レントゲンとX線の違い


 「レントゲン」と「エックス線」は全く同じで、「レントゲン検査」・「エックス線検査」といった場合、どちらも同じ意味です。
 1895年(明治28年)、ドイツのレントゲン博士によって発見されたエックス線(X線)は彼の名前から「レントゲン線」と呼ばれることもあります。
 発見したレントゲン博士は、目に見えない不思議な光線という意味から「X線」と名付けました。
 ですから、正式な呼び方は「エックス線」と言います。
 エックス線は、光や電波と同じ電磁波です。
 エックス線が人体を透過(通過)する性質を利用して、保健や医療に役立てているのがエックス線検査です。
 エックス線検査には写真を撮る為の「エックス線撮影」、人体を透過しているエックス線をテレビなどで観察しながら検査する「エックス線透視」、人体の周囲から透過させたエックス線をコンピュータ処理して断面画像にする「エックス線CT検査」、などがあります。
 医療でのエックス線検査は、検査を希望する人や検査の必要な人に対して、医師や歯科医師がその人に最適で必要最小限の検査内容であると判断し、行われるものです。
 検査を受ける人の病状などを知ることで、その人の利益になるように利用されています。
 また、医師などと連携をとっている診療放射線技師という専門家が、安全で正確な検査が行えるように従事しています。
 ですから、安心して検査を受けて下さい。


Q&Aの目次へ戻る