スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 出先 > 日高家畜保健衛生所 >  発表・広報など


最終更新日:2017年3月31日(金)


発表・広報など


   方向版 過去の発表・広報など
 
  • お知らせ 
  • 食用動物への医薬品使用制限が強化されます
    馬の歯を削る行為は獣医師との連携のもとに行いましょう
    • マニュアル等 

    ・黒毛和種管理プログラム(繁殖育成)(H21.2.2改訂)
    黒毛和種牛導入プログラム
    日高管内における黒毛和種の衛生管理マニュアル(H20.3)
    日高管内における馬感染症防疫マニュアル(H20.3改正)
    馬鼻肺炎による流産を予防するために(H24版)
    冬季に多発する牛のウイルス性疾病について 

    • 衛生だより 

    104号(平成29年3月):PDF版
    号外(サルモネラ警報)H28.8 PDF版
    号外(PED道内今期1例目・H28.6):PDF版
    103号(平成28年6月):PDF版
    102号(平成28年3月):PDF版
    101号(平成27年12月):PDF版
    100号(平成27年 5月):PDF版
    99号(平成27年 3月):PDF版
    98号(平成26年12月):PDF版
    97号(平成26年 9月):PDF版
    96号(平成26年 5月):PDF版

    95号(平成26年 3月):PDF版
                                                    

    • 各種関連学会、発表会で当所から発表した内容
    <北海道家畜保健衛生業績発表会> 主催:北海道(抄録PDF版)
    検査
     家畜保健衛生業績発表は、家畜保健衛生所の日常業務に関連した事業、調査等の業績について発表を行うとともに、北海道・東北ブロック大会への選考を行い、家畜保健衛生技術の向上を図り、畜産の現状に即した家畜保健衛生事業等の推進に視することを目的として毎年開催しています。

    (全道の発表集録はこちら:リンク

    過去5年以前の発表内容はこちら

     2013(H25)

    国内で初めて病理学的に馬増殖性腸症と診断した1症例 new
      2012(H24) 日高管内における馬鼻肺炎多発要因の疫学的考察

    2011(H23)

    日高管内における馬伝染性子宮炎対策の推進(清浄化達成までの30年の取組) 

    2010(H22)

    Loop-mediated isothermal Amplification(LAMP)法を用いた馬鼻肺炎による流産の診断法の検討

    2009(H21)

    日高管内における馬インフルエンザの防疫対応について

    生産地における軽種馬の疾病に関するシンポジウム> 
                           主催:日本中央競馬会 (要旨・抄録PDF版)
    過去5年以前の発表内容はこちら

     2013(H25)

     日高管内における馬鼻肺炎多発要因の疫学的考察new

    2012(H24)

    日高管内における馬伝染性子宮炎対策の推進(清浄化達成までの30年の取組)

    2011(H23)

    臨床的に馬増殖性腸症(EPE)が疑われた慢性腸炎死亡例3症例について

    2010(H22)

    Lawsonia intracellularisRhodococcus equi感染を認めた馬の難治性下痢症
    2009(H21)
    日高管内における馬インフルエンザの発生状況と防疫対応について