スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健環境部 > 環境生活課 >  うらかわガイアナイト2014

日高の分類: 環境・まちづくり > 環境保全・リサイクル

最終更新日:2014年7月23日(水)


うらかわガイアナイト2014


電気を消して、ろうそくを灯して。

地球のこと、未来のこと、考えてみませんか?

うらかわガイアナイト2014

すべてのイベントは終了しました

ガイアナイト2014

毎年7月7日は、北海道洞爺湖サミット開催を記念した北海道クールアース・デイです

日高振興局では、道民のみなさまに地球温暖化の理解を深めていただくとともに、地球温暖化を防ぐ行動を起こしていただくきっかけ作りのひとつとして、浦河町内でガイアナイトイベントを開催しました。

ご家庭で、お店で。夜の暗さとろうそくのほのかな明るさを感じながら過ごしていただくことができたでしょうか?

 

主催:北海道日高振興局(保健環境部環境生活課)

共催:浦河町・浦河町教育委員会・浦河料飲店組合 

★ イベント詳細 ★

7月1日からキャンドルを無料配布します

日高振興局、浦河町役場、浦河町総合文化会館と、コープさっぽろパセオ堺町店でキャンドルを配布しました(終了しました)

 

7月9日19時頃から町内飲食店でライトダウン営業 

7月9日の晩、町内の飲食店などでろうそくを灯して営業していただきました(終了しました)

 

7月14日から22日までガイアナイトギャラリー

7月22日まで、日高振興局と浦河町総合文化会館で、お店のライトダウン&キャンドル点灯営業の写真展を行いました(終了しました)

ギャラリーで展示した写真をご覧になることができます。上のバナーをクリック!

 

【北海道クールアース・デイとは】

平成20年(2008年)に開催された第34回主要国首脳会議(北海道洞爺湖サミット)では、2050年までに世界全体で排出される温室効果ガスの少なくとも50パーセントを削減するという長期目標を達成させるためには世界全体でこれに取り組まなくてはならない、という認識が合意されました。

このサミットの開催地となった北海道では北海道地球温暖化防止対策条例を制定し、北海道の優れた自然と風土を守るため、地球温暖化を防ぐ取り組みを進めています。

この条例で、サミットが開催された7月7日を、地球温暖化対策の重要性を再認識し、地球温暖化の防止に向けた道民みなさまのご理解と意識の高揚を図る機会とするため、北海道クールアース・デイと定めています。

 

 【ガイアナイトとは】

北海道地球温暖化防止条例では、北海道クールアース・デイである7月7日を中心とした期間に、事業者や道民のみなさまの地球温暖化についての関心と理解を深めていただき、地球温暖化の防止のための行動を促すための取組を集中的に行うこととしています。

 この取組の中心的なものが、電気照明を消してろうそくを灯し、静かな時間を過ごしながら地球環境に思いをはせていただくガイアナイトイベントで、サミット開催時に脚本家倉本聰氏の呼びかけで始められました。

ガイアナイトのガイアとは、ギリシア神話の大地の女神の名にちなんでおり、「闇が半日を覆う本来の地球を認識する夜」という倉本氏の思いが込められています。