スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健環境部 > 静内地域保健室 >  栄養表示の店(一般用)


最終更新日:2014年2月13日(木)


栄養表示の店(一般用)


栄養成分表示の店が

あなたの健康づくりを応援します!!

 

栄養成分表示のお店を利用すると、自分に合ったエネルギー量で食事をすることができます!!

レストランの絵

『栄養成分表示の店』って・・・?

お客様の健康的な食生活を支えるために、エネルギー、塩分などの「栄養成分表示」をしたり、「健康に配慮したメニュー」を提供しているお店のことです。

こんな表示を見たことはありませんか??

ごぼうハンバーグ

エネルギー  160kcal

たんぱく質  16.5g

脂質     4.3g

炭水化物   12.8g

食塩     2.0g

    

『栄養成分表示の店』を利用するメリットは・・・?

エネルギーなどの成分表示を確認することにより、自分自身の健康づくりに役立ちます。

1日に必要な栄養素量を知っていますか??

男性

18~29歳

30~49歳

50~69歳

70歳以上

エネルギー

2650kcal

2650kcal

2400kcal

1850kcal

たんぱく質

50g

脂質

59g~88g

59g~74g

53g~67g

31g~51g

炭水化物

331g~464g

331g~464g

300g~420g

231g~324g

塩分

10g未満

女性

18~29歳

30~49歳

50~69歳

70歳以上

エネルギー

2050kcal

2000kcal

1950kcal

1550kcal

たんぱく質

40g

脂質

46g~68g

44g~56g

43g~54g

26g~43g

炭水化物

256g~359g

250g~350g

244g~341g

194g~271g

塩分

8g未満

   ※日本人の食事摂取基準[2005年度版] 推定エネルギー必要量(kcal/日) 身体活動レベル2

 

上記5つの栄養素(エネルギー、たんぱく質、脂質、炭水化物、塩分)はどれも大切なものです。どの栄養素も不足・過剰は体に悪影響を与えます。表の範囲内で摂取するように心がけましょう。

たとえば

『50歳男性の場合』

 1日に必要なエネルギー量は2400kcal、たんぱく質量は50g、脂質量53g~67g、炭水化物量は300g~420g、食塩量は10g未満となります。

1日3食の場合、1食分は各栄養素量を3等分した量となります。

医師の絵
 


そんなときに参考になるのが、このマークのお店なんです!!

栄養成分表示の店のマーク

このマークがあるお店では、メニューや包装にエネルギーが表示されています。
そのため、自分に合ったエネルギー量で食事をすることができま
す。


注意

     最初に必要な栄養素量を示しましたが、あくまで目安です。実際には身長や体重、毎日の活動量によっても人それぞれ必要な栄養素量は異なります。自分の体と相談して栄養素量を決めることが大切なんです。
医師の絵
 外食などをするときは、栄養成分表示を参考にしましょう!!

 


 

「栄養成分表示の店」の一覧はこちらから