スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健環境部 > 静内地域保健室 >  在宅難病患者等酸素濃縮器使用助成事業


最終更新日:2017年4月14日(金)


在宅難病患者等酸素濃縮器使用助成事業


  在宅難病患者等酸素濃縮器使用助成事業について
 
 北海道では、北海道に居住し、在宅で酸素療法を行っている低肺機能(呼吸機能障害)の患者さん方を対象として、現在使用されている酸素濃縮器等の電気料金の一部を助成しています
 
 1助成額
  酸素濃縮器等使用時間に応じ、月額1,000円又は2,000円を助成します。
 
   1日の酸素濃縮器を使用する時間により、次の2区分となっています。
1日当たりの酸素濃縮器使用時間  1月当たりの助成額

区分

   12時間未満    1,000円
    12時間以上    2,000円
 
 2申 請
   申請書により、医師の証明を受けて、使用者の住民票と共に保健所に提出してくださ
   い。(各1部)
       ・在宅難病患者等酸素濃縮器使用助成認定申請書(新規)
 
 3請 求
  1) 認定者は、毎年1月1日から12月31日までの助成金を、当該年に限り   
    翌年1月から2月末日までの間に保健所に請求することができます。
  2) ただし、新たに認定となった方に係る助成対象期間の始期は、保健所が
    申請を受理した日の属する月の翌月1日からとなります。 
  3) 助成金を請求する場合は、「在宅難病患者等酸素濃縮器使用助成金請
    求書兼継続認定申請書」を保健所に提出してください。
    ・在宅難病患者等酸素濃縮器使用助成金請求書兼継続認定申請書
  4) 入院等により在宅での酸素濃縮器等の使用を休止した期間がある場合
    は、使用休止期間の日数を合計し、30で除した数(小数点以下切り捨)
    が助成対象月数から差し引かれます。
   
 
 4支給時期
    前記3)による請求書を精査後、一括して翌年度の5月末日までに支給し
    ます。
 
 5継続申請
    毎年1月1日から2月28日までの間に、前記3)による継続のための申請書を提出           
    してください
 
 6認定内容変更
    氏名、住所に変更があった場合はご連絡ください。
    ・在宅難病患者等酸素濃縮器使用助成変更届
 
 7助成資格喪失届
    酸素濃縮器等を使用しなくなったときや道外に転出したときは2ヶ月以内
    にご連絡ください。
    
・在宅難病患者等酸素濃縮器使用助成資格喪失届

 提出先
                        






 

 北海道静内保健所 健康推進課 保健係
 
〒056-0005
 日高郡新ひだか町静内こうせい町2丁目8番1号
 TEL 0146-42-0251
 FAX 0146-42-7202