合
 日高中部森林組合
 新冠町

 ◆ 活動計画
 ○ 伐採跡地や風倒木地などでの植栽や下刈りなどの体験活動
 ○ 樹冠が混み合った林分などでの枝打ち、間伐、つる切り、除伐などの体験活動
 ○ 太平洋に注ぐ新冠川や節婦川と認定地域のつながりや魚に優しい森づくりの大切さなどをテーマにした森の学習会
 ○ 住民、特に子供たちを森へ誘い、木や森を身近なものと感じ、楽しめる場所であることを知ってもらうためツリークライミングなどのスポーツレクレーションを企画