スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 農務課 >  ウマパラ・ひだか


最終更新日:2012年11月07日(水)


ウマパラ・ひだか


 マパラ・だか

 

皆さんの持っている「日高」のイメージってどんなものですか?大抵の方が思い浮かべるのは「馬」ですよね(^o^)そのイメージ、正しいです。まさに日高は、「馬・パラダイス(ウマパラ)」なんです。

と言うのも、日高管内には約2万頭も馬がいます。そのほとんどがサラブレッドなんですが、日本で生産されているサラブレッドの約8割が、ここ日高で生まれるんですよ。

そういうわけで、た~くさんサラブレッドがいます。国道を車で走っていると、道路の両側に母仔のむつまじい姿や駆け回るとねっこ(仔馬)の微笑ましい姿を見ることが出来ます(^-^)

この風景って特別ですよね。普通の地域に住んでいる人が、本物のサラブレッドを見たいと思っても、意外に見られませんよね。動物園にはあまりいないし、馬術部のある学校も少数ですし、ましてやペットとして飼っている人はレアでしょう(^_^;)

特別な風景の中でも、さらに特別でオススメなのは春です。牧場は、生まれて間もない仔馬で一杯なので、可愛らしい姿にキュンキュンしちゃってください。こうなったら、こんな素敵な景色を見に来るしかないっしょ(^o^)

見に来たのなら、乗ってみるのもオススメですよ(^o^)日高管内には、初心者でも乗馬体験ができる施設がたくさんあります。

馬にまたがって見る景色は、普段の景色と全く違います。少し目線が高くなっただけなのに、その感覚は特別なものです。馬に乗るからこそ見られる景色がそこにあります。

そして、馬に乗って揺られていると、馬の息づかいや体温を感じることができます。生き物に乗っているんだという感覚も特別なものです。

きっと楽しいと思うので、日高に遊びに来て乗馬に挑戦してみてね(^o^)

馬の画像   ホーストレッキング