スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健環境部 > 保健行政室 >  禁煙支援(企画係)


最終更新日:2015年6月26日(金)


禁煙支援(企画係)


       禁煙を希望する方に禁煙支援をしています

(目 的)

禁煙を希望している方に対する禁煙の開始・継続のために必要な機会を設けるため、禁煙支援を行い、住民の方の健康増進に寄与することを目的として実施しています。

(禁煙支援に関する相談窓口)

来庁者や電話等での禁煙支援に関する相談については、たばこに関する相談窓口で対応しています。お気軽にご相談ください。

(禁煙支援の種類及び実施方法等)

 1 直接的支援の実施方法等

 (1) 個別の直接的支援

禁煙を希望する方に対し、個別に禁煙開始を促し、禁煙継続のための知識・技術を提供しています。実施方法としては、「対面式」や「非対面式」と「対面式と非対面式の折衷式」がありますが、禁煙を希望する方の希望や禁煙開始・継続の実現性などを考慮し、その実施方法を選択しています。

ア) 「対面式」

面接による禁煙支援とし、初回は、医師・保健師による健康相談・禁煙相談・簡易な健康診査を行います。

イ) 「非対面式」

電話やメール等のやりとりによる禁煙支援とします。

ウ) 「対面式と非対面式の折衷式」

必要に応じ、対面式と非対面式をミックスした禁煙支援とします。ただし、原則として、初回は面接を行うこととします。

(2) 集団による直接的支援

禁煙を希望する方々に、禁煙開始を促し、禁煙継続のための知識・技術を提供するとともに、禁煙希望者同士が互いに励まし合うことにより、禁煙の開始・継続に繋げることを目的に実施しています。実施方法は、グループミーティングによるものとしていますが、禁煙希望者が個別の禁煙支援も希望する場合は、個別の直接的支援も併せて行うこととします。

(3) 講演会等による直接的支援

喫煙者の方々に対して、禁煙に関心を持ってもらい、禁煙開始・継続に繋げることを目的として行う講演会や学習会等を支援しています。

  2 間接的支援の実施方法等

町、事業所や団体等における禁煙支援の実態を把握の上、管内で実施可能な禁煙支援の普及を図るための一連の活動を支援しています。

(禁煙支援の期間)

個別の禁煙支援の場合は、効果的な禁煙支援とするため、少なくとも3ヶ月程度の期間としています。