スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 建設指導課 >  建設リサイクル法


最終更新日:2006年2月18日(土)


建設リサイクル法


    建設リサイクル法に関すること

 

  特定建設資材を用いた建築物等の解体工事、特定建設資材を使用する新築工事等で一定
規模以上の工事を行う場合は、再資源化等することが義務づけられています。
  また、工事の発注者は工事着手の一週間前に、工事の事前届出を行わなければなりません。
  元請業者についても、発注者への事後報告、現場における標識の掲示などが義務づけされ
ます。

 

建設リサイクル法の審査に関する主な手続き

●事前届出(民間工事)
●通知(公共工事)
 

上記申請に係る参考資料

○事前届出

◇次の工事を工事を行う場合、工事着手の7日前(通知は1日前)まで
に届出が必要になります。

(建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律)

①建築物の解体工事で80㎡以上
②建築物の新築・増築で500㎡以上
③建築物の修繕・模様替(リフォーム等)1億円以上
④その他工作物に関する工事(土木工事等)500万円以上

※詳しくは北海道建設部建築指導課HPをご覧ください。

 
 

     建築住宅係トップへ

トップ アイコン
トップページヘもどる