スマートデバイス表示はこちら


最終更新日:2016年11月01日(火)


平成28年度日高管内指導農業士・農業士会現地研修会が開催されました


  

平成28年度日高管内指導農業士・農業士会
現地研修会が開催されました

  

10月25日に指導農業士、農業士、関係機関ら25名が参加し、「株式会社まつもと牧場(新ひだか町三石)」と「菅農園(浦河町)」を訪問しました。


 「株式会社まつもと牧場」では生産された和牛肉を「こぶ黒」ブランドとして加工・販売を行っています。参加者からは「加工・販売」のきっかけ等について多くの質問が出され、加工・販売に取り組むためには生産環境の整備が重要であることを実感されていました。


「菅農園」ではハウス管理のシステム化や「夏秋どり」および「冬どり」いちごの生産・販売について話を伺いました。また、将来就農予定の研修生からも話を伺うことができ、新規参入者の受け入れには生産者、関係機関が一体となった取り組みが必要であることを改めて認識されたようでした。

 

161025-1 161025-2

牧場概要を説明された松本尚志代表取締役(左)

周辺環境が整備された加工施設

 161025-3  161025-4

農場概要を説明された菅正輝農業士(左)

鈴なりに実ったいちご