スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 農務課 >  POPづくり講座


最終更新日:2013年8月19日(月)


POPづくり講座


POPづくり講座

POPとは?

「Point of purchase advertising」の頭文字を取った略語で、主に商店などに用いられる販売促進のための広告媒体である。一般には略して「POP」「ポップ」と呼ばれる。
POPは、紙を広告媒体としてその上に商品名と価格、またはキャッチコピーや説明文、イラストだけを手描きしたものであり、数ある広告媒体の中でも単純なツールの一つである。しかし、POPは個性的な店の雰囲気を作り上げる力があり、POP一つでその商品、ひいては店舗の売上を左右するとまで言われるほど、実に優れた力を持っている。(Wikipediaより)

黒板POPを作ってみよう!

一般的にPOPは紙に書かれることが多いですが、農産物直売所にオススメなのが黒板を使ったPOPです。フランスのマルシェなどでは、値札に小さな黒板を使っていたりします。また、チョークで書かれるかすれたような文字は、温かみや素朴感、手作り感があり直売所にはピッタリです。そういうわけで、今回は比較的安価にできる手作り黒板を使ったPOPづくりをご紹介します。
下記のPDFでは、黒板を手作りして、黒板POPを作成し「ひだか特産市(会場:門別競馬場)」で使うまでの流れをまとめました。書き方のコツや必要な道具についても紹介しています。

こちらをチェック→「手作り黒板の作り方」(PDF)

POP看板の実践事例NEW!!

POPの画像  平成24年3月に実施したワークショップに参加してくださった方の活用事例です。
 丁寧に書かれていて、黒地に白い文字がほかのPOPより目を引きました。
 さらに、こちらのPOPは黒板ではなく、黒い紙に白いペンで書かれたものです。黒板より手軽で、黒板のような味わいを得られるという、素晴らしいアイディアです。
 こちらの方法は、広く普及してもいいとの許可をいただいています。みーやん農園さんありがとうございます(^o^)
 このやり方は、手軽で取り入れやすいので、皆さんも是非、挑戦してみてくださいね!

黒板POPコレクション

クリックすると大きくなりますNEW!!POPコレクションを追加しました!

平成25年8月13日、門別競馬場で行われた「ひだか特産市」のPOP事例です。(左の画像をクリックすると大きくなります)
黒板POPは、とてもよく目立っていました。チョークで描かれているため、他のPOPとの違いが際だっていました。
また、紙POPも作成しました。イラストが得意とのことで、イラストを大きくあしらったPOPとなりました。
POPは、楽しみながらできる販売促進グッズです。今回のように、大きくイラストを描いてみたり、楽しいキャッチコピーを付けてみたり、皆さんが思うように作ってみてはどうでしょうか?

 

日高三大和牛串のPOP
ひだか特産市(三大和牛串)で使用

浦河町フェアの黒板POP
ひだか特産市(浦河町フェア)で使用

新ひだか町特産品の黒板POP
ひだか特産市(新ひだか町フェア)で使用

黒板POPイメージ01
カフェのウェルカムボードのイメージ

黒板POPイメージ02
ひだか特産市(つぶ串、たこ串)イメージ

黒板POPイメージ03
黒板POPイメージ(Apple)

お問い合わせ

日高振興局 産業振興部 農務課 農政係
電話0146-22-9341 FAX0146-22-6343